2018年10月19日(金) 更新

26万円という手取り額から考える結婚生活

月収31万円のとき手取りが26万円になる

では手取りが26万円というのはいくらの月収を稼いだ場合になるのでしょうか。それは大体31万円程度となります。額面上31万円を稼いだ場合、手取りは26万円となるのです。主に引かれるものは社会保険料の年金と健康保険が3万円程度になり、所得税や住民税で2万円程度となります。これは給料の額が増えるほど負担額も増えるというものなので、固定された額ではありません。

月収26万円のとき手取りは22万円前後

ちなみに、月収の額面が26万円のとき、手取り額は22万円前後となります。いずれにせよ、大きな額が天引きされることになります。しかしこれらは税金や保障ですので仕方がありません。手取り額でどのような生活が送れるかを考えてみるのがよいでしょう。

手取り26万円は一人暮らしには余裕がある金額

手取り26万円の生活とはどのようなものでしょうか。これは、一人暮らしの場合多少余裕がある生活だということができます。一人暮らしをする時に最もお金のかかるものと言えば家賃です。地域によって物価が違うので一概には言えませんが、これを6万円とします。他に光熱費1万、食費2万、雑貨1万、通信費1万としたら合計で11万円となります。余裕をもって生活費は12万円としてみましょう。残るお金は26万円-12万円で14万円残ります。

手取り26万円は自然に貯金が生まれるほどの額

月に自由に使えるお金が14万円というのを想像してみてください。食費は既に計上済みなので一切掛かりません。14万円と言うと14万円÷4週間=3.5万円となるので、1週間で3万5千円を自由に使って良いということになります。そうなると自然に貯金も貯まることになり、生活に不自由は感じ無いでしょう。手取り26万円というのは一人暮らしにとって必要以上の金額と言えます。

手取り26万円あれば結婚生活も送れる

よくお金が無いので結婚できないという話が出ますが、これは手取り26万円の場合にも当てはまるのでしょうか。家賃を8万円、その他の生活費を2倍にして計算すると、生活費が18万円となります。残るお金は8万円ですから、やはり余裕がある方だといえるのではないでしょうか。

子供を持つことを考えると少し苦しくなるため貯金が必要

また、子供を持たない場合で共働きをするのであれば、普通の生活より遥かに良い生活ができるでしょう。26万円の手取りにパートナーの手取りが10万円と考えても合計36万円となります。しかし、子供を持つ場合は様々な費用が掛かってきますので、すこし苦しいかもしれません。結婚生活を送るにあたっては、将来の養育費に備えて貯金しておくのがよいでしょう。

手取りを増やしたい人は転職がおすすめ

もっと手取り額を増やして、生活水準を高めたいですよね。そうすれば結婚生活でも困らないでしょう。今より手取り額を増やす方法に、転職エージェントを利用した転職があります。転職エージェントは、あなたの代わりに年収交渉をしてくれますので、手取り額がアップする確率が格段に高くなります。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、ハイレベルなサポートを安心して受けられますよ!

手取り26万円あれば結婚生活にも十分だが養育費に備えて貯金しよう

手取り26万円での生活についてご紹介しました。月収が31万円程度必要になりますが、これは平均で20代後半で稼げる額です。職場によってはもっと早い内からこの額を稼げるでしょう。手取り26万円は結婚生活にも十分な額ですが、養育費に備えた貯金は必要であるといえます。

こちらもあわせて読みたい!

関連コラム