2017年03月14日(火) 更新

分析レポートを書くコツ【自己分析編】

自己分析レポートを書けば自分を客観視することができる

まずは自己分析レポートを書く意味を考えてみましょう。レポートと呼ばれるものを書くのは全般的に、物事を客観的に見て分析し、まとめるためです。自己分析レポートを書く事で自分を客観的に見る事が出来ます。自分の良い点、至らない点について主観的に考えて書く事ができます。

自己分析をして普段とは異なった自分の一面を見つけよう

自己分析レポートでは、様々な側面から自分を観察し、分析して書くのがコツです。改めて自己分析レポートを書く事で、普段は考えもよらない自分像が発見できる可能性があります。それは大学生の皆さんであれば就職活動をする上で役立ちますし、社会人の皆さんにおいては、その会社の中での自分の立ち位置や今後のスキルアップを考える時にとても役立つツールになります。それでは、自己分析レポートを書くコツを見ていきましょう。

効果的な自己分析レポートを書くコツ①:自分の性格の特徴を書きだす

ここでは1つ目の自己分析レポートを書くコツを紹介します。自己分析レポートを書くコツは、まず「人柄、性格」を表す多くの要素をピックアップすることです。これは自分に当てはまる、当てはまらない関係なく、広く人間を見た時の要素です。「ポジティブ、ネガティブ、楽観的、悲観的、無口、口数が多い、冷静、情熱的」など、反対の言葉もひっぱって、それらを書き出す事が自己分析レポートのコツです。

それぞれの特徴を表すエピソードを付け加えよう

それぞれの反する2つの要素の中で、自分がどちらに当てはまるのか、そしてどうしてそう思うのか、といった具体的なエピソードを考えるのもコツです。自己分析レポートでは、「こういった事例があったので、~である」と、実例を用いて結論を導きます。これを繰り返す事で、自分が見えてきますね。自己分析レポートの最後では、導いた結論をまとめ、総論として自己分析をします。

効果的な自己分析レポートを書くコツ②:定期的に作成する

自己分析レポートは、可能であれば毎年、もしくは数年に一度作成してみて下さい。社会生活を送る中で、経験した事、学んだ事を元に人間の性格は少しずつ変化して行きます。このコツをもう少し詳しく見ていきましょう。

自分の変化を知りプランニングがしやすくなる

過去のレポートと比較するのもコツのひとつです。そうすることで、その間、自分の人生に何が起きて、自分がどう変化したのかを客観的に知る事ができ、その先の人生をプランニングしやすくなるのです。自己分析レポートは生きている間中、あなたの役に立つでしょう。

効果的な自己分析レポートを書くコツは性格の特徴を書き出して定期的に作成すること

ここまで、自己分析レポートを書くコツを紹介してきました。自己分析レポートは自分を客観的に見て判断する事が出来る大切なツールです。また自己分析レポートを書く事で、今まで気づかなかった自分像が見えてくる可能性があります。レポートを通して知る事が出来た自分を元に、自分に適した職業や職種を考えていくと、人生に迷った時に役立ちそうです。出来れば定期的に自己分析を行うと良いですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム