2016年12月06日(火) 更新

先生へのお礼メールを送る際の注意点

先生にお礼のメールを送る機会とは

Notepad 691250 640

ビジネス上で先生にお礼のメールを送る機会は大学の教授などが相手である場合が多いのではないでしょうか。仕事上で先生にお礼のメールを送るのは研修や研究、採用のつながりなどで協力をしてもらう場合などが考えられますね。特に大学の先生などは人の紹介など今後の繋がり考えると好印象を与えておきたい人物なのではないでしょうか。

先生に次もお願いしたいときに送る

先生にお礼のメールをする際には失礼のないように丁寧な言葉づかいをするのが大切です。先生なので誤字や言葉の言い回しには厳しい場合もありますので絶対間違いはしないように何度も見直しましょう。また、今後のお付き合いに繋がるような好印象を与えるということを意識することが大切です。内容的には今回お世話になったお礼に加えて、先生だからこそ効果を得ることができたので次回もぜひお願いしたいという内容も書いておきましょう。先生も好感触を得ることになり、また機会があれば協力したいという気持ちになるのではないでしょうか。

先生にお礼のメールを送る際は誰からなのかを明確にする

先生はいろんな人からお礼や問い合わせ、質問などのメールをもらっています。先生によっては一日何十件もメールをもらっているのでその一つ一つを見るのにそんな時間をかけられません。また、年配の方も多いためにメールの扱い方が得意ではない先生もたくさんいます。そんな中でもまずは誰からのメールなのかを明確にするという意識を持ちましょう。特に大学の先生などは企業から営業まがいのメールを送られることもありますのでお礼のメールだということがわかるようにしないといけませんね。

会社名と用件をお礼メールの件名に書く

先生へのお礼のメールをきちんと読んでもらうためには初めにどこの会社の誰なのかを明記しましょう。そしていつの、何の件で、お世話になった誰なのか、を明確にわかる内容にして下さい。他の会社の営業などの人と差別化を図るということを意識して下さい。可能であれば件名に「〇〇のお礼の件 〇〇㈱名前」というように明記できると用件がわかってよいですね。

先生にお礼のメールを送る際はタイミングに気を付ける

先生にお礼のメールを送る際にはタイミングも必要になってきます。先生はいろんな案件を抱えていることも多いですし、生徒や学会からのメールもたくさん来ている可能性が高いです。適切なタイミングで送らなければ、せっかくお礼のメールを送ってもきちんと読んでもらえない可能性もあるのです。先生はとても忙しい人だということを肝に銘じておくようにしましょう。

お礼メールはその日の夜か次の日の午前中が好ましい

先生にお礼のメールを送るのはできるだけ早い方が良いでしょう。実際に何らかの協力をしてもらったその日の夜か遅くとも次の日の午前中にはお礼のメールを送っておくと印象がよいです。あまり間が空きすぎると「今更」と思われる可能性もありますし、何の件だったのかをすぐに思い出してもらえない可能性もあります。先生にお礼のメールを送るのはできるだけ早めを意識しましょう。

先生へのお礼メールは件名と送るタイミングに気をつけよう

先生にお礼のメールを送る際には次の機会に繋がることを意識して送るようにしましょう。何の用件で関わった誰なのかを明確にわかるような内容にして、送るタイミングはできるだけ早めを心がけましょう。先生に適切なお礼のメールを送れることもビジネス上大切なスキルとなることを意識し、一つ一つを丁寧に対応することを心がけましょう。

人気のコラム