2016年12月12日(月) 更新

会社に行きたくないと新入社員が考える7つの理由

会社に行きたくないと新入社員が考える理由

「会社行きたくない…」新入社員だって、そう考えてしまうことはありますよね。その理由は何でしょうか?新入社員が会社に行きたくないと考える7つの理由と、それぞれの対策をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

会社に行きたくない理由①:業務が難しい

新入社員にとって、自分に与えられた業務が難しいというのはショックが大きな出来事です。この会社でやっていけるのだろうかと、自信が揺らぐきっかけになってしまうかもしれません。
単に難しいだけでなく、業務内容が多すぎて覚えきれなかったり、業務に想像以上のスピードが求められる、なども、会社に行きたくないなと新入社員が考える原因になります。

さらに上司が厳しいというダブルパンチも

そんな風に新入社員が落ち込んでいるとき、上司や先輩など仕事を教える側の人がフォロー・サポートしてあげるケースも多いですが、そうではなく、むしろ仕事をこなせない新入社員に厳しくあたると、新入社員はさらに自信を失ってしまったり、会社に行きたくなくなってしまうでしょう。
上司個人の性格や会社の社風が原因で、最初から新入社員に厳しくあたるというケースも考えられます。

報連相とメモを徹底しよう

業務が難しかったり煩雑だったりする場合には、とにかくその業務の疑問点を解消し、手順を覚え、慣れていかなければなりません。そのためには上司・先輩への報告・連絡・相談とメモを徹底しましょう。
わからないことがあったら恐れず質問し、回答をメモして同じことを質問しないようにします。メモもただ書くだけでなく、その後自分でエクセルを使って整理したり見直したりして、自分の知識として蓄えていきましょう。

会社に行きたくない理由②:仕事でミスをした

新入社員にとって「初めてのミス」というものがいつかは訪れます。このミスも、それ以後新入社員が会社に行きたくないと感じる理由の一つです。自分のミスが周囲に迷惑をかけたり、上司を怒らせたりしてしまうと、仕事を始めたばかりの新入社員にとっては大きなショックなのです。

ミスを正しく修正できず、落ち込むことも

さらに、ミスを指摘されてやり直し、再び提出したとしても、そのミスが正しく修正できているとは限りません。一度指摘されたミスを正しく修正できなかった場合、ショックはより大きなものになります。しかし、上司の指摘の仕方や課題の複雑さによっては、これは珍しいことではないのです。

新入社員の失敗は会社も予想済み

しかし、そんなことは会社も予想済みであると新入社員は知っておきましょう。なぜ実力があって即戦力の中途入社ではなく、新入社員を採用しているのか。それは会社があなたに将来性を期待しているからです。会社内で育成して活躍する人材にしようとしているのです。
ですから、新入社員の内はミスや失敗を恐れる必要はありません。それによって勉強し、先輩たちに近づき、そして追い抜くことを目指しましょう。

会社に行きたくない理由③:人間関係がギスギスしている

職場での人間関係も、新入社員が会社に行きたくない理由になります。とくに、上司が常に怒っているような人であったり、先輩社員が皮肉ばかりの人物だったりすると、新入社員としては会社に行く気も失せるというものです。
良い会社、良い社員であれば、新入社員を育ててやろうという意欲のもと面倒を見てくれるものですが、残念ながらすべての会社、人間がそうではありません。

同期さえ敵に回ることも

さらに悪いのは、一緒に協力して困難に立ち向かっていくはずの同期さえも敵に回ってしまうことです。同期だけが上司に気に入られて優遇され、自分にだけ上司が冷たい、他の社員も上司の顔をうかがっているから自分に気を遣えない、そんな状況が生まれるかもしれません。逆に自分が上司に気に入られることで同期の嫉妬を買い、同期との関係が険悪になるというケースもあります。

ネガティブ思考には気を付けて

どんな会社にも多種多様な人間がいますから、運が悪かったというだけでもこんな問題に遭遇してしまいます。そうなると会社に行きたくないと思ってしまうのも無理はありません。
とはいえ、人の反応をネガティブにばかり考えるのはNGです。誤解は人間関係が悪化する大きな理由の一つです。第一印象だけにとらわれず、こちらからアクションしてみると実は少し不愛想なだけで良い人だった、という場合も考えられます。

会社に行きたくない理由④:職場に溶け込めない

理由③と似ていますが、職場に溶け込めないというのも新入社員が会社に行きたくなくなる理由の一つです。こちらの理由では、社内の人間関係自体は悪くない、むしろ仲が良い方なのに、自分だけがその輪に入れなかったり、その雰囲気にうまく溶け込まなかったりというケースが考えられます。

社内での孤立は、新入社員が辞める原因の代表

理由③も含めて、社内の人間関係の問題、孤立などは、新入社員が会社に行きたくないと考えるだけでなく、早期に退職してしまう理由の代表的なものです。
単に業務が苦しい、上司が厳しいというだけであれば、同期や先輩と協力したり愚痴をこぼしあったりして乗り越えていけますが、社内で孤立してしまうと精神的な支えがなくなり、大きなストレスがかかってしまうのです。

新入社員の武器は挨拶

人間関係にうまく溶け込めない場合は、まず挨拶から始めましょう。挨拶は若い新入社員の大きな武器です。明るい挨拶で打ち解けやすそうな人だと判断されれば、周囲の反応も変わってくるかもしれません。まずは会社のメンバーに、自分の存在を意識してもらうことです。

会社に行きたくない理由⑤:業務内容に魅力がない

新入社員が会社に行きたくない理由として、業務内容に魅力がない、つまらないというものも挙げられます。最初に、仕事内容が難しいという理由をご紹介しましたが、逆に簡単すぎるというもの新入社員にとっては苦痛なのです。やりがいのない業務内容をずっと任されていると、新入社員はある不安を抱きます。

「キャリアに繋がらない」思いが生まれる

その不安とは、このままでは自分は成長できない、キャリアに繋がらないという思いです。社内でキャリアアップするにしても、転職を検討するにしても、経験は大切です。その経験を積めていないというのは、新入社員にとっては不安です。
とくに、同じ大学から別の企業へ就職した友人と連絡を取り、友人が任されている業務と自分の業務にギャップを感じたりすると、今の会社にはもう行きたくないと考えるようになるかもしれません。

社内での信頼獲得を目指せ!

とはいえ、会社側もせっかくコストを払ってかけた新入社員に、ずっとそういった単純な業務だけをさせるケースは少ないでしょう。つまり、今は我慢して下積みをするべき時期なのです。新入社員の内は、今の淡々とした業務を確実にこなしていって基礎を身につけることで、社内での信頼獲得を目指しましょう。

会社に行きたくない理由⑥:理想と現実が違った

入社前に抱いていた理想と入社後の現実のギャップが大きいのも、新入社員が会社に行きたくないと思う理由になります。これは、その会社に対してのギャップだけでなく、「社会で働く」ということそのものに対するギャップのケースもあります。外からは華々しく見える仕事でも、内実では地味な作業の積み重ねが大半であるのは珍しくありません。

やりたい仕事が他に見つかるケースも

また、入社後に得た経験から、新たにやりたい仕事が見つかる、というケースもあります。就活のときに迷っていたほかの仕事が、やはりあっちにすればよかった、と魅力的に見えてくるかもしれません。このようにやりたい仕事が他に見つかると、会社に行きたくなくなるだけでなく、転職を決めてすぐに退職してしまう場合もあります。

すべての理想を叶えられる仕事はないと考えよう

しかし覚えておきたいのは、自分の理想をすべて叶えられる仕事はないということです。給与に満足しても忙しさに追われたり、給与と忙しさのバランスが取れていても業務内容にやりがいがなかったりと、どんな仕事も一長一短です。今の仕事の悪い点ばかりを見るのではなく、良い点に注目するとモチベーションを上げられるでしょう。

会社に行きたくない理由⑦:待遇・労働条件が違う

入社前に聞いていた給与などの待遇や労働時間と、入社後の現実が違うということもあるようです。残業時間があまりにも長かったりすると、新入社員としては会社に行きたくないと考えてしまうでしょう。また、額面の給与と手取りの差に驚き、より大きな手取りを求めて転職する、というケースもあるかもしれません。

残業申請がしにくい環境の場合も

残業代については、社内の雰囲気が大きく影響します。長時間の残業が必要なのに、上司の許可を得ないと残業ができず、社内の雰囲気が残業制度を利用できる状態ではない=サービス残業せざるを得ないといった職場では、労働量と報酬が釣り合っておらず、新入社員も会社に行きたくないと思ってしまうものでしょう。

転職時はしっかりと情報調査を

こういったことがありますから、より健全に給与体制が整備されている会社を目指して転職する方も多いでしょう。しかしこのときに、情報調査を怠らないようにしましょう。また同じような悩みに直面してしまうかもしれません。
会社に行きたくないからと転職に踏み切るのも悪くはありませんが、まずは現職に留まるメリットが本当に小さいのか、そして転職先企業は適切なのか、情報調査を慎重にしましょう。

新入社員が会社に行きたくない理由は業務内容や人間関係にある

新入社員が会社に行きたくない理由を7つご紹介しました。業務内容の難しさや理想と現実の違い、そして人間関係の問題などが、会社に行く気がなくなる理由のようです。しかし、すべて自分の理想通りの会社というのはなかなか見つかるものではありません。現状の悪い点だけでなく良い点もしっかりと見極めて、今後の自分の働き方について考えてみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム