2016年12月09日(金) 更新

お土産をもらった際にお礼を伝える方法

お土産のお礼を伝える方法①【社外】

取引先などからお土産をもらった場合には、今後の仕事上の付き合いもあるのでぜひお礼をした方が良いですね。しかし、伝える方法はどうすればよいのでしょうか?遠方の相手であればお礼状を送るのも丁寧ですし、素早いタイミングが良ければメールも良いでしょう。取引先などの社外の相手から丁寧にお土産をもらった場合にはそれなりにお礼を伝える方が良いということを覚えておきましょう。

はがきかメールでお礼状を出す

お土産のお礼を伝える際にはまずは、来社してくれた旨とお土産を頂いたことに対してお礼を伝えるようにしましょう。その次に「社内でおいしくいただきました」と告げて更に「お心遣いに感謝しております」と更にお礼を述べましょう。そして「メールにて(はがきの場合は『書中にて』)恐縮でございますが、取り急ぎお礼申し上げます」と締めて伝えるより丁寧な印象を与えます。

お土産のお礼を伝える方法②【社内】

旅行などに行った社内の人間からお土産をもらう機会はどの職場でも珍しいことではありません。箱入りのお菓子のお土産で一人一つずつということであればその場でお礼伝えるだけで十分ではないでしょうか。しかし、上司から高価すぎるお土産をもらったときはお礼を伝える方法としてお返しの品もした方がよいのか、悩んでしまうところです。

高価すぎるお土産はお返しを用意する

上司から高価すぎるお土産をもらった場合にはきちんとお礼を伝えるようにしましょう。「ありがとうございます」以外にも、旅行のお土産なのであれば旅行に対して土産話を聞いてあげるといよいですね。値段にもよりますが、高価すぎる場合には半額程度の値段の実用性の高い品物やお菓子などをお礼としてあげるのもよいです。他にも自分がどこか旅行に行った時に少し高級なお土産を買ってくるという方法もあります。値段と上司との関係にもよりますが、高級すぎる場合には何らかのお返しの品を用意してお礼を伝えるのも良いのではないでしょうか。

直接お礼を伝える際の言葉とは?

お土産は直接手渡しでもらうことが多いものですが、その時に「ありがとうございます」だけでは何だか寂しい気もしますね。お土産を手渡しでもらった際のその場のお礼の言葉のバリエーションについてご紹介していきましょう。素敵なお礼の言葉を見つけてお土産を用意してくれた人への印象をよくしましょう。お礼の言葉一つでも相手からの印象は大きく変わる場合があります。

お土産をほめる言葉を使うと好印象

お土産をもらってお礼を伝える時にはそのお土産をほめる言葉を使うと印象が良いです。「いつもセンスのいい贈り物ありがとうございます」や「ちょうど前から欲しいと思っていたものでした」と告げると相手は喜ぶのではないでしょうか。他にも「大切に使わせていただきます」とか「なかなか手に入らないのでとてもうれしい」といった内容でも送り主はお土産を買って来たかいがあると思うのではないでしょうか。

お土産をもらった際のお礼は相手に合わせた丁寧な言葉で伝える方法を取ろう

お土産を頂いた際にはそれが社外の人なのであればはがきやメールで丁寧にお礼を伝えるようにしましょう。社内の人であってもそれが高額すぎる場合には何らかのお礼の品を用意して方が良いですね。お土産をその場で手渡してもらった際にはお礼の言葉を工夫すると、相手からの好感度を上げるきっかけにもなります。お土産に対するお礼の仕方でも常識的な対応を心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム