2016年11月29日(火) 更新

31歳男性の平均手取り額と人生設計

平均手取り額を調べるときは国のサイトを見よう

31歳男性の手取り額を調べるときはどのような資料をあたれば良いでしょうか。転職サイトなどに多く掲載されていますが、これらはあくまでそのサイトの利用者から得た情報に過ぎません。情報の信頼性と言うのは国によるものが一番です。民間人の給与の統計と言うのは、国税庁のサイトに掲載されている民間給与実態統計調査で分かります。

31歳男性の平均手取り額は約30万円

民間給与実態統計調査によると、平成26年度において31歳男性の平均年収は446万円となっています。ここから手取り額を計算すると360万円程度となります。これを月々の手取り額にすると、360÷12ヶ月=30万円となります。かなりの手取り額となりますね。

男性が31歳になって手取りが増えることで人生を考えるきっかけになる

若い内はマイホームや結婚といった事は実感できないでしょう。ですが男性が31歳ともなると手取りが増えたこともあり関心が向くようになります。これだけのお金があれば日々の暮らしではなく将来的な人生設計を考えることができるのです。

増えた手取り額を貯金に回すことで家を買うことも視野に入る

31歳男性の一人暮らしの場合、実質の生活費は15万円もしないでしょう。手取りの残りである15万円を貯金に回せば一年で180万円が貯まることになります。4,000万円の家を買うとしたら、4000÷180=約23年で払いきることが可能です。もちろんその間に昇給するでしょうから、実際の返済期限はもっと短くなるでしょう。

統計から考えると31歳男性の手取りで結婚や育児が可能

31歳男性の平均手取り額であれば、結婚生活も余裕をもってできるでしょう。子供が出来ても大丈夫です。また、子供が成長する頃には給料ももっと上がっているはずです。新卒で入社し、そのまま同じ会社で働き続ける場合、マイホームを手にすることも結婚することも可能です。統計上はそういった結果が出ているということになります。

手取り額の面で有利なのは新卒の会社で働き続けること

ですが31歳男性で手取り30万円というのは転職した人では難しいかもしれません。日本企業は年功序列で昇進するところが多いため、途中入社では収入は落ちます。特に結婚やマイホームを人生にとって大事なものだと考えるのであれば、新卒の時点で良い会社を見つけるべきです。順調に行けば31歳男性で手取り30万円の生活を手にする事はできます。

31歳男性の平均手取り額は約30万円で結婚や育児も可能である

31歳男性の手取り額からその具体的な生活を見てきました。31歳男性の平均手取り額は、約30万円となります。家を買うこともできますし結婚生活も可能です。このような生活は新卒から同じ会社に勤め続けた場合にとくに考えられます。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム