2017年12月01日(金) 更新

上司に嫌われる反抗的な部下の特徴と出世した例

上司に嫌われてしまう反抗的な部下の態度とは?

上司に反抗するということは、必ずしもダメな行動というわけではありません。もしその反抗に筋が通っているなら、上司が受け入れてくれることもあるでしょう。しかし、理不尽かつ無礼なだけの反抗はやはりNGです。

酷すぎる場合は解雇の対象になってしまうこともあります。ここでは上司に嫌われる、反抗的な部下の態度がどんな行動を指すのか見ていきましょう。

上司を馬鹿にしたような行動

上司が仕事を頼んだ時に「自分でやればいいじゃないですか」「この仕事をする必要性が分からない」という態度をとる反抗的な部下がいるようです。
また、「あなたに能力はあるんですか?」「年寄りの言う事は聞きたくない」という、有りえない態度をとる部下も。

職場の士気を乱す行動

基本的に素直にいう事を聞く部下でも、時として自分の立場をわきまえず反抗の態度を見せる場合もあります。同僚へのけんか腰の態度や、職場秩序を乱すような言動は士気の低下を生みます。また、自分の立場を理解せず、口だけ大きなことを言うような態度の部下も上司に嫌われる要因です。

見た目にこだわり過ぎる部下

採用が決まったとたんに茶髪にしたり、時間が空くたびに鏡を見たりするなど、見た目にこだわり過ぎているのも上司にとっては困りもの。見た目の清潔感はビジネスで大切ですが、あまりにオシャレを意識し過ぎた態度だと、顧客に対して不信感をもたせるので自分の部下にはしてほしくないと嫌われるそうです。

上司に対して反抗的な部下はどう見られるか

一般的に、上司に反抗する社員は、上司にどう見られているのでしょうか。正しいことで、上司に意見するならまだしも、反抗的な態度をとってしまうのは良くありませんよね。

反抗的な部下は扱いにくい面倒な存在

上司に対して反抗的な部下というのは、上司にとって扱いにくく面倒な存在です。一昔前だと叱咤激励と捉えられていた言葉も、部下によっては馬鹿にされたと受け取って、反抗の対象になる恐れがあります。

少し厳しく言われたからといって、毎回反抗しているような態度の部下は、生意気で幼稚だと受け取られ、真の言葉の意味を理解しない、扱いにくい面倒な存在だと思われてしまうようです。

反応的な部下は出世できない?

会社では、反抗的な部下が昇進できるのは、ごくまれ。しかし、わずかですが、反抗することで上司との関係を見直せた、出世につながったというパターンもあります。

反抗的な部下の態度は上司に嫌われるが、稀に出世する人も

反抗的な部下の態度は、当然といえば当然ですが、上司には嫌われることが多いもの。それを見ている周囲の人からの評判も悪くなります。まずは冷静に話し合うようにしましょう。

稀に上司へ反抗したことで関係が良くなったり、出世へつながる人もいますが、一般的ではありません。暴言や横柄な態度は取らず、上司を立てて円滑な職場環境で働くことをめざしましょう。

あわせて読みたい

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム