2017年09月22日(金) 更新

32万円の月々の手取りに必要な年収額と生活の余裕

年収485万円の場合は月々の手取りが32万円になる

手取りが32万円になる時の年収と言うのはいくらになるでしょうか。独身男性の例で考えてみましょう。32万円×12ヶ月=384万円なので、1年の手取りが384万円になれば良いようです。その場合、天引きを考えると約485万円程の年収となります。

手取り32万円とは平均的な35歳男性の給料

485万円の年収を得るのは年齢で言えばどの層にあたるのでしょうか。年齢別の平均年齢というのは民間給与実態統計調査という国税庁の発表している資料に掲載されています。これによると30歳から34歳が446万円、35歳から39歳が502万円となっているので、35歳程度と言えそうです。手取り32万円の生活というのは35歳の時の生活なのです。

【参照先】国税庁 民間給与実態統計調査

手取り32万円で独身の場合は少し余裕のある生活ができる

35歳と言うと会社の中ではベテラン、中堅管理職の入り口といった身分となるでしょう。手取り32万円というのは、それまでの生活よりも良いレベルに移っても大丈夫な額です。例えば家賃がそれまで6万円の家に住んでいたなら8万円の家に引っ越しても良いでしょう。日常の食事などにこだわっても良いですし、服や家具へお金を使うのも生活を充実させる1つの方法です。ですが、生活レベルの向上というのはそのまま生活費の増加へ繋がります。

生活レベルを上げず趣味にお金を使うこともできる

ここで考えるべきは自分の生き方です。今までと同じ生活レベルであれば趣味へ費やすお金はかなりのものとなるからです。生活レベルというものが人生の充実に繋がらないと考えるのであれば非常に余裕のある生活ができるでしょう。手取り32万を得る時にはこういったことで迷うことがあるかもしれません。

結婚して子供がいる場合の生活については余裕が少し無くなる

上記してきたのは、あくまで手取り32万円の方が独身の場合です。結婚していたり、子供がいたりする場合は、また事情が変わってくるといえるでしょう。結婚している場合は、パートナーが働いているのか、専業主婦(主夫)なのかでも話が変わってきます。

子供がいる場合の教育費や生活費も検討しよう

子供がいる場合は、生活費だけでなく教育費もかかってくることになり、独身の場合と比べて必要なお金は飛躍的に伸びるといえます。ですから、そういったことも検討して手取り額から生計を考えなければなりません。また、まだ子供がいないご夫婦ならば、余裕のあるうちに貯金しておくのがよいでしょう。

年収485万円のとき月々の手取りが32万円になり独身なら生活に余裕がある

32万円という手取り額と、生活の余裕についてご紹介しました。32万円という月々の手取り額は、年収485万円の時に達成できます。それは平均的には、35歳男性の給料であるといえます。その年齢では子供がいる方も多いですが、子供がいる場合は生活に余裕があるとはいえないようです。パートナーが働いているかどうかなども、生活に関わってくるでしょう。

関連コラム