2018年10月19日(金) 更新

研修会で講師や参加者に挨拶をする際に知っておきたいこと

研修会とは一般的に外部の講師を招いて行う勉強会

研修会で挨拶を任された際、どのように挨拶をしたらいいのでしょう。これは研修会とは何かをしっかりと把握することで知ることができます。そこで、まずは研修会とはどうなっているのかについて知ることから始めましょう。研修会とは、一般的に外部の講師を招いて行う勉強会になっています。もちろん、企業内の専門知識を持っている人が教えることもありますが、一般的には社外の人が専門的に教えることの方が多いです。

研修会の挨拶では目的や参加者・講師の情報を伝えるように心がけましょう

そのため、挨拶の時に講師がどのような人かを伝えたり、参加者がどのような人かを伝えたりするのが、研修会での挨拶の基本になります。また、研修会を開催することになった目的などを説明しておくことも大事です。そのため、こうした研修会の挨拶では目的や参加者、講師の情報を伝えるように心がけましょう。

研修会の挨拶を任せられるのに嫌気がさしたら

研修会には外部の方も参加します。そういった研修会で、挨拶を任されるのは荷が重いと感じる人もいるでしょう。もし、そう感じるのであれば、転職を考えてみてはいかがですか?
「リクルートエージェント」であれば、転職活動をトータルでサポートしてくれます。また、転職求人数が業界No.1ですので、あなたが求める条件にマッチした求人がきっと見つかるはずです!

研修会の挨拶では最初に参加者・講師に感謝の意を述べよう

研修会の挨拶をどのように始めたらいいか迷う人もいるでしょう。慣れていない多くの人は、どのようにしたらいいか迷うものなので心配せずとも大丈夫です。ここに書いてあるポイントをしっかりと覚え、挨拶文にすれば問題ありません。まず、研修会の挨拶が始まったら、参加してくださった皆さん、また講師の皆さんに感謝の意を述べるようにしましょう。例えば、「本日はお疲れの中、ご参加いただきありがとうございます。」と言った具合です。

研修会の挨拶の具体例

そして、先に説明した講師の紹介等につなげていきましょう。このつなぎ方は、例えば「本日は○○の研修会と言うことで、講師の○○さんにお越しいただいております。○○さんは、以前△△を行っており、現在は△△を中心に多方面で活躍されています。」と言った感じです。このように始めれば研修会での挨拶としてぴったりになります。

研修会での締めの挨拶では講師と参加者への労いと今後に活かす旨を伝える

無事に研修会が終わったら、どのように締めの挨拶をしたらいいのでしょうか。これに悩む人もいるようですが、講師と参加者への労いと、今後に活かす旨を伝えれば大丈夫になっています。例えば「本日はあっという間の2時間の研修会でしたが、いかがだったでしょうか。」や、「本日の研修で得られた成果を、あす以降の仕事に役立てていただければ幸いです。」などと言った言葉です。

研修会が今後も続くなら締めの挨拶に次回予告を入れておくと良い

また、研修会が複数回続くようであれば、次回予告をしておく方がいいでしょう。例えば「次回は来週○日の同じ時間帯から行います。」と言った具合です。こうした挨拶をしておくことで、研修会へのリピートが増えて講師、参加者ともに満足のいきやすい内容になるでしょう。そのため、研修会での締めの挨拶は労いと次回予告に絞って伝えるといいでしょう。

今後も続く研修会で挨拶を任されるのが嫌なのであれば

今後も研修会が続き、その度に挨拶を任されるのが嫌なのであれば、転職を考えてみてはいかがでしょうか?環境を変えるいいチャンスかもしれません。
「doda合格診断」を利用すれば、事前に志望企業の合格可能性を診断できますので、"もし落ちてしまったらどうしよう"などの不安を軽減することができます。無料で利用できますので、ぜひ診断してみてください!

研修会では最初に講師の情報や参加者への感謝を伝え締めでは労いの言葉を入れた挨拶をしよう

研修会で挨拶をする際に、どのようにしたらいいかについて見てきました。上手な挨拶のポイントは、参加者と講師を結びつけることにあります。そのため、始まりの挨拶では講師の説明や参加目的、感謝などを伝えておき、締めの挨拶では労いの言葉と次回予告などを入れて伝えるようにするといいでしょう。

関連コラム