2016年11月29日(火) 更新

英語のメールでお土産をもらったお礼を伝える方法

お礼メールには「心遣い」に対する感謝を述べる

お土産として品物をいただくことはもちろん嬉しいですが、相手がわざわざ自分のためにお土産を選んでくれた、という「心遣い」に感謝することが大切です。特に、英語圏の方が渡してくれたものです。お礼のメールを送る場合にも、その「心遣い」について感謝を述べましょう。そのためにも、英語で失礼のないようなメールを送れるように、この記事を参考にしてみてください。

英語でお礼を言うには例文が役に立つ

実際の例文をいくつか紹介していきます。参考にしましょう。
◆フランスからのお土産をくださり、ありがとうございました。
Thank you very much for souvenir from France.
◆お心遣い、とても嬉しく思います。
I am delighted by your consideration.
hank you for your good thoughts.
◆ご親切なお心遣いに本当に痛み入ります。
I deeply appreciate your kindness.

シンプルな英語のメールは相手に伝わりやすい

心遣いに感謝を述べたあとは、いただいた品物についてのお礼を英語で書きます。品物について、英語で具体的な感想を添えてみると良いでしょう。誰でも具体的な感想をもらうと嬉しいものです。英語で表現するのは難しいように感じても、考えすぎずシンプルな英語でも気持ちは伝わります。次の項目で例文を紹介していくので、参考にしてみてください。

品物についての感想を英語で伝えよう

◆故郷から帰省した人に名産品をお土産でもらったときのお礼の言葉
・アメリカならではの銘菓をくださいまして、ありがとうございます。
Thank you for America as famous confections.
・フランス限定のマカロンが食べられて嬉しかったです。
I've been happy since I ate macarons limited in France.
◆旅行先での限定品や人気商品をお土産でもらったときのお礼の言葉
・人気ホテルのチョコレートだと伺いました。素敵ななお土産を選んでくださってありがとうございます。
I heared chocolates are at famous hotel.
Thank you very much for nice souvenirs.
「数量限定のお菓子なので、食べるのが楽しみです」
I'm lookinf foward to eat limited in quantity sweets.
この例のほかにも、いただいた品物に注目した言葉を述べるといいでしょう。

お礼メールは立場を踏まえた書き方をしよう

お土産へのお礼メールでは、お土産をいただいたときにどこに着目して感謝と感想を伝えるかについて説明しました。では、紹介したことを踏まえて、どのようなお礼メールを送ると良いのかを例文を踏まえてみていきましょう。説明を加えていくので、どのようにアレンジしたらいいかも分かると思います。自分の立場に置き換えてお礼のメールが作れるといいですね。

英語で書くお礼メールの例文【仕事でフランスの人からお土産をもらった場合】

件名:Thank you very much for the gifts today.今日はお土産をくださりありがとうございました。
※件名は見てすぐに分かるものにしましょう。
Dear Mr.Adolphe,親愛なるアドルフ様へ、
※何度か会っていたり、仲が良い場合には敬称(Mr./Ms.)はなくても大丈夫です。
I am very grateful to you.お世話になっております
Thank you very much for the gifts today.今日はお土産をくださりありがとうございました。
We ate that with gusto with everyone right away早速、みんなで美味しくいただきました。
※お土産の感想を入れることで相手に対する心遣いや感謝を表現することができます。
Thank you again for it and your good thoughts.
お土産やお気遣いに、重ねて感謝いたします。
Best regards, Thanks,
Suzuko Kaneda
Suzuko Kaneda
suzuko-kaneda@***.jp(署名)

シンプルな英語でお礼メールを送ることでお土産をくれた相手の心遣いへの感謝を述べられる

英語でのお礼メールのポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか?外国圏の方からお土産をいただいた際に、どのようなお礼のメールを送ったらいいのだろうと悩むかもしれません。難しく考えず、シンプルな英語でも気持ちは伝わります。失礼のない表現であれば問題ありません。ぜひこちらを参考に書いてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム