2017年12月07日(木) 更新

出向によって会社と従業員にもたらされるメリット

親会社としてのメリットとは?

大きな会社に勤めていれば異動や転勤は覚悟しなければなりません。中には親会社から子会社への「出向」を命じられることもあります。ある日急に出向を命じられると、どうしても「左遷」というイメージがついてしまいます。親会社にしてみれば、出向により余剰人員を解雇することなく削減できるというメリットがあるからです。しかし「出向」という措置だけに囚われず、条件について良く確認することが大切です。

親会社にとって転籍出向は人件費節約に繋がる

親会社から子会社に出向する際には、「在籍出向」と「転籍出向」という条件があります。在籍出向は、親会社の社員のまま子会社で仕事をするもので、給与は雇用主である親会社が支払います。転籍出向は、そのまま子会社の社員となることで、給与も出向先が支払うことになります。親会社にとっては転籍出向の方が、人件費節約に繋がるのでメリットが大きくなります。

出向先にとっても人員が確保できるメリットがある

親会社から人員削減のために社員が出向させられてくることは、必ずしも受け入れ先である子会社にとってデメリットになるとは限りません。子会社が人出不足の場合、求人をするにしても費用がかかります。折角採用してもすぐに役に立つ人材というのは少ないものです。親会社から少なくとも実務経験が豊富である人材が来ることで、最低限の費用で人出不足を補うことができるというメリットがあるのです。

社員にとって出向先で人脈を広げられるメリットがある

ビジネスにおいて人脈と言うのは非常に重要です。親会社から出向してきた社員が人脈が広い人だった場合、親会社だけではなく関連企業との繋がりを持つことができます。情報を仕入れたり技術に関するサポートを受けることができれば、業績が上がる可能性もあるのです。ベテラン層の出向は、子会社にとってノウハウを受け継ぐことができるというメリットが大きいのです。

出向した本人にとってのメリットとは?

親会社から子会社へ出向させられた本人にとっては、「左遷」という気持ちが強くなりますが、前向きに考えれば解雇されずに済んだということになります。中には出向になった後、自分の元いた部署が閉鎖になってしまい、他の従業員が解雇されてしまったというケースもあります。雇用が確保されたことを考えれば、本人にとってのメリットも大きいと言えます。

出向とは左遷ばかりではなく経験を積ませるという目的もある

出向若い人が親会社から子会社に出向になるとショックを受けるものです。しかし在籍出向の場合、子会社でスキルを磨き、実績を上げさせる目的として行っている会社もあるのです。自分の能力を存分に発揮して、役職付きで親会社に戻れるというメリットがあります。転籍出向の場合でも、そのまま解雇されるよりは転職活動をする間に収入を確保することができます。面接の際には子会社に出向になったことが転職理由になり、今まで努力をしたことで自己PRを有利にできるメリットもあります。

会社にとって出向は人件費節約や社員に経験を積ませられるなどのメリットがある

突然出向を命じられると、そこで自分の人生は行き止まりだと思ってしまう人もいます。しかし親会社で人間関係にストレスを抱えながら働いている人が、子会社に出向した途端活き活きと輝いて仕事をする様になった、というメリットもあるのです。出向は新しい自分のキャリアに挑戦し経験を得るためのスタートだと思いましょう。失うものはないので思い切って仕事ができるというメリットも忘れてはいけません。

関連コラム