2016年11月29日(火) 更新

スーツのポケットに関するビジネスマナー

スーツのビジネスマナー①:詰めすぎはNG

正式なビジネスマナーでは、スーツの胸ポケットはポケットチーフを入れるためのポケットです。ただしそれは、パーティーや結婚式などのフォーマルな場でのみ意識されるマナーなので、通常のビジネスの場では、このスーツにおけるマナーを守る必要はありません。ただ、本来的にはポケットチーフを入れるためのスーツのポケットなので、小物を詰めるのはよくないという風潮があります。

通常は他の小物は入れない

スーツの胸ポケットにメモ張や電卓、ペンなどを入れておけば、必要なときにさっと取り出せて便利なのですが、小物でぱんぱんになった胸ポケットは見た目に悪く、相手によっては、「スーツの胸ポケットにあんなに物を詰めるなんて、マナーのなっていない奴だ」という印象を持つでしょう。なので、スーツの胸ポケットには「通常のビジネスシーンではポケットチーフを入れる必要はないが、同時に他の小物も入れない」が基本的なビジネスマナーです。また、蓋つきの胸ポケットの場合には、腰ポケットと同様、屋内では蓋をポケット内にしまっておきましょう。

スーツのビジネスマナー②:高級感のあるペンや万年筆はOK

ビジネスマンのスーツの胸ポケットによく入っている物といえば、まずは「ペンや万年筆」が挙げられます。「メモ帳や電卓はだめでも、ペンならよいだろう」という考えがビジネスの場で浸透しているためです。ビジネスマナーの観点からいえば、「高級感のある装飾的な万年筆ならスーツの胸ポケットに入っていてもOK、でも100円のペンはNG」です。

ビジネスシーンにふさわしい高級感を意識する

というのも、胸ポケットにペンを入れたとき、クリップの部分が外から見えます。人によっては、わざわざクリップで胸ポケットを挟んでいることもあります。人から見えるということは、「見えることを意識したペン選び」をしなければなりません。なので、見ただけで高級感がありビジネスシーンにふさわしいとわかる万年筆なら胸ポケットに入れてもよいですが、実用一辺倒の安いボールペンは厳禁です。相手によっては、「自分が軽んじられている」という印象を持つこともあります。

スーツのビジネスマナー③:名刺入れの取り出しに快適

ビジネスマンの中には、名刺入れをスーツの胸ポケットに入れている方も多いです。ビジネスマナーの観点からいえば、諸説ありますが、一般的な風潮として名刺入れを胸ポケットに入れることはOKです。胸ポケットに入れておけば、必要なときに名刺をさっと取り出すことができ、用が済んだらすぐにしまうことができるからです。

尻ポケットに名刺入れを入れるとNG

また、尻ポケットに名刺入れを入れたら相手からもらった名刺を尻の下に敷くという無礼をしてしまいますが、胸ポケットならその心配はありません。ただ、本来的には名刺入れを入れるポケットは、スーツの上着の内ポケットです。なので、内ポケットに入れられる場合は、名刺入れはそこにしまっておきましょう。また、胸ポケットに名刺入れを入れる場合には、金属製などの重い名刺入れは避けましょう。胸ポケットの型崩れの原因になります。

スーツの胸ポケットのマナーは詰めすぎず高級感とビジネスシーンを意識した装いをすること

上記のように、スーツの胸ポケットについては「こうしなきゃだめ」という厳格なビジネスマナーは存在しません。ただ、小物が詰まって膨らんだ胸ポケットは、ビジネスの場ではNGです。またスーツの顔となる部分でもありますのでもし入れる場合には高級感のある小物を選択しましょう。小物を詰め過ぎず、常にマナーを意識してスマートな着こなしをしましょう。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム