事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年09月26日(水) 更新

29歳の気になる平均年収と手取り額

29歳の平均年収とは?

29歳の平均年収のように年齢別平均年収を調べてみましょう。そういうときに頼りになるものは国の資料です。国は国民における様々な統計を公表しているので、こういったデータを探すときにはまず国を当たってみると良いです。国税庁のサイトで公開されている資料に民間給与実態統計調査というものがあります。

412万円がおおよその29歳の平均年収

ここに年齢別の平均年収が記載されているのですが、5歳刻みの統計となっています。29歳男性というのは25歳から29歳の378万円、30歳から34歳の446万円の丁度中間の値となるのです。そのため、これらの平均である(378万円+446万円)/2=412万円がおおよその29歳の平均年収と言えるでしょう。また、この数値を現実のものとするには更なる計算が必要になります。

自分の平均年収が少しでも低いと感じたら

29歳の平均年収よりも低いと感じたら、転職を考えるいいきっかけかもしれません。会社から自分の能力や実績を正しく評価されていない可能性があります。

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

29歳の平均年収ではなく実質的な受給額とは?

29歳の平均年収というデータとしてはおおよそ412万円といえますが、実際の受取額とは多少ズレがあります。平均というのはデータの分布が極端な場合、現実に存在する値とはズレてしまうからです。年収についてのデータというのは、現在では大きく偏った分布をしています。格差社会というワードを聞いたことはないでしょうか。格差社会というのは「少数の高所得者と多数の低所得者からなる社会」を指します。こういった場合、平均という手法では現実を割り出すことは難しくなるのです。

29歳の実質的な平均年収は大体370万円

例えば10人中9人が0個の金塊を持ち、1人が100個の金塊を持っているとしましょう。このときの10人の平均的な金塊の所持数は(0+0+...+100)/10=10個となってしまうのです。現実でも同じように低所得者が多く、高所得者は一握りとなっているので、平均を算出しても段々意味が無くなってきたのです。ですがまだ概算として平均年収を使うことは可能です。現実的な値は平均年収の約一割を減少させた値と言われています。そのため412万円-(412万円/10)=約370万円となります。29歳の実質的な平均年収は大体370万円と考えて良いでしょう。

370万円の年収だと月の手取りは25万円

29歳時点で370万円の年収というのはどういった生活になるのでしょうか。まずは手取りを考えて見ましょう。370万円の年収から様々なものを天引きすると、残りは約300万円となります。月の手取りで言うと300万円/12ヶ月=25万円です。これは実に安定した収入と言えるでしょう。

十分な貯金ができる金額

例えば生活費に12万円使ったとして、残る金額は13万円です。生活費意外に使える金額に10万円以上を確保できるというのは精神的にもかなりの余裕となるはずです。また、月にお小遣い10万円を使い切るような生活をしていない限り、貯金は貯まっていくでしょう。普通はそこまでお金を使い切れないものです。そう考えると29歳の年収370万円というのは悪くない生活と言えるでしょう。極端な贅沢はできませんが、十分な余裕のある生活を送ることができるはずです。

29歳の平均的な年収は370万円でこの金額だと安定した生活ができる

29歳の年収について見てきました。現実的な平均の年収を求めるためには国の資料をそのまま受け取るだけではいけません。資料の数値を適正なものにしたり、社会的な状況を加味して考えることは重要です。その結果370万円という年収を求めることができました。これだけの年収があれば、29歳の生活というのは若い頃より比較的良い生活と言えます。若い頃は金銭的に苦しくても、平均的には数年で安定した収入を得られるという事がわかりました。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム