2016年12月09日(金) 更新

26歳男性が今から貯金を始めるべき理由

26男性の平均年収は370万円程度

26歳男性の貯金を考えるまえに、26歳男性の平均年収とはどの程度かをご紹介します。国税庁の民間給与実態統計調査(平成25年度分)には371万とあります。また、他の民間サイトでも大体似たような数値となるようなので、370万として考えていきましょう。

平均年収から考えれば26歳男性の貯金は難しくない

これは月の生活費を20万とした場合370-(20×12)=130となるので、年間で130万ほどのお金が余ります。月の生活費が20万というのは、一人暮らしの場合、余程の贅沢でもしなければ掛からない金額でしょう。これにプラス130万となれば、十分過ぎる収入と言えます。ここから貯金に何割か割くことは難しくないでしょう。

貯金は積みかさねるほど効果が上がる

26歳の時点で月に10万貯金するとなると、1年で120万円が貯まる事になります。2年では240万となり、毎年120万円ずつ増えていきます。また、その間にも随時昇給していくのが普通です。そうであれば、もっと貯金にまわす給料の割合を増やしても良いでしょう。

緊急の出費にも対応するために貯金しよう

こういった貯金があると様々なことに対応できるようになります。例えば急病、それも大病である場合の入院費を賄うことができます。他には結婚費用や葬式費用、さらには祝儀から香典を渡す場合にも助けとなります。こういった面から、貯金と言うのはいくらあっても困らないものなのです。

平均年収は年齢とともに上昇していくため貯金額については焦らなくてよい

日本と言うのはまだまだ豊かな国です。若者の給与が低いといわれていますが、民間給与実態統計調査を一度ご覧下さい。そこには26歳男性で371万、そこから徐々に昇給していき、50歳男性で649万とあります。このような曲線を描き給料は年齢と共に上昇しています。ですから、貯金の額については焦らなくても大丈夫です。

重要なのは貯金の習慣をつけること

26歳男性の方にとって重要なのは、貯金額そのものではなく、貯金の習慣を今からつけておくことです。毎月の給料を使い切るのではなく、少しでも貯金しておくという習慣をつけてさえおけば、より年収が上がった時に貯金の大きな効果を得られることになります。26歳男性の方は、今の内から貯金の習慣をつけておきましょう。

26歳男性は貯金の額は気にせずその習慣をつけておくことが将来のために重要

26歳男性の方が貯金を始めるべき理由をご紹介しました。平均年収で考えると、26歳男性の方は、貯金が苦でない収入を得ていることでしょう。しかし、平均年収に達していない方も、不安に思うことはありません。26歳男性の方にとって重要なのは、貯金の習慣をつけておくことです。今の内から貯金の習慣をつけておけば、将来大きな効果を得られます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム