面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法18選

更新 / 123277 view

就活生は面接の緊張をほぐす方法をそれぞれ持っている!

キャリアパーク会員の就活生を対象に「面接で緊張したときの対策方法を教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

自分は大丈夫だと思う

就活生の回答

深呼吸

就活生の回答

好きなものを思い浮かべる

就活生の回答

手振りをゆっくり大きくする

就活生の回答

笑う

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「面接で緊張したときの対策方法を教えてください!」

面接では、緊張する人がほとんどだと思いますが、就活生は自分なりの対策法を持っているようです。例えば、「深呼吸をする」「手振りをゆっくり大きくする」「笑う」といった緊張対策法があります。
緊張しやすい人や、面接を控えている人は、上記のように就活生が実態に使っている対策法はもちろん、これからご紹介する方法についても参考にしてください。

面接は誰でも緊張するもの

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

就活において最大の難所である面接は、何度参加しても緊張するものです。人によってはガチガチに緊張してしまい、うまく受け答えできずに失敗してしまったという苦い経験をお持ちではないでしょうか?

今回は人がなぜ面接で緊張するのかの原因と、その対処法を紹介します。

落ち続けても自分を否定する必要はない

就活が長引くと体力的にも、金銭的にもつらくなってきます。面接まで進めたものの、何度も落ちてしまう経験が続くと、次第に自分を責めるようになるでしょう。人によっては追い詰められてうつ病などになってしまっては元も子もありません。面接で緊張しすぎて落ち続けても、自分を否定された気持ちにならずに、落ち着いて考えていきましょう

失敗が続くからこそ対策を

緊張が原因による面接の失敗が続く場合は、ただ落ち込んでいても仕方がありません。就活に与えられた期間はどんどん少なくなっていくからです。今すぐ行うべくは「対策」であり、失敗を受け入れて次に活かす努力をするようにしましょう。

「緊張」が起こる原因とは

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

緊張したくないと心の底から願っている時こそ、なぜか緊張してしまうというジレンマ。一生を左右する就活の面接ではそれが顕著です。しかし、何度も同じ失敗を繰り返していては先には進めません。まずはなぜ緊張が起こってしまうかというメカニズムから知りましょう。

緊張の原因は、血液中のノルアドレナリンという物質が分泌され、交感神経が優位になるためです。
交感神経が優位に立ってしまうと、地に頭がのぼってしまったり、落ちつきが失われてしまいます。食事後には、副交感神経が優位になるため、リラックスして眠くなってしまいますよね?その逆の状態が、緊張時には起こっているというわけです。

緊張止まれと念ずるほど余計緊張する

緊張は誰にでも起こる現象であり、主に症状として挙げられるのは以下の通りです。

緊張で起こる現象

心臓が高鳴る
・頬が赤くなる
・汗が止まらなくなる
・手足が震える

のようなものです。また、「緊張よ、止まれ!」と念ずるほど余計緊張してしまうのです。「緊張」→「焦る」→「余計緊張」の構図が完成しているのです。直ぐにでもそれを止めたい・緩和したいなら、その方法を知っている必要があります。

面接で緊張しなくなる方法6選【面接直前編】

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接の順番を待っていると、

「次は自分の番…全然話せなかったらどうしよう。ここが第一志望だから、気合入れていかなきゃいけないのに。自信ないや。」
「私の番はまだかな。前の人は、もう30分前に入った気がするんだけど。面接盛り上がってるのかな?」

などと考えてしまう人も多いかと思います。そうなると、余計緊張してきますよね。大丈夫です。面接直前に試せる、緊張しなくなる6つの方法を紹介していきます。

①深呼吸を繰り返す

面接前に「心臓がドクドクいってきたな」と思ったら、深呼吸を心がけましょう。深呼吸は、脳に酸素を送り、落ち着いて考えらえるようになります。緊張すると、無意識に息を止める時間が長くなっている可能性もあります。

