2016年11月29日(火) 更新

残業代の平均金額は?職種の労働時間での違い

技術系サラリーマンの月の残業代の平均額は約7.7万円

について一般的なサラリーマン達って一体どれぐらい月に残業代をもらっているのでしょうか?それは業種や年齢によっても異なってくるようですが、残業が特に多いという噂のエンジニアの場合ですと平均して月にだいたい7.7万円ぐらいみたいです。でも実際にはそれ以上の残業をしている可能性も高いし、技術職なので時給に換算してみると1時間の残業代も高くなるでしょう。残業代も残業を頑張った分の時間全ての額が支払われているとは限りません。中にはサービス残業も含まれているでしょう。実際に技術系の職業の人達は一般的なサラリーマンよりは年収が高いと噂されていますが、実際には残業が多いのでその分が通常のサラリーマンの平均的な収入を上回る原因になっているようです。特に残業した分の残業代が必ず支払われる場合には、かなりのプラスアルファの収入につながりそうです。

サラリーマンだと30時間未満で3万3000円

20代といった若手サラリーマンの平均的な残業代は、およそ30時間未満で3万3000円前後です。20代のサラリーマンの平均月収は30万円も満たないので、たとえ月に3万3,000円程度でも臨時収入はあった方が良いですよね。残業した分がきちんと残業代として支払われる会社に勤めているサラリーマンは、仕事が終わって予定が入っていない日だったら残業して少しでもお金を稼ぎたいと願っている人も多い事でしょう。残業代や残業時間の支払い方は一応労働基準法で定められていますが、会社によっても大幅にやり方が異なる場合があるので、残業がある会社なのか?残業を月に平均どれぐらいしないといけない会社なのか?といった事は就職する前にきちんと調べておく事が大切です。

アルバイトの残業代は働く時間によって割合が増える

アルバイトの残業代はすごいです。なんと1分を超えても支払われるようになっています。アルバイトは基本的に時間制で働いているので、残業した分は基本的に支払われるようになっています。より正確に残業代を支払ってもらうためには、出来ればタイムカード制の所の方が良いでしょう。アルバイトでも平均時給よりは多く稼ぎたいと思ったら、深夜勤務をすると良いです。夜の22時から朝方の5時までの間は深夜労働とみなされるので、25%以上の割暗視賃金が通常の時給にプラスされます。さらに法廷労働時間を超えて1か月に60」時間以上働いた場合には、25%以上時給がアプします。アルバイトとはいえ、このような割り増し残業に関する知識をきちんと持っておくと、自分がどれだけ働いたらだいたいいくらぐらいもらえるといった事がわかるようになるのです。

公務員の残業代は部署ごとに事前に組まれている

公務員の平均的な残業代はその業種にもよりますが、残業代も部署ごとに事前に組まれているので、実際にはたくさん残業をしたとしても全額支給されない事もあります。公務員の中でも特に残業が多そうなのが、警察の中の刑事課です。刑事課になると、当直、宿直、深夜残業と連続で続く場合もあります。署に寝泊まりする機会が増えるので、自然と残業代も通常の交番勤務の人達よりはアップします。同じ警察でも部署が変わるだけで残業代も極端に変化してくるので、平均額を出そうとしても簡単にはいかないのです。

美容師やエステシャン・ネイリスト・整骨院などは残業時間が多い

その他の残業が多い業種としては、美容師やエステシャン、ネイリスト、整骨院等が挙げられます。こういった接客業の場合にはどうしても接客業なので、お客さんが遅く予約してきた場合にはその施術が終わるまでは帰れない事になります。予約の制限時間が6時までと決まっていたら良いのですが、中には経営のために長く店を開けている所もあります。そうなってくると毎日残業が続いてしまいますよね。美容室やエステサロン、ネイルサロン、整骨院は基本的に休日も少ないので大変ハードの仕事なのです。月の平均残業時間も軽く50時間は超えるようです。残業代がきちんと支払われたら良いのですが、歩合給と一緒になっていて残業代の計算がわかりづらい場合には実際の残業した分よりも少なく支給されているようです。自分が一体月にどれだけ残業して、実際にそれ相当の残業代がきちんと支払われているのか?といった事をきちんと把握しておく事が大切です。

残業代は時給よりも割り増しされて支払われる

残業代は実際の時給よりも割り増しされて支払われる事が多いです。但し勤務時間が昼休みを除いて7時間だった場合には、もしもその後1時間プラスして残業した場合には通常の時給と同じ金額になります。通常ですと労働基準法で残業代は賃金を時給に換算した場合の25%増しとなっています。残業代も法定労働時間内の場合と、それ以降の残業の場合、深夜残業といった風に割り増し率も変化してくるので、残業代の平均時給額を算出するのも難しいのです。

残業代は職種によって平均や超過時間が異なることを知っておこう

サラリーマンの平均的な残業代を算出しようとしてもこのように業種や働き方によって残業時間や割り増し残業代も変化するので、算出しずらいといった事がわかるでしょう。それでも残業代は労働基準法できちんと支払うように定められているので、もしも残業をした場合には、自分でも何時から何時まで残業して実際に給与の中でどれだけ支払われているのか?といった事を把握しておく事は大切です。もしも就職する時には、様々な会社のサラリーマン達の平均的な残業代を分析していきながら、残業代がきちんと支払われる会社を探した方が良いようです。残業に関する知識は、これから長く働く際に大変重要になって来ますのでしっかりマスターしておきましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム