2017年01月16日(月) 更新

香典のお礼の言葉を伝える際の注意点

香典のお礼の言葉を伝える際の注意点①【会社関係には直接行う】

香典のお礼の言葉を言う際は、直接伝えるのが基本でもあり一番気持ちが伝わる方法でもあります。実際にその人に自分から会いに行き、香典を貰ったことへの気持ちを伝えるのです。社会人の場合は会社から貰うことも多いと思うので、そういった際は朝礼などでお礼の言葉を伝えるといいでしょう。そして、仕事を休ませてもらったことへの感謝も同時に伝えることが可能です。メールなどですませてはいけませんので、注意しましょう。

香典のお礼の言葉はメモをしておく

香典のお礼の言葉を伝える前には、必ずメモを書いていくように注意しましょう。何故なら、人間というのは覚えたつもりでも一時的な記憶が長持ちせず、相手に伝える前に言おうと思っていたことを忘れてしまうのです。香典のお礼に行ったのに、いざ相手の前に立ったら言葉が出ないなんて洒落になりませんので、メモをしておいて定期的にチェックするように注意してください。

香典のお礼の言葉を伝える際の注意点②【遠方の親戚には電話を使う】

相手に直接会う時間がなかなか取れなかったり、遠方にいる親戚には、香典のお礼の言葉を電話で伝えるといいでしょう。電話なら直接話せるので、感謝の気持ちも伝えやすいです。ただし注意点として、電話だと相手が家にいる時間を考慮しなくてはいけない部分もあり、なかなかタイミングが合わないこともあります。そういった際は他の方法も考えましょう。

香典のお礼の言葉を電話で出来なかったらハガキを送る

香典のお礼の言葉を電話で言いたいけど、なかなかタイミングが合わないという時にはハガキを使ってみてください。ハガキならタイミングに注意する必要はありませんし、より丁寧なお礼として受け取られることも多いです。文章にすると長くなってしまいがちですが、文字が小さくなると読みにくくなりますので注意です。そのため、少し大きめの文字で短めの内容を心がけて注意しましょう。もちろん、手書きで伝える方法をとるよう注意が必要です。

香典のお礼の言葉は「この度はお心遣いをいただきまして、ありがとうございました」から始める

ここで、具体的な香典のお礼の言葉の伝える方法をいくつかご紹介しましょう。基本的な始まりとしては「この度はお心遣いをいただきまして、ありがとうございました」や「お忙しい中でのご参列、まことに恐れ入ります」といった基本的な文章で始めると失礼がありません。会社での挨拶の場合は、同時に「長らくお休みをいただきまして、ありがとうございました」といった一言も付け加えておくと、さらに丁寧になります。

香典のお礼の言葉には相手への気遣いを入れる

先ほどのものとは別に、もう少し香典のお礼の言葉をご紹介します。たとえば、お葬式当日にろくな挨拶が出来なかったと思えば「当日はきちんとしたお礼をすることが出来ず、申し訳ありませんでした」そして、家族一同からの感謝を伝える際には「家族ともども大変感謝しております」といった感じでしょう。ちょっとしたことですが、このような言葉を使うだけで丁寧さが垣間見えるので、ぜひ注意してアレンジしながら使ってみてください。

香典のお礼の言葉を伝える際は会社では直接行い遠方には電話をしてメールで済まさないよう注意しよう

香典のお礼の言葉を伝える注意点をいくつかの方法をご紹介しましたが、とにかく大切なのは気持ちです。いくら香典のお礼の言葉の伝え方が正しかったとしても、気持ちがこもっていなければ、感謝がまったく伝わりません。もちろん香典のお礼なので明るく伝えたりすれば失礼になりますが、きちんと言葉に相手への感謝をこめることは大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム