【1年分の勉強効果を1ヶ月で習得】独自のメソッドで学ぶ中国語

更新 / 2282 view

PR企画
a

近年、中国経済はどんどん勢いを増し、2015年にはドイツを抜いて初めて世界最大の貿易黒字国に躍り出ました。また毎年のように耳にする「爆買い」など、中国の持つ市場価値は高まる一方です。
将来のキャリアプランを見据えれば中国語はぜひともおさえておきたいところですが、どうやって勉強すればいいのかわからないという方も多いと思います。そこで一般的に半年から1年かけて勉強する内容を、わずか1ヶ月で身に付けられるプレゼンスをご紹介します。

英語学習で培ったノウハウを利用した独自の学習メソッド

a

プレゼンスは元々TOEIC対策など、英語学習において高い実績を残してきました。この英語学習で長年培ってきたノウハウを元にした独自の学習メソッドで、効率よく中国語を習得することが可能です。

短期間で飛躍的に実力アップ

プレゼンスの中国語学習は、他のスクールでは6~12ヶ月かけて達するレベルに、わずか1ヶ月で到達できます。授業に加えて課題、確認テストで一気に実力を養成します。

日本人講師によるきめ細かい指導

外国語のスクールではその言語を母国語とするネイティブの講師が多く見られます。しかし義務教育で積み上げのない中国語では、しっかりとした基礎の習得が不可欠です。
プレゼンスの講師は全員中国語の学習経験がある日本人のため、勉強する上でのコツを理解しています。また、日本人がつまずきやすいポイントも身をもって実感しているので、丁寧に指導し、理解を促します。

92.4%という高い満足度

受講生の実に92.4%が、実力がついたと実感されています。1ヶ月という短期間での高い学習効果は、この数字が証明しています。

三菱商事やANA、伊藤忠商事でも重要視される中国語

大手総合商社の三菱商事は、2012年度の全新入社員に対し1年間の中国語研修を義務付けました。ANAも中国語能力の向上の為に、HSK(中国政府公認の語学検定試験)を導入しています。
また伊藤忠商事では2018年3月末までに、全社員4分の1にあたる1,000人を中国語が話せるようにします。年間数億円の費用を投じて社員教育を行うなど、中国市場への注力ぶりがうかがえます。
他にも中国の大学へ社費留学制度を導入する企業も出てくるなど、ますます中国語の需要が増えています。今後も中国語が出来る人材の需要は高まっていくと考えられ、就職や昇進に大いに役立つといえるでしょう。

無料説明会

a

無料説明会エントリーはこちら

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。