気持ちを落ち着かせるためには、新鮮な酸素を脳に送りましょう。また、目を閉じながら行うとより効果的です。深呼吸のやり方としては、以下の2つがオススメです。

1. 鼻から5秒ぐらいかけて息を吸う
2.口から吸い込んだ酸素を10秒ぐらいかけて吐く

これを意識して面接前にリラックスしてみましょう。

最終面接での緊張の解き方・リラックス法

②軽い柔軟体操をする

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接に挑む前に、軽い柔軟体操をしてリラックスする方法もオススメです。会社の待合室ではできないため、面接会場に早めに到着して、見えない場所で行いましょう。
屈伸したり、腕を伸ばしたりする軽い動きでも、緊張で固まった身体をほぐせます


③好きな人を思い出して妄想を繰り広げる

就職活動中でも恋したっていいじゃないか。面接前に緊張してきたら、好きな人を思い出してみてください。一緒に遊んでいる姿でも良いですし、ご飯を食べている姿でも良いです。

もし好きな人がいない場合は、好きなアニメの主人公や芸能人でも構いません。これは、決してふざけしているわけではありません。緊張をほぐすためには、面接から意識を離す必要があるのです。好きな人を思い出すと、自然に笑顔になれますよね?それがリラックス効果をもたらすのです。

④置かれた状況を俯瞰してみる

面接前でガチガチに緊張している自分を、神の目線から見下ろしてみましょう。客観的に俯瞰することで、「なんだ、案外たいしたことないんだ」と思えるかもしれません。

地球レベル、宇宙レベルで自分を見下ろすことで、ちっぽけな悩みに思えてくればしめたもの。
面接というレベルで緊張するのがバカバカしくなるかもしれませんよ。

⑤準備完璧!それで落ちたらしょうがない

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

好きな人を思い出しても、面接前に極度の緊張が襲ってくる場合は、いっそのこと開きなおってみましょう。「準備は完璧にしてきたんだから、それで落ちたらしょうがない。」と思おうとすると、意外に気持ちは落ちつきます。
緊張が緊張を呼んでしまうので、「これで落ちたらまぁしょうがないよね。」という気持ちで臨みましょう。案外上手くいくものですよ。

⑥自分に過度な期待はしない

完璧主義の人や理想が高い人は、案外自分に過度な期待をしがちです。それは、向上心があってとても良いことなのですが、「自分はこの面接に合格して当たり前」と思い込んでしまうと、緊張してきます。
また、万が一その面接に落ちてしまった際に、立ち直るまで相当な時間がかかるので、リスクが大きいのです。自分に過度な期待をせず、受かったらラッキーだなとというような心持ちで面接に臨めるよう整えていきましょう。

面接で緊張しなくなる方法7選【面接中編】

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接中に、緊張しすぎてこんな経験ありませんか?

注目ポイント!

・目の前が真っ白になる ・汗がダラダラ止まらない
・顔が赤くなってしまう
・涙が出てしまう
・話し声が震える
・早口で何を話しているか分からない



このような緊張を緩和するための方法があります。ぜひ試してみてください。緊張を抑えられたら、本来の自分で面接に臨むことができますよ。その方が合格率は高くなります。

① 面接官はみんなカボチャ

面接官の人にこちらをじっと見つめられると、「間違ったこと言ってしまったかな」と不安になったりします。そんな時は、面接官はみんなカボチャだと思うと良いです。そんなの無理だと思っている人こそ、試してみましょう。かぼちゃじゃなくても大丈夫です。どこでもドアを出してくれるネコ型ロボットでも、なんでも良いです。

面接官の顔色を伺いすぎる、気にしすぎるのがダメなので、それをしなくなるようなものに置き換えることが大事なのです。カボチャの顔をした面接官が、キツイ質問を投げかけてくる。そんな想像をしただけで少し笑えませんか?その余裕が面接時に1秒でも作れれば、緊張もほぐれていくでしょう。

②面接中緊張するのは好印象

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

実は、面接中に緊張するのは悪いことではありません。面接官に好印象を与えているとご存知でしたか?面接官も、同じ面接を通過してきた人たちです。緊張していることで、一生懸命さや熱意が伝わる可能性も多いにあります。

たまに面接が始まった際、「緊張してますか?」という質問をされることがあります。その際に、「いえ。緊張していません。」や、「いつも緊張してしまいます。」と答えてしまうととてももったいないです。

笑顔で、「御社が第一志望なので、とても緊張しております。」と伝えると、相手に好印象です。簡単な質問ですが、自分がその企業に興味を伝えられる絶好の機会です。ここで、苦笑いになってしまっても問題ありませんので、笑顔を意識してみると良いでしょう。

③面接の流れに身を任せる

著者は高校生の時に、1,000人以上の前で10分間のスピーチを行ったことがあります。その時一番緊張したのは、自分の前の人がスピーチをしていた数分間。ステージ裏で待っている時には、「人」という文字を3回書いて深呼吸を繰り返すぐらい緊張していました。

ですが、いざステージ上に立って話し始めると、自然に緊張が止まっていることに気づきました。「緊張して失敗したらどうしよう。」と考えず、何度も何度も練習した自分の努力を信じて、流れに身を任せていたからです。
意識を緊張に向けなければ、自然に緊張は止まります。緊張感を楽しんで、流れに身を任すのが緊張を緩和させる一つの方法です。

④話さなければという精神を捨てる

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

【NG例文】

-----
面接官:「●●さん、なぜ貴方は弊社を志望したのですか?」
受験者:「はい。御社のPCは私が幼いころから近くにありました。使いやすさを追求し丸みを帯びたデザインは唯一無二の存在感を出しており、いつしか私はそれに魅了されていきました。
はじめは父の所有物だったPCでしたが、あまりに夢中になる私の姿を見かねた両親が誕生日に○○をプレゼントしてくれました。どこにでも持ち運べる○○は私の生活に欠かせない存在となりました。
過去に大学の授業で御社のPCではなく、○○を使う機会がありましたが、御社のPCを使っている時のようなワクワク感を感じることはありませんでした。
また「PCは御社の〇〇以外に考えられない」と感じた瞬間でもありました。それで…….」
面接官: (長い……)

-----



上記のように、緊張すると自分が思っているより長く話してしまうもの。話さなければ、話さなければと考えるだけで緊張の度合いは自然と上がっていきますし、話はダラダラと長くなります。それを避けるためにも、話さなければいけないんだという精神を捨てましょう。

⑤念仏や好きな名言を唱える

面接中に、緊張してしまった場合、念仏や好きな名言を1回唱えてみましょう。「そんな時間ないわ!」「そんな余裕もないわ!」と思っている人、1秒もかかりませんよ。

自分の信じている宗教の言葉でも良いです。お正月に引いたおみくじに記載されていた言葉でもかまいません。自分の好きな選手や偉人の名言でももちろん大丈夫です。

ここで面接中に唱えると安心する名言を3つ紹介します。

念仏のオススメ3選

“どんな負け方をしようと一日に二敗することはありません。”(イチロー)
“つまずいたっていいじゃないか。にんげんだもの。” (相田みつを)
“予想外の人生になっても、そのとき幸せだったら良いんじゃないかな。” (松岡修造)



このように、聞いたら自分が前向きになれる、緊張を忘れ落ち着けるような名言を知っておきましょう。

⑥合格したビジョンを想像する

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接中は相手と会話のキャッチボールを意識せねばなりません。そのため、目の前に集中して可能な限り雑念を取り去ることが基本ですが、気持ちに余裕を持たせるためにも、ほんの少しくらいなら妄想にふけってみてもよいでしょう。
具体的には、面接に見事合格して内定を獲得している近い将来の自分をイメージしてみるのです。目指すべき将来的なビジョンを明確にすれば、今こそ頑張らなければならないと踏ん張れるようになります。

注意すべき点として、面接官から質問されている間などは自分の世界に入らず、現実と向き合うようにしましょう。いくら将来的なビジョンをイメージできたとしても、目の前の面接を突破できなければ意味がありませんからね。

⑦面接官と短時間で馴染んでしまう

話していて緊張する理由は人それぞれですが、傾向として「相手のことがよくわからない」、「威圧感を感じる」、「自分がどのように思われているか不安」といったものがあるのではないでしょうか。それらを解決する理想的な方法として、面接官と馴染んでしまう方法があります。

約30分という短い時間の中で、初対面の相手と馴染むには時間が足りないと感じるかもしれませんが、あk相手の口調や見た目に親近感を感じられる部分が少しでもあれば、それをとっかかりとして相手のことを好きになれるように努力してみてください。それに、面接官が趣味の話題を振ってきたときに、同じだった場合などは打ち解けやすくなります面接の合否を考えずに、楽しく相手と会話して自分の良さを伝えようと努力するだけでも、面接での緊張感はほぐれてくるはずですよ。

面接で緊張しなくなる方法5選【日々の訓練編】

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接当日から本番にかけての対策が基本ですが、それ以外の時間にも準備できることはあります。面接準備段階でも、緊張を緩和させる方法を知り、講義の間や移動時間などを有効活用して実践しましょう。

緊張をしてしまうのが深刻な悩みとなっている場合や、面接が不安で眠れなくなる人もいると聞きます。そのように悩んでいる人も心配いりません。

日々の生活に取り入れられるものから、悩みの根本を解決する治療まで、さまざまなものを紹介していきます。もし、面接で異常に緊張してしまった経験を1回でも持っていたら、試してみると良いでしょう。緊張しすぎて、貴重な面接の機会をダメにしないためにも。

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

①腹式呼吸を学んで声の震えを解消

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接の際の声の震えに悩んでいる人必見の緊張の解消法ですが、「腹式呼吸」です。腹式呼吸とは、お腹を出したり引っ込めることによって横隔膜(胸腔と腹腔を分ける筋肉)を上下させる呼吸法です。
腹式呼吸のやり方は、以下の2つの動作で完了します。

1. 息を鼻から大きく吸い込む。その際にお腹を膨らますよう意識します。
2.口(慣れてきたら鼻)から息を吐き出します。その際にお腹を凹まし、全ての空気を出します。

これを5〜10セット程度、ゆっくり吸い込み、吐き出すのを意識して行います。姿勢は、仰向けに寝転んでいても、立っていても大丈夫です。

腹式呼吸はリラックス効果だけではなく、ダイエットにも有効で、ヨガやストレットの際にも腹式呼吸が取り入れられています。メリットが多いため、上手に日常生活に取り入れていきましょう。

②体をリラックスさせるマッサージ

緊張をほぐすには、体をリラックスさせるマッサージが有効です。週に2度でも良いので、体をリセットさせる時間を設けましょう。そうすると、面接時にはいつもより緊張を感じないようになる可能性は多いにあります。マッサージの中でも、リンパマッサージはリラックス効果が高いものとされています。下記に方法を記載してみましたので、ぜひ一度試してみて下さい。

①腕を伸ばし、逆の手で手首をつかみます。そこから脇の下まで5回さすり上げましょう。反対側の腕でも同様に行います。
②次に、腕を少し下に向け、肘を軽く曲げます。逆の手で手首を上から掴み、そこから腕の外側を通り、脇の下まで5回さすりましょう。反対側の腕でも同様に行います。
③次に、手首の内側から指3本分上を親指でゆっくりと押します。反対側の手首も同様に行いましょう。

③緊張を抑える食べ物を摂取

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

体の調子を整える、体質改善をする際に大事なのは、「食」です。緊張を抑えるのに効果的な食べ物を意識的に摂取すると良いです。

スキンケア大学によると、緊張を抑えるために必要な成分は、”セロトニン”と呼ばれるものです。セロトニンは、トリプトファン(必須アミノ酸の1つ)ビタミンB6からつくられているので、その2種がとれる食べ物を意識的に摂取する必要があります。

▶トリプトファンを多く含む食べ物
1.かつお
2.レバー
3.大豆製品

▶ビタミンB6を多く含む食べ物

1.マグロ
2.さんま
3.バナナ

ビタミンB6は、バナナを丸1本食べるだけで1日の摂取量の約半分がとれます。体質の改善のためには、上記のような食品をうまく食事に取り入れていきましょう。食生活が偏っているなどで、日々の摂取が難しい場合は、サプリメントで補うことも大切です。

④初対面の人と積極的に話す

面接で緊張する理由が人見知りによるものなら、初対面の人と積極的に話す練習をする方法もあります。知らない人と話す場合はどうしても緊張しますが、勇気を出してみてください。

学校であまり関わりのない人に話しかけてもよい刺激になるでしょう。ボランティアなどに参加して、まったく関わりのない人と話してみるのも、新しい価値観を得られます。人と話すことが苦でなくなるくらいまでになれば、面接官が相手でも以前より緊張しにくくなるでしょう。

⑤面接になれてしまう

緊張は何度も繰り返すことで慣れてくる場合もあります。面接を何度も受け続けることで、少しづつ緊張しなくなっていけるのがベストです。面接に慣れるためには、第一志望以外の企業も積極的に受けてみるとよいです。不採用でも大丈夫と安心できる状況で、面接へを繰り返して少しづつ慣れていきましょう。
練習だと思えば、次第に緊張しにくくなっていきますよ。

緊張してもマイナス印象を与えることはない

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接で緊張しないために、「事前」「当日」「本番」にできる対策を覚えておけば、安心できますね。
しかし、面接で知っておいていただきたいのが、緊張しすぎることが必ずしもマイナス要素にはならないという点です。先にも少し触れましたが、新卒は緊張して当たり前。面接官もその点は配慮してくれています。
大きな失敗さえ克服できれば、面接で緊張しすぎても大丈夫と、気楽に構えていきましょう。

面接は人柄を見るための場と覚えよう

就活における面接は、書類ではわからない就活生の人間性を見るための場とされています。そのため、緊張してしまうのも自分の本質なのだと納得してください。緊張しながらも必死に話そうとする姿は、面接官に悪い印象は与えないはずです。

もちろん、企業研究をして求められる人物像を演じることも、ある程度は必要です。営業職を希望して緊張するのはあまりよくないかもしれませんが、自分という人間の良さを、最大限伝えられるように頑張りましょう。

自分の性格を見つめ直そう

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接が何度も失敗するほど緊張してしまう人は、一度自分を見つめ直す時間を持ちましょう。自分が生まれてから大学に入るまでの流れを整理し、それまでに形成された性格と向かい合ってください。家族や友人に自分の性格について訪ねてみるのも、新たな発見があるでしょう。一人旅に出るのも、知らない土地での自分を再認識できるきっかけになりますよ。

面接のセミナーに参加しよう

一般企業や就職支援サービスが主催している面接セミナーへの参加も、実践的な対策方法です。実際の面接に近い状況を再現し、そこでのやり取りで自信をつけてください。場所によっては面接の内容に対し、フィードバックがもらえる場合もあります。自分がなぜ緊張して失敗するのかを客観的に判断してもらうことで、新しい気づきと出会えるでしょう。
基本的に無料で行われえる場合が多いため、怪しいイベントでないかきちんと詳細を調べてから参加してみてください。
合格を目指すためにも、必要な対策です。

何度も行けばいつかは慣れる

面接で"驚くほどに"緊張しなくなる方法25選

面接を何度も体験していると、ある日突然、緊張しなくなる日がくる人もいます。完全に慣れてしまったのか、非常にリラックスして面接に臨めるようになるのです。慣れるまでにかかる期間は人それぞれで、中には最後まで慣れない人もいるでしょう。だからこそ、紹介してきた対策法を試しつつ、少しずつならしていく必要があるのです。


緊張は事前に防げる!自分に合った対策法で面接を乗り切ろう

面接で極度の緊張をしてしまうと、本来の自分の実力を出すことが難しくなり、とても悔しい思いをする学生さんも多いと思います。面接での緊張を無くすには、自分の体調、緊張の程度に合った対策を見つける必要があります。また、面接準備段階、面談前、面談中でも緊張を和らげる方法は変わってきますので、自分のやりやすいものから試してみましょう。

万が一、症状がひどい場合やその症状の所為でストレスを感じている場合は、お医者さんに相談してみましょう。その後、カウンセリングを受けて、薬物療法や精神療法を利用し治療することが可能です。面接が上手くいかないなどと一人で悩まずに、まずは相談してみることも大切です。


紹介してきた対策を試していくことで、面接に少しずつ慣れていけるかもしれません。何度失敗しても自己否定せずに、新しい対策を試していってくださいね

極度の緊張

【採用基準を丸裸】面接評価シート大公開!!

%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88 %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header3

面接官の視点、持ってますか?

「面接が得意です!いつでも自信満々にできます!」そう心から言える就活生はほとんどいませんよね?就活を行うにあたって、「面接が一番不安」というのは当たり前の話かもしれません。

そんなあなたに面接官が実際に使っている評価シートをプレゼント。
ここでしか手に入らない面接対策があります。

詳細はコチラ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。