2016年12月03日(土) 更新

クールビズのシャツは選ぶ3つのポイントとノーネクタイでも映える着こなし~色・襟・素材~

クールビズはノーネクタイでも決まるオシャレなシャツを選ぶ

クールビズにおける着こなし方の基本ポイントは、何と言ってもシャツ選びでしょう。夏のクールビズの時期は基本的にはノーネクタイで過ごす事になりますから、ノーネクタイでもビシっと決まるオシャレなシャツを選ぶ必要があります。
夏の暑さ対策を重視するクールビズにおいては、ノーネクタイでも相手には失礼にあたらないとされています。できるだけ清潔感のあるシャツを選ぶ事がまず重要なのです。

クールビズシャツを選ぶポイント①色

ノータイのクールビズシャツの着方では、清涼感や清潔感がポイントとなります。具体的にはどんな色がおすすめされており、人気なのでしょうか。

クールビズシャツにおすすめの色は水色・白色・ピンク

クールビズシャツでおすすめの色は、水色、白色、ピンクなどです。夏のクールビズでは爽やかさや清涼感があるとおしゃれに見えるので、これらの色が鉄板なのです。白色や水色は普段から使っている人が多そうですが、クールビズシャツではピンクも爽やかさを感じられるので挑戦してみることをおすすめします。

クールビズシャツは淡色がベター!

クールビズシャツにおすすめの色からもわかるように、暑い夏は淡い色のYシャツが人気です。濃いグレーなどのシャツだと暑苦しく感じてしまいますよね。ビジネスシーンによりますが、アップルグリーンやレモンイエローといったパステルカラーのシャツも爽やかでいいのではないでしょうか。

クールビズシャツを選ぶポイント②シャツ襟の種類

ノータイのクールビズシャツではシャツ襟(カラー)の種類も重要です。普段ネクタイを着用している際のレギュラーカラーやワイドカラーではなく、クールビズの着こなしに映えるワイシャツを選んでみてはいかがでしょうか。

オススメ(1)ボタンダウン

クールビズシャツのポイントであるVゾーンを作るためにはシャツ襟が自立しなければいけません。
ボタンダウンは襟先とシャツがボタンで結ばれているためカラーが市立します。第一ボタンをなしでも襟の美しいロールが崩れないので、ネクタイなしでワイシャツを着る際に人気です。

オススメ(2)スナップダウン

スナップダウンは一見、普通のワイドカラーやレギュラーカラーといったシャツの形ですが、襟の裏にホックがあります。そのためカラーの形がキープされるのです。そのため、スナップダウンはカラーの型崩れが起きにくく、ネクタイなしでもカラーが広がることはありません。そのため襟元に清潔感があり、クールビズ中の着こなしにおすすめなシャツです。

オススメ(3)クレリック

クレリックは、カラーとカフスが同じ白無地で作られたシャツです。それ以外の部分には色や柄が入っているので、1枚でかっこよく着こなせます。ビジネスでも許される程度の派手さのクレリックであればおしゃれ初心者でも簡単に選べますしクールビズにおすすめです。

ワイドカラーやレギュラーカラーのシャツをノーネクタイにするのは避ける!

クールビズはただノーネクタイにすればいいわけではないと、肝に銘じましょう。上記のように襟が自立せずVゾーンがきれいにできないワイシャツはクールビズに向きません。ワイドカラーなど普段よく着ているシャツは向かないのです。

しかし、シャツメーカーによっては上記のシャツ以外にもクールビズでおしゃれに見えるようシャツの形を変えたり加工して売り出しているものもたくさんあります。そういうシャツであればワイドカラーでも問題ありません。
加工されたワイドカラーのシャツをノーネクタイで着てみて、清涼感やVゾーンといったクールビズのポイントが押さえられているかチェックして、全身をみて違和感がなければビジネスでも通用するはずです。

クールビズシャツを選ぶポイント③素材

クールビズでのシャツの着こなしポイントとして、シャツの生地素材もポイント。綿100%のドレスシャツも涼しいのですが、せっかくクールビズでシャツ姿になるのであれば、おすすめはシャツだけでも存在感のある生地。特に夏の季節感がある、麻やオックスフォード地のシャツはオススメです。

クールビズのノーネクタイではシャツの着こなし方が重要

ノーネクタイで過ごす事で、体感温度がだいぶ下がると言われています。そんなクールビズの季節は、ネクタイなしだったとしても汗をかいてしまいます。そういった事情もあり、ノーネクタイでも決まるシャツを準備しておきましょう。
ビジネスの種類や会社によってクールビズの基準も変わってくるでしょうから、周りの調子を見ながらノーネクタイのオシャレな着こなしを探っていきましょう。

クールビズに使えるシャツは数枚を準備しておこう

ビジネスシーンでは当然ですが、クールビズであっても身だしなみは大切です。ノーネクタイで過ごす場合、上半身のファッションポイントはシャツのみになってしまいます。着方でごまかしがききませんから、シャツ選びと着こなし方は一層重要になります。パンツとのバランスも考えながら、ノーネクタイで決まるシャツを選ぶ必要があります。クールビズに着るシャツを見ていきましょう。

クールビズの着こなし方は、4つのポイントに注目!

●インナーはVネックが良い
●自分にピッタリなシャツを選ぶ
●襟には注意を払う
●ポケットがないものを選ぶのがベター

ここで紹介したポイントは、クールビズでのシャツ着こなしにおいて基本的なポイントになりますので、是非この機会におさえておきましょう。ノーネクタイでも周りに差をつけるシャツの着こなしができるように、色々と工夫してみてください。

折り目のハッキリとしたシャツで、クールビズ時期に差をつける

クールビズのノーネクタイでのシャツ着こなしは、半袖シャツに注意しましょう。
どうしてもクールビズでのシャツ着こなしにおいて、半袖シャツは、カジュアルな印象になってしまいますので気をつけましょう。

前ボタンのシャツで、折り目のしっかりしたシャツの方が、ノーネクタイの時に見映えが非常に良いものです。夏らしく爽やかな色だと、クールビズらしい涼しい印象を与える事ができます。

ネクタイなしの着こなしで周りに差をつけるポイントは「折り目」と「清潔感」である事を覚えておきましょう。

NGポイントは?ノーネクタイのシャツの着こなしでの注意点

ここまでクールビズでのノーネクタイスタイルでのオススメを紹介してきました。クールビズの着こなし方に明確なルールはありませんが、評判の悪いファッションもあるという事を忘れない様にしてください。シャツの選び方を間違えてしまうと、着こなしができない人という印象を持たれてしまいます。今回は注意すべきNGポイントをまとめてみましたので、ぜひ確認してみてください。

クールビズの季節の着こなしチェックポイント

■シャツやパンツがシワになっていないか?
■シャツがパンツの中にきちんと入れられているか?
■素肌にそのままシャツを着るのはNG
■シャツの胸ポケットに物を入れすぎていないか?
■ベルトはきちんとしたものを着用しているか?

以上のポイントに注意して、クールビズ期間はシャツを着こなしましょう!

ノーネクタイでも清潔感あるシャツを着こなしてクールビズで快適に過ごそう!

クールビズのノーネクタイでカッコ良いシャツの着こなし術について見てきましたが、参考になりましたでしょうか。クールビズシャツの着こなし方にこだわれば、ノーネクタイでも全く違和感のないクールビズファッションが実現します。

普段のレギュラーカラーやワイドカラーのワイシャツにネクタイを締めていることだけが正しいマナーとは限りません。暑苦しい格好をしていることがマナー違反になってしまうこともありますから、上手にクールビズを取り入れましょう。おすすめのシャツや色を参考におしゃれでかっこいい着こなしを覚えて、クールビズのシーズンを快適に過ごしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム