2016年11月29日(火) 更新

どうしても仕事が「きつい」と感じる7つの理由

仕事がきつい理由①:肉体的重労働

仕事がきつい理由として真っ先に挙げられるのは、業務内容が肉体的な重労働であることです。重い荷物を運ばなければならない、長時間動き続ける必要がある、天候の影響を受ける屋外での作業であるなどの仕事は、身体的にきついです。慣れるまでは大変な苦労をするかもしれません。

土工職や運送業など

身体的に重い労働をする必要がある仕事としては、土工食や運送業、引っ越し業者などが挙げられるでしょう。こういった仕事に就職して続けていくためには、元々体力にある程度の自信があった方がいいといえます。もしこういった理由で仕事がきついと感じるのであれば、常に身体をいたわり、疲労回復を促進する正しい生活習慣を可能な限りこころがけたいものです。また、身体的な理由で仕事がきついとき、以下のような工夫も有効です。

身体の使い方を学ぼう

見落としがちなことですが、肉体的な理由で仕事がきつい場合には、先輩や上司に相談すると思わぬアドバイスをもらえる場合があります。それは身体の有効な使い方です。重い物を持つ、運ぶといった作業も、姿勢の作り方や道具の使い方、持ち方の工夫で疲労が溜まりにくくなったり、怪我を予防したりすることができるものです。

仕事がきつい理由②:長時間勤務が当たり前

「長時間勤務が当たり前」という職場環境も、仕事がきつい理由としては定番です。勤務時間が長くなればそれだけ身体的・精神的にリフレッシュする時間が短くなるため、疲れも溜まってしまいがちです。仕事によっては、繁忙期になると非常に忙しくなってきつい場合もあります。また、長時間の残業がサービス残業になってしまったりすると、給与も得られず精神的にもきついと感じる理由になり得ます。

サービス業やクリエイターなど

長時間勤務が多くなってしまう仕事はたくさんあります。年中無休、24時間営業の多いサービス業や、納期が近づくほどにきついスケジュールとなっていくクリエイター職などはその代表と言えるかもしれません。生活習慣も乱れがちになりますから、やはり疲労が溜まります。

睡眠時間だけは確保

長時間勤務だと自分の時間が取れなくなってしまいますが、食事はしっかりとり、そして睡眠時間だけはどうにか工夫して確保しましょう。睡眠時間は身体的にだけでなく、精神的にも回復するためにとても重要な時間です。睡眠時間が削られてしまうとストレス耐性が落ちてしまい、精神的に病んでしまうおそれもあります。

仕事がきつい理由③:他人の穴埋めを押し付けられる

仕事がきつい理由として、「他人の穴埋めを押し付けられる」というものもあります。ミスや欠員をフォローするのは大切なことですが、それはメンバー全員で協力して行うべきことです。それをせず、特定の誰かに他人の穴埋めを押し付けるという職場では、仕事がきついと感じてしまうのも無理はありません。ミスや欠員が理由で必要になった残業や休日出勤に相応の手当が出れば良いですが、それすらないというケースもあります。

アルバイトのいる職場など

仕事がきつい理由となるこういった原因は、アルバイトがいる職場で起こりやすいです。バイトが給与をもらっている立場という自覚と責任感のある人物であればよいですが、無断欠勤や遅刻を平気でするような人物だったときは、社員がそのシフトの穴を埋めなければなりません。また、職場に能力の低い同僚がいる場合も、こういった事態は起こりやすいです。

普段の仕事を「適度」にこなす

この問題を解決するためには、普段の仕事ぶりからちょっとした工夫が必要です。その工夫とは、普段から頑張り過ぎず、適度に仕事をこなすようにしておくことです。いつも100%以上の力を出していると、周りにとってはそれがあなたの「普通」なのだと認識されてしまいます。それを理由に、プラスアルファの仕事も任されやすくなってしまうのです。
それ自体は悪いことではなくとも、職場全体で協力する姿勢がないのではきつい仕事となってしまいます。「あいつ一人に任せておけば大丈夫だ」と思わせるのではなく、「複数人で協力して解決する必要がある」という雰囲気を職場につくる工夫をしましょう。

仕事がきつい理由④:責任の範囲が広い

責任の範囲が広いというのも、仕事がきつい理由の一つですよね。広い範囲の責任、重い責任を負わなければならない場合、自分の業務とは直接関係のないことも心配になってきたり、休日の間もうまくいっているだろうかと心配になったりと、精神的にきつくなってしまいます。

昇進した場合や医療業界など

とくに昇進して新しい責任を負うことになって間もない場合などは、この責任というものが重くのしかかってくるかもしれません。また、医療業界や介護業界など、人の命にかかわる仕事をしている場合も、その責任の重さをきついと感じる可能性があります。こういったときにはどのような工夫で対処すべきでしょうか。

周りを頼る

責任が理由で仕事がきついと感じるときには、周りを頼るとよいでしょう。重い責任を背負うようになったからといって、一人で奮闘しなければならないという理由にはなりません。責任が増えたからこそ先輩や上司に相談し、同僚と協力する意識が重要です。
また、周りを頼るという工夫は、精神的にも楽になれるメリットがあります。

仕事がきつい理由⑤:チームワークがない

職場の人間関係がギクシャクしていて、チームワークがないというのも、仕事がきついと感じる理由としてはメジャーなものです。仕事を辞める理由としても、人間関係を理由に挙げる人は多いようです。人間関係がうまくいっていなかったり、チームワークがない職場では精神的にきついですよね。

感謝と挨拶からはじめる

人間関係がギクシャクしている職場を改善するのはなかなか難しく勇気もいりますが、まずは挨拶と「ありがとう」からはじめてみてはいかがでしょうか。こういった一言だけのコミュニケーションは、とくに理由がなくても形式的に交わすものですからハードルが低いはずです。ちょっとした工夫から人間関係の改善を図りましょう。

無理する必要はない

しかし、職場での人間関係が理由で仕事がきついといっても、その改善に無理する必要はありません。人間関係が理由のストレスは重くなりがちですから、人間関係を改善しようとして拒否されるとよりきついものです。仕事は仕事と割り切り、職場のコミュニケーションは最小限にするというのも一つの対処法です。

仕事がきつい理由⑥:上司がありえない

同じ職場の人間関係でも、上司がありえないような人の場合はさらに厄介です。自分よりも立場が上の人ですから、関係をおざなりにするのも難しいのです。パワハラやセクハラは論外ですが、そうでなくてもどうしてもイヤな上司というのはいるものです。そんな人がいる職場に毎日通うのはきついものですね。

諦めて受け入れる

しかし、ストレスの理由が上司となると対処としてできる工夫は限られてきます。救いは、自分の上司がいつまでも今の上司というわけではないという点です。ですから、ときには諦めて受け入れる対処が必要になるかもしれません。理不尽な指摘をされたら「相変わらず仕方のない人だな」などと考えて心の中で受け流す工夫をしましょう。

部署異動・転職を考える

上司が理由のストレスに限らず、今の仕事がどうしてもきつい、無理だと感じたら部署異動や転職といった対処もあることを忘れないようにしましょう。部署移動は希望を出すことができますし、現職を続けながらでも求人サイトを見たり、転職エージェントに登録したりといった「転職の準備」ははじめることができます。しかし、異動・転職先でも同じ問題に直面するリスクがありますから、こういった対処は慎重に行いましょう。

仕事がきつい理由⑦:その他のストレス要因がある

仕事がきつい理由は様々ですが、ストレスが理由であるケースは非常に多いです。ストレスの理由もこれまでいくつかご紹介してきましたが、これだけではありません。接客業でときに理不尽なお客様の応対が必要になる、昼夜逆転生活がきついなど、色々な理由が考えられます。こういったストレスに、自分なりに工夫して対処しなければなりません。

楽しみを見つける

仕事がきつい時ほど仕事の楽しみを見つけてみましょう。どんな小さなことでもかまいません。たとえば、書類をとんとんと揃える作業が気持ち良いとかでよいのです。少しでも仕事を楽しいと思える瞬間を探す工夫をしてみましょう。お気に入りの文房具を使ってみるのもおすすめです。仕事がきつくてもちょっとした遊び心を忘れないような工夫をしましょう。

とにかくストレスを溜めない

仕事がきついと感じているのに、自分の中に溜めこんでいると、いつか限界がきてしまいます。仕事のストレスや疲れはこまめに発散するよう工夫しましょう。自分の中でストレス発散できるものがあるのなら、定期的におこなうと良いでしょう。
また、頑張っている自分をしっかり褒めてあげましょう。仕事がきつい時期を乗り越えたら、いつかそれは自分の自信となります。今日やったことを紙に書き出してみるなどの工夫もおすすめです。自分がどれだけやってきたのかが目に見えると達成感を得られます。

仕事をきついと感じる理由を分析し、適した対処をしよう

仕事がきついと思う理由をご紹介しました。疲労やストレスが溜まりやすい環境にあると、仕事がきついと感じるようになります。定期的にストレスや疲れを解消できるようにしましょう。ご紹介した工夫のほかに、小さな目標を定めてきつい仕事を乗り越えていく対処もおすすめです。

関連コラム