2019年10月31日(木) 更新

26歳男性の平均年収と「中央値」という考え方

26歳男性の平均年収は370万円ほど

大手転職エージェントの調査によると、26歳男性の平均年収は370万円ほどのようです(株式会社インテリジェンス、サービス名doda:https://doda.jp/guide/heikin/2015/age/)。
20代前半の男性の平均年収は270万円ほど、30代前半になると平均年収はおよそ440万円まで上がります。男性の平均年収は年齢に合わせて上がり続け、50代前半がピークになり、その後は少しずつ下降します。男性の平均年収のピークは650万円ほどになります。

平均年収という考え方は現実に即していない

しかし、上で述べたものはあくまで平均年収の話です。平均年収というのは、実は必ずしも現実に即しているわけではありません。例えば2人の26歳男性が居るとしましょう。1人は年収が100億円で、1人は年収が0円です。この2人で26歳男性の平均年収をとろうとすると50億円になってしまいます。

年収の上下の差が激しいほど現実と乖離したデータになってしまう

こういったように、平均年収と言うのは上下の差が激しければ激しいほど現実と乖離したデータとなってしまいます。ですから、単純計算した平均年収という考え方では、あまり信頼できる考え方ではないかもしれません。そこで、別の考え方をご紹介しましょう。

「中央値」という考え方でより現実に即したデータが得られる

中央値というデータはより現実に即した良いデータだと言われます。中央値とは例えばランキング1位から100位までの順位をつけるときの50位の人の値です。ですがこれも1位から50位までが100億円台で51位から100位までが0円であればどうでしょう。このように統計というものは正しく現状を表すわけではありません。あくまで参考として考えるべきであって、信じきれるほどの正確性は持ち合わせていないと言って良いでしょう。

26歳男性の平均年収は中央値で考えると10%程度減少する

では、26歳男性の平均年収を、中央値という考え方でみてみましょう。26歳男性の平均年収の中央値については各種サイトで概算が出されています。それによると平均年収の約10%程度減少するようです。

中央値で考えた26歳男性の平均年収は334万円

それを考えると、上で述べた平成25年度26歳男性の平均年収は370万円から37万円を引いて、334万円といったところになるようです。ボーナスを60万と考えたら270÷12=22.5なので、手取り23万程度となります。

26歳男性の平均年収は370万円ほど!中央値で求めると334万円になる

26歳男性の平均年収と「中央値」という考え方について説明しました。
単純計算で考えるのではなく、より26歳男性の現実に即した平均年収を求めたい場合、中央値という考え方をするのが有効のようです。その考え方をすると、26歳男性の平均年収は334万円くらいと考えられます。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム