2017年01月16日(月) 更新

米国税理士資格の難易度とおすすめの勉強方法

米国税理士試験は3科目で構成されている

米国税理士は、アメリカの内国歳入が実施する試験に合格した人に与えられます。米国税理士は18歳以上であれば誰でも受験可能です。試験は年に1回行われており、個人関係税制、事業関係税制、税務代理業務及び諸手続の3科目に分かれて出題されます。受験は日本国内でも受験も認められているので、東京か大阪で試験を受けましょう。そんな米国税理士の難易度は高いのでしょうか。

米国税理士の難易度は日本の税理士よりも低い

米国税理士の難易度は、日本で税理士を目指すよりも簡単だと言われています。試験問題は選択形式で、英語の専門用語や英文の設問内容を正しく理解できれば難易度は難しくないでしょう。米国税理士の試験の難易度は、個人関係税制の科目の合格率が約80%、事業関係税制の科目が約65%、税務代理業務及び諸手続きの科目が約85%となっています。日本の税理士よりは、難易度が低いので狙い目だと言える資格でしょう。

米国税理士に合格すると国内外を問わずに仕事ができる

日本の税理士よりも難易度が低いため、米国税理士の取得は目指しやすいのが特徴であり、アメリカの税務関連の専門知識を身につければアメリカで税理士として働けます。また、アメリカで税理士として働かなくても、日本国内において米国税理士資格を活用して、日本企業の海外進出のサポートや国際税に関するコンサルティングを行えるのです。米国税理士を取得すると、国内外を問わずに仕事ができるので取得しておくと良いでしょう。難易度も日本ほど高くないので、おすすめです。

試験や業務には英語力が必要不可欠

難易度は日本より高くないとされていますが、米国税理士試験を受けるにも業務を行うにも英語力は不可欠です。税務の知識はあっても英語力が必要ですので、英語力がない方にとっては難易度が高いと言えるでしょう。米国税理士として業務を行うのであれば、英語力はTOEICの600点以上を取得しておくことが望ましいです。米国税理士の試験を受ける前に英語力のチェックを行っておくと良いでしょう。

米国税理士を目指すなら通信講座の活用した勉強法がおすすめ

米国税理士を目指している方におすすめの勉強法は、通信講座の活用です。教材を用いて試験の演習問題を解き、日本語による解答解説を見ながら問題の傾向を把握すると良いでしょう。また、講義内容を収録したDVDも活用して米国税理士の試験科目内容の理解を深められます。通信講座の内容によって受講料は異なりますが、約10万円から15万円です。日本よりも難易度は低いですが、難しいことに変わりはありません。よって、十分に対策をしておく必要があります。

取得にはかかる時間は税務の知識・実務経験や英語力で異なる

米国税理士は難易度が低い国家資格ではあるものの、資格取得にかかる期間は平均6ヶ月から1年が目安です。個人のアメリカ税法に関する知識や税務に関する知識や実務経験によって期間は異なります。また、英語に自信がない方であれば、米国税理士の資格取得に向けた勉強と同時に英語の勉強も必要となるため、さらに時間がかかる場合もあると理解しておきましょう。

米国税理士の難易度は日本よりも低いのが特徴であり対策には通信講座の活用がおすすめ

米国税理士の資格は国家資格ですが、日本の税理士よりも難易度が低いため、取得しやすいと言えるでしょう。また、試験や業務には英語力が必須です。英語で税法の理解や業務遂行ができるように英語力を磨いておくと良いでしょう。アメリカで税理士として働きたい方や、日本国内でもアメリカ進出を目指す企業のサポートを行うことに興味がある方は、ぜひ米国税理士に挑戦してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム