2017年12月07日(木) 更新

在宅勤務ができる職種の特徴とオススメの仕事

在宅勤務を希望する人が増えている

在宅勤務で働きたい人が増えています。在宅勤務をしたいと考える理由は様々。
育児や家事をしながら仕事がしたい人や、会社で多くの人と同じ空間で働くことが嫌になってしまったという人、決まった勤務時間に出社するのが嫌という人など、在宅勤務に切り替える人はたくさんいます。
在宅勤務の仕事を始める際は、自分に合った職種を選ぶことが何よりも重要です。

どのような条件で自宅で仕事がしたいのかよく考えよう

在宅勤務がしたくても、自分が就くことができる、さらに稼げる職種がなければ在宅勤務は無理でしょう。在宅勤務をしたいなら、どのような職種があり、現在募集があるのかどうかをまず確認しましょう。
在宅勤務は経験やスキルを生かしてフリーランスとして働く場合と、会社から雇われて自宅で勤務する場合があります。
自分がどういう条件で働きたいのかをよく考え、自分に合った仕事を探してください。

在宅勤務ができる職種の特徴は「パソコンを使う専門的な仕事」

在宅勤務ができる職種は、専門的でパソコンを使った仕事が多いのが特徴です。インターネットの普及により、ネット環境さえあれば会社以外でもできる仕事が一気に増えました。そのため、在宅勤務の仕事にはパソコンを使う仕事が多いのです。

さらに専門性の高い仕事の中には、接客業や営業職とは違い、人と接しないで自分だけで進められる仕事が多いですよね。つまり会社に出勤しなくても仕事ができるということです。ネット環境の普及により、在宅で仕事をする専門職は増えつつあります。

フリーランスとして活躍する人が多いのも特徴

在宅勤務の場合、専門性の高さを生かしてフリーランスとして活躍する人が多いという特徴もあります。会社の仕事を自宅でしている人もいますが、在宅勤務=フリーランスというイメージの方が強いでしょう。

フリーランスとして自宅で仕事をする場合、専門性の高さだけでなく人脈も重要となります。どれほど専門性や能力が高くても、仕事を依頼する人がいなければ職業として成り立ちません。
人脈を広げる努力をしたり、インターネット上で自身のスキルの高さをアピールするなど、仕事を依頼されるような努力が欠かせないのです。

在宅勤務できるオススメの仕事

在宅勤務を希望する場合、ネット環境が整っていることが前提になります。在宅勤務にオススメの仕事は以下の通りです。

■SE(システムエンジニア)
■プログラマー
■CADオペレーター
■ライター
■イラストレーター
■デザイナー
■テープおこし
■データ入力

また、在宅勤務制度を取り入れているのはIT系の企業に多い傾向があります。

在宅勤務の仕事は「完全実力主義」

フリーランスでも、会社に雇われつつ自宅で勤務するとしても、在宅勤務は基本的には「完全実力主義」の世界です。フリーランスはより顕著で、実力がなければ成り立ちません。
さらに納期や期限を確実に守るためにも、自己管理能力が求められます。収入が不安定である点が在宅勤務、フリーランスのデメリットでしょう。
在宅勤務は、一般的な会社員よりも実力の差が出る世界です。自分の実力に見合った給料がもらえるので、やりがいを感じられるとも言えますね。

在宅勤務の職種に就きたいなら専門性が高くパソコンを使った仕事の経験を積む

在宅勤務ができる職種の特徴とオススメの仕事をまとめました。
在宅勤務は自由度が高く、非常に魅力的に思えますが、一般的な会社員以上に実力で差が出る世界です。在宅勤務を志望するなら、在宅勤務可能な職種の専門的な知識と実力をつけましょう。
他にもIT企業には在宅勤務制度を導入しているところもありますので、探してみると自分に合った会社が見つかるかもしれません。

関連コラム