2017年07月11日(火) 更新

IT・WEBエンジニア、キャリアアップの3つの秘密、履歴書・経歴書・レジュメの書き方

引く手あまたのIT・WEBエンジニア、流れの速い業界でそのキャリアを成功させていくためには、環境が大切です。
ただ、自分の希望する企業と縁がなかったり、入社してみると想定したような環境ではなかったり、、
そんな経験、エンジニアなら誰でも一度はあるのではないでしょうか。
そんな方のためにIT・WEB業界でのキャリア成功の第一歩、「履歴書・経歴書・レジュメ」による書類選考を突破するための秘密をご紹介します!。

1.専門性の高いIT・WEB人材だからこそ幅広い経験をアピールできる

応募するポストに関連した経験やスキルのアピールは必須です。
もし、応募したいポストについて情報が不足しているなら、遠慮せずに質問してみましょう。
企業側の担当者が想定している人材と、全くことなる経験やスキルをアピールしてしまうと、もしかすると逆効果になってしまうかもしれません。採用担当の企業担当者へ、関連する経験をアピールし、確実に対応可能であることを伝えることが重要です。

2.採用担当者の心配の種「コミュニケーション能力」について言及

企業側の担当者がIT・WEBエンジニアを採用する際、不安を抱きやすいのが「円滑なコミュニケーションがとれるかどうか」です。
専門性の高い職種だからこそ、他職種の人との情報共有が難しい場合もしばしば。
「コミュニケーション能力」や「チームプレー」といわれると抽象的で何を伝えればよいかわからなくなりがちですが、このような観点で考えると伝わりやすくなります。
インプット→要件や要望などを聞く力。不足している点をうまく聞き出したりした経験も伝えられるとより良いですね。
アウトプット→仕事の進捗状況などを相手に伝える力。進捗状況を細かく報告できることや、問題が起きた時の報告によってスムーズに解決へ導けた経験を伝えられるとより良いですね。

3.実は一人で書いていない!?応募のコツ

なかなか転職活動が上手く進まない、、そんなときに頼りになるのがエージェントです。
といっても、一般的な転職エージェントを頼ってもIT・WEB業界特有の専門性について詳しくない場合もあります。
IT・WEB業界に特化したエージェントを利用することで、技術面にも明るいプロのカウンセリングを受けることができ、業界内でのキャリアアップに向けてのアドバイスをしてくれます。もちろん、履歴書・経歴書・レジュメの書き方のサポートもしてもらえます。
求人元の企業についての詳細な情報や、応募にあたってのコツもエージェントから教えてもらい、適切なタイミングで適切なポストへ応募することが、IT・WEBエンジニアとしてIT・WEB業界を生き抜くための秘訣です。

経済的安定・キャリア充実を実現させる最善の方法

つまり、IT・WEBエンジニアとして変化の速い業界の中でキャリアを積み重ねていくための近道は、IT・WEB業界専門の転職エージェントを上手く使って自分自身のアピールポイントを認識し、強みを生かせる環境に身を置くことです。
IT・WEB業界専門の転職エージェントにもいくつかありますが、非公開のものを含む取扱案件数、サポート体制から選ぶなら「レバテックキャリア」がおすすめです。
先ずは、無料登録をしてみてコンサルタントを話してみることが成功への第一歩です。
サービスを利用するかは話を聞いてみてから判断しましょう。

関連コラム