2016年12月09日(金) 更新

顔合わせ後に辞退できる?円滑な派遣仕事の断り方

顔合わせの後も基本的には辞退することは可能

結論からいうと、ほとんどの場合、顔合わせの後に派遣の辞退は可能です。しかし、すでに契約を交わしているケースに関しては、就業不可能な特段の事情がない限り、辞退は難しくなりますので注意しておきましょう。事情がある場合は早めに派遣会社の担当者に相談が必要です。契約前なら誠意が伝わるように丁重に辞退の連絡をして、必要であれば次の派遣先の紹介をお願いしましょう。

顔合わせ直前と入職日が決まってからの辞退はマナー違反

辞退する際にできる限りは派遣先、派遣元ともに迷惑をかけたくはないですよね。そこで、このタイミングで辞退されては困るという場面を紹介します。

・顔合わせの直前(特に当日のキャンセル)
・顔合わせ後、実際に派遣に入る日が決まってきてからの辞退

いずれにしても、派遣元・派遣先も含めて迷惑をかけるので、社会人のマナーとして避けるべきです。

顔合わせ後に派遣会社からの連絡が遅い場合は断る理由になる

顔合わせ後に派遣会社からの連絡が無い場合は、誰でも不安になりますよね。しかし、これは派遣先が採否を迷っている可能性があります。派遣の受け入れ枠以上に希望者がいるのかもしれません。こういった場合は、他社を受けても問題ないでしょう。生活がありますからあまりに選考が長いと、こちらが困りますからね。ただし、そちらで内定をもらったら速やかに断ることが重要です。すぐに連絡をして丁重な断り方で辞退しましょう。このように顔合わせは、通常の面接と同じような側面を持っているのです。

派遣会社の担当者とコミュニケーションをとると円滑な断り方ができる

派遣での労働で重視すべき点に派遣会社の担当者、コーディネーターとのコミュニケーションが挙げられます。できるだけこまめに連絡を取り合い、日頃から情報の共有と信頼関係の構築ができるように心がけましょう。そうすれば、何か不測の事態が起きた場合に相談しやすくなりますまた、希望条件の変更などあれば、あらかじめ伝えておくと、ミスマッチを減らせるため、仮に辞退する場合も、より円滑な断り方ができます。

マナーを守った断り方ができるのが理想

派遣の顔合わせ後に仕事を断る人は少なくありません。実際現場を見ないと判断できないという意見も多くありますし、派遣先の企業側からしても逆に断るケースもあるのです。少なくないパターンとはいっても、断り方にはマナーが必要です。

・なるべく早く断る
・事態の理由は明確にする
・謝罪だけでなくお礼も述べる

これらのマナーはしっかり押さえた断り方をしていくと、次の契約の際も不信感を持たれることはないでしょう。

情報収集は顔合わせの後の辞退を減らす切り札

派遣会社からの事前の情報だけでは情報量が少なく仕事に就くか・断るかの判断が難しい場合は、ネットや人づてで派遣予定の会社情報を集めましょう。そうすると、ミスマッチを減らすのに有効に働きます。その中でも一番お勧めなのが、実際にその会社に派遣された人の話を聞くことです。なかなか資料からは会社の雰囲気などは見えてきません。可能であればぜひ経験者の話を参考にしてください。顔合わせ後に辞退するのは、やはり心労がありますよね。それを避けるためにも、情報収集は欠かせませんよ。

派遣会社との信頼関係が物をいう

派遣会社を通じて仕事をする場合は、担当者との信頼関係が第一です。信頼関係を気づけると、「顔合わせ後にミスマッチが発覚」というパターンは少なくなるでしょう。なるべく、顔合わせ後に辞退するケースをなくすには、派遣会社との信頼関係が不可欠になりますので、意識しておくと良いですね。

派遣での顔合わせ後の辞退も契約前なら可能!タイミングとマナーには十分気をつけよう

例え顔合わせ後でも、契約を交わす前は派遣労働者も派遣先も選考期間だといえます。そのため、断るのもひとつの手段です。しかし、顔合わせの後に辞退する場合はできるだけ早めに決断し伝えましょう。また、派遣会社の担当者とはまめに連絡を取り合うことを忘れてはいけません。不安な点、不明な点などはすぐ相談を、希望条件も事細かに伝えていた方がより条件に合った派遣先を紹介してもらえる可能性が高まります。辞退は最小限に、やむを得ず辞退する時は誠意が伝わる対応を心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム