2018年02月19日(月) 更新

IT業界の今後の動向と求められる人材

IT業界の現状は「社会インフラとしてIT浸透の時代」になっている

IT業界の動向は、コンピュータの普及とともに2010年頃の「クラウドコンピュータとビッグデータの時代」を経て「社会インフラとしてIT浸透の時代」に動向として入っています。ますます、動向として国や企業の競争力は情報システムの有効な活用の動向にかかっていて、動向の中でもソフトウエア開発が重要なものになっています。またIT業界動向の業務内容としても約6割がソフトウエア開発関連の業務となっているのが動向です。

IT業界でのソフトウエア開発の形態は受託型事業の割合が大きく占める

日本のIT業界の売り上げの多くは、企業や事業所におけるソフトウエア開発やITサービスの受託型事業の割合が大きく占めます。また、業界内には1万社を超えるIT企業が存在しています。プロジェクトとして受けてソフトウエア開発やITサービスを行っている多重下請け機構のようなものが形態となっています。下請け的で優秀な若い人材が安価で働いているという実態も私達は忘れてはいけません。

IT業界は人材への投資が必要とされる業界で今後育成の専門家を導入していく必要がある

まさに今IT業界は、人材育成が大事な業界です。人材への投資がとても必要で、これは海外のどこの国にも言える事です。日本では、このIT業界に現在上場企業が多いのも投資へのきちんとした取り組みが行われていることを表していると見られています。今後はそうした人材育成に投資する中で専門家を作り上げていく必要があります。

IT業界への人材投資の必要性はクラウドコンピューティングの普及やビッグデータの取扱いを理由にしている

2010年頃からのクラウドコンピューティングの普及、そして沢山の個人情報や位置情報や商品情報がビッグデータとして集まる時代になってきました。ビッグデータをビジネスとしてどう生かしていくのか、そうした人材育成が必須になってきています。IT業界でリードするアメリカでも大幅な人材不足が今後叫ばれている位です。

IT業界の中の通信業界の動向として値引き販売の是正により業績が改善する

また、IT業界の中でも、日本の通信業界を考えてみると今後は業績が改善していくように見られています。価格競争を行っていた携帯3社は値引き販売の是正により業績が改善していくようです。スマートフォン市場も最近では鈍化しています。価格競争の是正が今後の方策として有効となっていくようです。また、このスマートフォンの普及でプライベートな情報のクラウド化が進んでいることも注目すべきです。

IT業界の転職率は高い現状にありきちんとした制度や専門家を育成する環境が必要になっている

とても沢山の個人的な情報が情報のクラウド化によって集められ、それ以外のビッグデータも企業で使えるようになってきている時代です。これからの時代にこれらをどう活用していくのかは専門的な知識がないと行えません。ますます専門的な集団が必要な時代です。しかし、日本のIT業界の転職率は高い現状にあります。海外でもベトナムなどでは若い人材のIT教育に国を挙げて力を注いでいます。そうしたグローバル競争にも勝てるようなきちんとした専門家を育成する環境が今後は重要と言われて言います。

IT業界ではクラウドやビッグデータを扱う動向になっており対応した人材が必要とされている

人材投資が必須なIT業界では、より専門的な知識をもった人材が必要とされる今後の動向があります。そんな中で、今、あまりいい環境にいるとは言えない若い人材も多いのが日本の問題です。大企業だけでなく下請けで働く若者がIT業界の専門家として育つよう、世界と戦う素晴らしい人材を確保できる取り組みが動向で必要とされています。

関連コラム