2017年01月16日(月) 更新

先生宛ての手紙の書き方のポイント

先生宛ての手紙の書き方のポイント①:何を伝えるか明確にする

先生に手紙を書く目的を最初に考えましょう。それによって書き方のポイントは変わります。しばらく連絡を取っておらず、近況報告をしたいのであれば、まずは伝えるべき事柄をまとめましょう。

具体的な出来事や成果を盛り込めば伝えたいことが明確に

例えば、進学や資格の取得、就職や転職という風に、直接的に自分に関わる出来事を書き出して、その中でも何を伝えたいのかを考えて絞りましょう。また、自分のことばかりではなく、「先生はいかがお過ごしでしょうか。あの時と変わらず、ユーモアのある楽しい授業をしておられるのでしょうね。」という風に、過去の思い出を盛り込んで先生のことを思いやった文章を書きましょう。

先生宛ての手紙の書き方のポイント②:先生が知りたいことを盛り込もう

手紙を書く際には、相手がどのような内容を知りたいと考えているのかを予想することが大切です。どのように成長を遂げているのか、健康で無事に過ごしているのかの2つのことについて知りたいと考えていることが多いです。また、卒業してからすぐに先生に手紙を書くのであれば、学校生活や就職先で上手くやっているかどうかを盛り込みましょう。

現在住んでいる土地のことを手紙に盛り込もう

あなたの現在住んでいる土地については必ず記載しましょう。先生は必ず知りたいと思っているはずです。先生への手紙を送る時に、自分が当時いた土地以外の土地に移り住んでいる場合は、その土地のことを手紙に盛り込みましょう。例えば、「学生の頃からデニム好きだった僕は、今ではデニムの聖地である岡山県の倉敷に住んでいます。」という風に、過去の自分についても触れると良いでしょう。どこかへ行った時のお土産と一緒に手紙を送る場合は、そのお土産のことについても触れましょう。

先生宛ての手紙の書き方のポイント③:丁寧な言葉で成長したことを伝える

先生に手紙を書く際に、硬い文章を用いた書き方か、話し言葉の敬語を用いた書き方のどちらを用いるかは重要です。先生であれば、あなたの成長した様子を知りたいと望んでいるはずですから、丁寧な言葉使いを心掛けましょう。

自分らしさが伝わる書き方を心がけよう

先生に手紙を送るのであれば、先生が知っている最後に見た自分を連想させるような書き方で手紙を書きましょう。手紙を読んだ時に、「間違いなく〇〇君が書いた手紙だ。」という風に思ってもらえるように書くことで、より一層なつかしさを感じてもらえるでしょう。硬い文章で書くのであれば、思い出話を多く盛り込むことで、なつかしさを感じてもらえます。

先生宛ての手紙の書き方のポイントは伝えたいことを先生が何を知りたいかを考慮しつつ明確にすること

ここまで、先生宛ての手紙の書き方のポイントを紹介してきました。先生への手紙の書き方次第で、現在の自分がどのように成長を遂げているのか印象が決まります。硬い文章で書けば、大学生や社会人として成長した様子を示せます。逆に、話し言葉で砕けた敬語で先生への手紙を書くと、元気で健康に過ごしていることが伝わりやすくなります。書き方を工夫して、喜んでもらえるような手紙を送りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム