2017年07月05日(水) 更新

フリーターも採用したい、企業の採用事情

株式会社リクルートキャリア

実は今、転職市場ではフリーターに追い風が吹いています。 有効求人倍率が2016年1月には1.25倍を記録し、 どの企業も人材を常に欲しがっている状態です。 その結果、若手人材の確保が急務とされ、 第二新卒だけではなくフリーターも貴重な人材として考えられているのです。 リクルートワークス研究所によると 「採用にあたり、未経験者も採用対象とした」とした企業は調査対象の27%に及びました。
※リクルートワークス研究所『人手不足の実態に関するレポート』より (調査時期:14年6月)
この現状を反映し、人材を欲している企業とフリーターを繋ぐ就職支援サービスが、 増えてきています。

なぜフリーターから正社員への就職は大変なのか

一方で、フリーターの期間が長いほど正社員への転職状況が下がってしまうというデータ(厚生労働省・若者雇用関連データ)もあり、フリーターから正社員になることのハードルがより一層高く感じられるのが現状です。
そもそもなぜ、フリーターから正社員になることは難しいのでしょうか。
主に3つの理由があげられます。

スキルや経験が少ない

社会人経験が少ないので、アピールポイントとなり得るスキルを身に着けていない場合がほとんどです。そのため、就職・転職活動において自分をどうアピールすればいいのかわかりづらいのではないでしょうか。

自信が持てない

スキルや社会人経験がないことが、自信の無さに繋がります。自分を過小評価してしまう結果、本当の適性はどこにあるのか、それをどう活かせるのかも把握できず、
魅力を半減させてしまっているかもしれません。就職へと踏み出しにくい状況を、自ら作り出しているのです。

そもそもやる気が出ない

フリーター生活が長いほど、踏み出す足は鈍くなってしまいます。
しかし「もうこのままでいいかな…」「今更就職なんて…」というあきらめは厳禁です。自分の可能性を潰してしまうには早すぎるのです。

フリーターのための就職支援サービス

1人では難しい…。しかし、可能性はある。
だから、あなたがフリーターから正社員になるために重要なのは、「あなたの良さを引き出してくれるパートナー(就職支援会社)選び」です。
フリーターのための就職支援サービスは、まずは応募者の魅力や適性を導きだすことから始まります。その中で、どのような業界で輝けるかを導き出し、企業を紹介します。選考が始まってからも面接対策とフィードバックなどをくり返すので、より満足のいく就職活動が送れます。
また、ひとりひとりの適性にあった企業を紹介するので、非常に効率的で納得感のある、スピーディな就職活動をおこなうことが可能です。

もし、少しでも就職したいと思ったなら

数ある就職支援サービスの中でもおすすめなのが「就職Shop」です。
大手人材会社、株式会社リクルートキャリアが運営しており、これまで87,000人もの方との面談実績があります。大きな特徴は、“書類選考が無い求人のみ”を紹介していること。未経験の方の就職活動の際に大きなネックとなる、履歴書や職務経歴書で企業側が採用することはありません。人物本位の選考をしてもらえる企業の紹介に特化しています。そのため、フリーターでも正社員になれる確率が高まるのです。
就職活動中は、専任のキャリアサポーターがあなたを徹底サポート。企業の基本的な情報はもとより、自分が働く風景が描けるような情報を提供することに力を入れ、職場の雰囲気や企業風土が合う企業を探し、紹介します。

フリーターでも正社員就職の可能性を諦めない

フリーター経験が長くとも、正社員への道が全く無いというわけではありません。
就職支援サービスを利用してみることで、新たな道が開けるのではないでしょうか。

関連コラム