2017年09月13日(水) 更新

手紙の「前略」の役割とおすすめの例文

手紙の前略は季語や前置きの省略を示す役割がある

手紙における前略とは、季語や前置きの省略することを示す言葉です。手紙には、通常前置きや季語を使った文章を入れるのがマナーですが、前略と記載することでそれらを省略できます。これは、「季語や前置きの文章を入れるべきですが、省略させていただきます。」という風に、手紙の書き方のルールを知っていることを示すこともできます。

前略以外の言葉で代用することも可能

手紙には、前略以外の言葉で代用することも可能です。例文としては、「前文お許しください。」や「葉書で失礼いたします。」といったものが挙げられます。どちらを選んでも構いませんが、できるだけ前略を使用した方が見栄えは良いでしょう。特に、ビジネス関係の手紙の場合は、できるだけスマートに見せるために、前略を使用した方が良いと言えます。

例文を参考にして状況に応じて使い分けよう

前略の言葉に関しては、例文を参考にして自分で自由に変えても構いません。紹介した例文だけを使用するのではなく、相手との関係を考慮して、もう少し丁寧に書いても良いでしょう。「前文を省略することをお許しください。」という風に書いても誠意が伝わると考えられます。前略のルールを知っておいて、マナーを守って手紙を書きましょう。

前略と書いた後に要件を書こう

前略と書いた後には、要件を書き始めるのが基本です。お礼の手紙であれば、最初に「前略 先日は○○をしていただき、ありがとうございました。」という例文の様にお礼の言葉を書きましょう。複数の要件がある場合でも、お礼を最初に書くことがマナーです。そして、してもらったことに関してどのような気持ちでいるのか、その後の状態といった近況報告を書いていきましょう。

要件のみ伝える場合の例文

手紙の前略の後には、要件のみ伝える旨を書きましょう。例文は、「前略 取り急ぎ要件のみお伝えいたします。」などが挙げられます。敬語であれば言葉遣いに細かい決まりはないので、相手によって言葉遣いを変えると良いでしょう。前略という言葉は、相手への敬意を示す言葉ではないので、固い文章でなければ違和感が出るといったこともありません。

前略の後に唐突に要件を伝える際の例文

手紙の前略の後には、唐突に要件を伝えても構いません。前述した例文のように、要件のみ伝えることを書かなくても問題ありません。「昨日、お電話差し上げていた内容について明細書の内容に誤りがございました。」という例文のように書いても構いません。基本的に、前略の後に続く文章にルールは無いということを覚えておきましょう。

手紙における前略は前置きを省略する役割があるので例文を参考にして使い分けよう

ここまで、手紙で前略を使用するポイントとおすすめの例文を紹介してきました。手紙の前略の後に要件を書き始めましょう。前略には、前文を省略する旨だけではなく、前文の必要性を知っていることを相手に伝える効力があります。また、お礼の手紙の場合は例文を参考にして、最初にお礼の文章から書き始めるなど一定のルールを守りましょう。また、前略は例文のように「前文お許しください。」など書き換えても構いません。

転職を成功させたい人必見!

コチラも読みたい

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム