仕事が辛いと感じる職種別の理由と辛い時の対処法5選

更新 / 14765 view

仕事は辛いもの。作業量の多さや連日の残業、人間関係など沢山の問題を抱えている人も多いでしょう。でも、毎日通う職場での仕事が辛いと嫌ですよね。今回紹介する対処法を見て、感じ方を変えていただけるなら幸いです。

仕事が辛いと感じる理由は人それぞれ

あ

人は生きるために働いているのに、それが辛いと感じるときがあります。仕事が辛いと感じる理由は千差万別。まずは一般的な労働者が辛いと感じている内容を知り、最適な対処法を考えていきましょう。

あ
独自調査による

理由1:仕事量が多い

仕事が辛い理由として、一番多いのが仕事量の多さではないでしょうか?いくら片づけても、次から次へと新しい業務が舞い込んでくるなど、仕事を抱えすぎて首が回らなくなっている人も多いはずです。情報化の進んだ現代社会では、深刻な問題といえます。

理由2:人間関係がうまくいかない

職場の人間関係も、間接的に仕事が辛いと感じる理由になります。社内の人間関係の構築に失敗した場合、必要な情報が与えられなかったり、仲間はずれにされたりと、出勤するのが辛くなってしまうでしょう。

理由3:上司から理不尽に怒られる

あ

仕事には失敗がつきもの。失敗した経験を活かし、次の成功に繋げられるのです。しかし、上司から必要以上に罵倒されるようなことが続けば、仕事が辛いと感じるようになるでしょう。
きちんと要点を絞って問題解決のために叱ってくれる上司ならよいのですが、感情の赴くままに、理不尽な怒り方をしてくる上司の下で仕事をするのは辛いですよね。

▼関連記事
理不尽な仕事への対処法

理由4:労働時間が長い

仕事が終わらず連日残業をしていると、次第に仕事が辛く感じてしまいがちです。毎日遅くまで会社に残って働き、終電で買える日々を繰り返していては、次第に疲れてマイナス思考のループに陥り、仕事を辞めたいと考えるようになってしまいます。

▼関連記事
残業せず定時帰宅の習慣

理由5:給料が少ない

せっかく頑張って働いているのに、貰える給料が少なければがっかりしますよね。仕事は努力だけが評価されるものではりませんが、働きに見合わない給料しか貰えなかった場合、急に仕事が辛く感じるようになってしまうでしょう。生活にも直結する、重要な理由です。

会社員の仕事が辛い理由6選【職種別】

あ

個人で感じる仕事の辛さの次は、職種別に見た場合に仕事が辛いと感じる理由を見ていきましょう。一言に職種といっても大量にあるため、今回は「営業職」、「事務職」、「サービス業」、「工場勤務」、「システムエンジニア」、「クリエイティブ職」の6つの職種から紹介します。

理由6:営業職/ノルマが辛い

営業職は外部から仕事の案件を取ってくるなど、会社の売上に直結する華やかなイメージのある職種です。しかし、現実はノルマの達成に追われる日々。売上目標を達成できなければ、上司からの叱咤激励が待っています。営業職としての仕事の辛さを5つにまとめましたので、ご覧ください。

営業職が辛いと感じる内容5選

◆与えられたノルマを達成できないと責められる
◆飛び込み営業がある
◆取引先との飲み会などで不健康に
◆自分が持ち込んだ案件が社内で問題になる
◆各部署との連携に気を使う



理由7:事務職/ルーチンワーク

続いては、事務職の仕事で辛いと感じる点を見ていきましょう。デスクワークで地味な印象を受ける営業職は、実際も椅子に座ってPCの画面と睨めっこ。ルーチンワークをこなし、規則正しい時間の流れで作業を行います。
男女ともに人気の高い仕事ですが、辛いと感じる点はもちろんあります。以下の5つから、知られざる事務職の辛さが分かります。

事務職が辛いと感じる内容5選

◆ルーチンワークなので同じ仕事の繰り返しに
◆PCのモニタの見過ぎで目が悪くなる
◆座りっぱなしで腰が悪くなる
◆細かい計算が多い
◆評価に繋がりにくい



理由8:サービス業/クレーム対応

顧客との直接の窓口になることの多いサービス業。笑顔が素敵な人の多い職業ながらも、その心は疲れている場合が多いです。何かにつけて過剰なサービスが求められる日本では、顧客からのクレーム対応も大変!身も心もボロボロになって辛いと感じるようになってしまいます。

▼関連記事
理想の働き方?常識に縛られない仕事

サービス業が辛いと感じる内容5選

◆顧客からのクレーム対応がきつい
◆立ち仕事の場合は足腰に負担がかかる
◆シフト制のため休日が少なく不規則
◆特定のスキルが身に付きにくい
◆介護などの業務は力仕事になる



理由9:工場勤務/単純作業が苦しくなる

工場勤務は勤務先によって違いはあるものの、基本的には単純作業の繰り返しです。
毎日同じ作業を繰り返すため、時間の感覚が無くなってしまい、「もう1時間経った頃かな?」と時計を見ると、まだ10分しか経過していなかったなんてことも。製造業の感じている仕事の辛さを確認してください。

工場勤務が辛いと感じる内容5選

◆同じ作業の繰り返しになる
◆時間の経過が遅く感じる
◆重労働の場合は身体を壊しやすい
◆トラブルで命にかかる事故に
◆3交代制の勤務がある



理由10:システムエンジニア/仕事に終わりがない

システムエンジニアは長時間労働をしているイメージを持たれがちです。実際は職場によって残業時間や待遇はピンキリと言われています。常に液晶画面と向き合い、納期へ向けてPCのキーボードを打ち続ける仕事に、大変なストレスを溜め込んでしまう人も多いです。

システムエンジニアが辛いと感じる内容5選

◆仕事に終わりが見えない
◆PCとの睨めっこで精神的に苦痛を感じる
◆労働環境的にストレスの発散がしにくい
◆納期前は泊まり込みの作業も
◆常にスキルの向上を向上させる必要がある



理由11:クリエイティブ職/納期との戦い

芸術的な仕事と思われがちなクリエイティブ職。実際は、納期に追われ、クライアントの意向に合わせたデザインやライティングが求められる仕事です。自分の作家性を持ち込む隙もなく、常に締め切りと戦っています。仕事内容はハードなため、辛いと感じる瞬間も多くなってしまうのです。

クリエイティブ職が辛いと感じる内容5選

◆受注から納期までのスパンが短い
◆同時に複数の案件を抱えがち
◆クライアントの意見に左右されがち
◆締め切り前は徹夜も
◆残業や休日出勤が多め



公務員の仕事が辛いと感じる理由3選

あ

苦労の多い会社員の次は、公務員が仕事で辛いと感じる理由を見ていきましょう。給料が高く、雇用も安定していると羨ましがられる公務員の、知られざる仕事の裏側を紹介します。

理由12:意外と残業が多い

一般的に公務員といえば、仕事が終わると定時で帰宅する、残業とは無縁の存在だと思われています。しかし、現実はかなり残業が多いのです。公務員といっても、国家公務員と地方公務員の2つに分かれており、東京の霞が関などに勤務する国家公務員は、連日深夜まで働いています。

地方公務員も役所の勤務だけでなく、警察官や消防士、学校の教員も含まれており、職種によっては残業が多くなくなりがちです。


理由13:若いうちは給与が低い

あ

世間が公務員に抱くイメージの1つである、高給。しかし、現実は少し違っています。公務員は初任給が非常に低く、昇給によって給与が上がっていく仕組みです。最終学歴や勤務先の自治体によっても、給与額に差があります。

理由14:「公務員はズルい」と言われる

「公務員はズルい!」直接的でなくてもこう言われることが多いです。その理由は給与面だけでなく、雇用の安定性にあります。公務員には基本的に解雇がないため、一度採用されれば定年まで安心して働けるためです。

景気や売上高の影響を受けやすい会社員にとって、この辺がズルいと感じる原因になります。世間的な見られ方が厳しい点も、公務員の仕事の辛さといえるでしょう。

フリーランスの働き方が辛い感じる理由3選

あ

会社員、公務員の次は、組織に属さずに1人で働くフリーランスの仕事を紹介します。
フリーランスといえば、実力だけで食べていける、すごくカッコイイイメージがわきますよね?しかし、現実は中々に厳しいものがあります。好きで始めたはずの仕事が辛くなることばかりなのです。

理由15:収入が安定しない

フリーランスの仕事を続ける上で、一番辛いといってよいのが収入の不安定さ。組織から毎月決まった給与が貰える会社員や公務員とは異なり、仕事をすべて自分で見つけてこなくてはなりません。そのため、仕事がない月は無収入になってしまう場合も。
ちょっとした飲み会に参加するのも躊躇するようになってしまいます。自由に使える金額や、お金の価値も変わってきてしまうからです。

理由16:納期に追われる日々 

あ

フリーランスは特定の企業などから仕事を請け負うケースがほとんどです。仕事には必ず納期が定められており、必然的に仕事に追われる毎日になりがちです。仕事の多さ=収入の多さに繋がるため、仕事を掛け持ちすることが多く、常に納期との戦いが続きます。

理由17:仕事を増やせば休みがなくなる

前述のとおり、フリーランスは仕事さえこなせば収入を増やし続けることが可能です。そのため仕事を増やしすぎて、収集が付かなくなりがちに。一日中仕事をしている状態になり、休みもなくなります。良くも悪くも、仕事人間になってしまうのです。
健康保険や国民年金など、社会保障も自分で納める必要があるなど、会社員や公務員とは異なるフリーランスならではの辛さがあります。

毎日の仕事が辛いと体調を崩す恐れも

あ

仕事が辛いと感じる理由をいくつかの項目ごとに紹介してきました。上記の内容に共感を得た部分も多いのではないでしょうか?
仕事が辛いと感じることは、当たり前なのです。しかし、辛いからといってそのままにして、働きつづけると体調を崩しかねません。

辛い日々が続くと身体を壊しやすい

仕事で辛い日々を送っていると、身体を崩す原因になります。自分の気づかないところで疲れが蓄積していき、ある日突然倒れてしまうということも。辛いと思う気持ちは身体と心の危険信号。少しでも体調がおかしいと気づいたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

思わぬケガや病気の原因にも

あ

辛い仕事が続くと体力が減っていき、思考力も低下してしまいます。屋外で仕事をしている場合は、思わぬ事故に繋がる恐れもあるのです。工場勤務の場合は、機械のトラブルに巻き込まれるなど、命に関わります。営業職でも運転中に意識を失うなど、重大な事故を引き起こしかねません。不規則な生活が原因で重大な病気が進行している可能性も。

ストレスがもとでうつ病に

仕事内容が辛いと感じているのは、自分が望まないことをしている証拠。ストレスを溜め続けると、うつ病を患ってしまう恐れがあります。うつ病になりやすい人は、真面目で責任感の強い人が多く、男性よりも女性の方がなりやすいとされています。他にもストレスによって自律神経のバランスが壊れておこる頭痛や吐き気、めまいなどの症状もあります。
もし、気分がすぐれない日が続き、体調不良が治らなければ、すぐに心療内科を受診するようにしましょう。

▼関連記事
仕事のうつ病からの復帰法

仕事ができないことが辛いなら理由を明確に

あ

仕事の辛さは人それぞれですが、共通するのは思い通りに働けないイライラや不安感でしょう。自分の担当している仕事がうまくできないなら、その理由を明確にしなければなりません。たとえ生活のためとはいえ、辛い日々を過ごしていては、いつか病気になってしまいますよ。

できないなら仕事内容を変えてもらう

仕事がうまくできないのは、自分に適性がない可能性があります。計算が苦手な人が予算管理を任されても、うまくはこなせませんからね。そんなときは、上司に相談して業務内容を変えてもらうとよいでしょう。自分がやりたい仕事でなくても、きちんとこなせる仕事ができれば、辛いという気持ちは薄らいでいきますよ。

新人なら仕事ができなくて辛いのは当たり前

あ

入社したての新人の場合は、あまり悩まなくてもいいかもしれません。誰でも最初から仕事ができないのは当たり前だからです。周囲から怒られたとしても、自分を責めすぎないようにしてください。勤務年数が増えるにつれ、自然と仕事を覚えられるものですよ。

精神的に辛い時は休暇を貰う

あ

仕事のストレスから精神的な辛さがピークに達したときは、無理をして働くべきではありません。周囲に相談して休みをもらうようにしましょう。繁忙期などを除けば有休を申請できるはずですよ。疲れた時こそ身体と脳を休めましょう。

仕事場での人間関係が辛いなら異動を申請

出勤するのが辛い理由が仕事だけではなく人間関係にもあるとしたら、部署を変える方法があります。部署異動の申請を出してみてください。すぐに受理されるかどうかはタイミング次第ですが、環境を変えることで辛い気持ちから一転、楽しく働けるようになる場合もありますよ。

仕事を辞めたいと思ったときの対処法9選

あ

仕事が辛いと感じても、日常の忙しさから放置したままの人がほとんどではないでしょうか。仕事が忙しく、休みがない状態でも、辛いと感じたときにすぐできる対処法を紹介します。怪我や病気の原因にしないためにも、辛い気持ちをなくしていきましょう。

あ

①今の仕事がすべてではないと知ろう

目の前の仕事が辛すぎて何も考えられなくなったとき、それだけがすべてではないと考えてみてください。人は追いつめられると視野が狭くなり、一番重要な物事が世界のすべてのように感じてしまうものです。

それはちっぽけな考え方であると知り、仕事から離れて別の世界を見るという選択肢があることを知りましょう。

②適度に肩の力を抜いてみる

真面目な人ほど、仕事に全力投球しがちです。辛いと感じていても手を抜けない人にこそ、微妙に肩の力を抜いて見る方法をオススメします。忙しい中でがむしゃらにやってきた仕事を、少し引いた目線で分析してみましょう。いままで力を入れすぎていた場所が見つかれば、少し力を抑えて仕事をするだけでOKです。
「手を抜く」のではなく、「肩の力を抜く」。この違いを理解できれば、仕事が辛いと感じる瞬間も減らせるでしょう。

③友人や家族に相談してみる

あ

仕事に疲れてしまったときは、一度目線を社外に移してみましょう。職場の中では辛いと思えた内容も、外に出てみれば案外大したことがなかったということはよくあります。
信頼できる友人や家族に相談してみるのもよいでしょう。外部の人からの助言により、自分でも気づかなかった新しい発見があるかもしれませんよ。

④経験値を溜めてレベルアップしていると思う

自分がしている仕事が本当にやりたかったこと、将来的に目指したい分野に必要なものだった場合、自分の経験値にするために働くという考え方もあります。嫌々やっていた仕事も、自分の将来の役に立つと考えれば、投資という見方ができるのです。レベル上げのためにコツコツと頑張りましょう!

⑤生活のためだと割り切る

あ

人間は働かなくては生きてはいけません。辛い仕事も、生活のためだと完全に割り切ってしまうのも、シンプルな対処法の1つです。辛い仕事も生活費のため、趣味のため、家のローンのためと割り切り、無心になって働くのです。仕事は辛いもの、理不尽なものと割り切れる人ならば、実現可能な対処法になります。

⑥辛い中にも楽しいことを見つけよう

どんなに辛い仕事だとしても、その中に僅かな楽しみを見出すのも、立派な対処法です。営業で苦しんでいる人は、出先で何か良い出会いを見つけたり、いつもと違うルートで取引先に向かってみるなど、少しでも楽しみを見つけてみましょう。いつもと目線を変えるだけでも、違ったものが見えてきます。
先月の売上を超える、誰よりも早く作業を終わらせるなど、仕事における自分だけの楽しみを見つけてください。

▼関連記事
通勤時間の有意義な過ごし方

⑦プライベートを充実させる

あ

仕事だけに没頭し過ぎるとストレスを貯めてしまう原因になります。そこで、仕事外の時間を有効活用してみてください。
何か打ち込める趣味があるならば、それに没頭してみましょう。時間を忘れて何かに励むことは、ストレス発散にも非常に効果的ですからね。趣味でお金を使い過ぎてしまえば、お金のために働く理由も生まれます。趣味と仕事のサイクルをうまく回していってください。

▼関連記事
社会人におすすめの趣味4選

⑧貯金を増やしてみる

働く目的の一つとして、貯金に精を出すのも効果的です。通帳の残高が増えていくのは見ているだけで楽しく、老後の生活や何かあったときの保険としても有効です。
「お金が一定額までたまったら辞めてやる!」くらいの根性で働いてみるのもよいかもしれませんね。

⑨同僚とのつながりを大切にする

あ

職場で毎日顔を合わせる同僚も、仕事の辛さを分かち合える存在です。同僚とのつながりを大切にし、ともに苦難をのり越えてきましょう。共通の上司への不満も、仲間内で愚痴りあうだけでスッとするもの。

それが同じ日に入社した同期ともなると、より大切な存在といえるでしょう。とはいえ、同僚もいつかはいなくなってしまいます。思い入れが強すぎると尾を引いてしまい、仕事が辛くなる原因になってしまうため、適度な距離感を保てるとよいでしょう。

本当に辛い時は転職も視野に入れよう

あ

仕事で辛いと感じたときの対処法として紹介した内容を試しても、気持ちが晴れなかった場合は、思い切って転職も視野にいれてみるのがよいでしょう。辛い原因の根本である、職場や仕事内容を根本的に変える必要があるためです。

同じ職場で辛いまま働き続ける必要はない

昔ながらの年功序列制度が崩壊し、転職をすることが当たり前の時代になりました。1つの会社で働き続けるという考え方に縛られる必要もなくなってきているのです。仕事が辛いと感じる原因が、その職場の仕事内容や人間関係にあるのなら、思い切って環境を変えてみましょう。辛いと感じたまま働き続けても、なにも良いことがないからです。

転職エージェントを利用して自分に合った環境へ

あ

環境を変えるには転職が最も簡単であり、確実な方法です。とはいえ、転職には大きなリスクが伴うのも事実。会社を退職したものの、次の仕事が見つからずに生活が苦しくなるパターンに陥る可能性もあるからです。

転職に失敗しないためにも、転職サイトへ登録してみましょう。転職エージェントしか知らない企業の内情なども聞ける場合もあり、事前に雰囲気を知れる機会に恵まれるかもしれません。仕事がつらいなら無理のない範囲で新天地を目指してみましょう。

仕事が辛い理由は内容や職種による点が大きい!問題を明確にして環境を変えるのも対処法の1つ

仕事が辛いと感じる理由は人それぞれであり、職種や仕事内容によってもさまざまです。共通して言えるのは、辛いと感じたまま仕事を続けるのは絶対によくないということ。苦痛に感じている原因を解決するか、取り除くかをしないと、怪我や病気の原因になってしまいます。

仕事の辛さを解消するための対処法として、肩の力を抜いたり、自分のためだと割り切ったりする方法がオススメです。家族や友人など、信頼のできる人に相談してみるのも、不安の解消に繋がります。それでも辛さが和らがなかった場合は転職など、環境を変えるという手段も考えてみてください。

合わせて読みたい!

転職エージェント10社を徹底比較
既卒・第二新卒転職向け5つの転職AG
女性が使うべき転職サービス4選
"年収・適性診断ツール"のまとめ

【いますぐできる】自己PRジェネレーター

%e8%87%aa%e5%b7%b1pr %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header

あなたの自己PRは自己満足になってませんか?

一生懸命考えたのに、自己PRが面接官に響いてない。それは内容よりも、伝え方の問題かも。
穴埋め形式で文章力や論理力を完全カバー!

効率的に自己PRを済ませたいなら!

詳細はコチラ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。