2017年11月01日(水) 更新

名刺入れがない場合にとるべき対処法と名刺を渡すマナー

名刺はあるが名刺入れがない場合の対処その①:同僚から借りる

名刺入れがない場合の緊急の対処法として同僚や後輩などから名刺入れを借りましょう。そうすることでその場を乗り切ることも出来ます。やはり素の状態で名刺を渡すより、名刺入れがあった方が自然です。名刺入れがない場合「この人はビジネスマナーがなってないな」と思われる場合もありますので、変なプライドは捨てて借りられる人に借りて対処しましょう。

借りられなければ素の状態で名刺を渡す

急に名刺交換をすることになった時に、借りられる人が運良くいれば問題ありませんが、どうしても持ち合わせておらず借りられない場合も考えられます。そんな名刺入れがない場合は潔く素の状態で渡すようにしましよう。その際の対処法は「大変申し訳ありませんが、名刺入れを持ち合わせておりません」という旨を一言添えれば不快感を相手に与えることはありません。

名刺はあるが名刺入れがない場合の対処その②:近くのお店で購入する

名刺入れがない場合でも数時間後に緊急で必要になるケースもあります。「誰かから借りる」以外にとれる対処法として100円程度の名刺入れを代替えとして使っても良いでしょう。そのため、近くにある100円ショップやコンビニエンスストアで探してみることも一つの手です。名刺入れがない場合は100円程度で緊急用に購入してみても良いでしょう。

100円ショップは様々な名刺入れが購入できる

例えば100円ショップであればプラスチック製の名刺入れや革製の名刺入れも購入ができます。イメージとしては安そうなプラスチック製が先行しているかもしれませんが、革製のものであれば100円という値段には見えない作りをしています。そのため、ビジネスシーンでも愛用している人は多いくらいなので、決して侮ることはできません。これは名刺入れがない場合の対処法として使えます。

名刺と名刺入れがない場合の対処:一旦名刺を受け取る

策を講じても名刺入れを手にいれることができない場合の対処法としては、ます正直にお詫びの一言を添えて受け取りましょう。名刺入れがない場合は、謝罪しながら受け取り、いただいた名刺は机におかず掌に乗せたままコミュニケーションを続けましょう。そして話終えたときに手帳などにしまいましょう。もしも相手から「どうぞおしまいください」と言われたときに手帳や胸ポケットにしまいましょう。

名刺を受け取ったあとの対応は大切

名刺入れがない場合の後々の対処として、改めて後日に訪問し、そこで「前回お会いした際に、渡すことができませんでした。申し訳ありません」等を伝えて渡すようにしましょう。そうした誠意ある対応に好印象を受けてもらえるはずです。後日訪問が当分できなければ、手紙付きで郵送するなどして相手の手に早急に届くようにしましょう。

名刺入れがない場合は取れるべき対処しまずは相手に名刺を渡すことが大切

重要な得意先や取引先と名刺交換する際に、名刺入れがなく名刺を渡すことができない場合は何かしら対処すべきです。本来ビジネスシーンでは素の状態で名刺を渡すことは良い印象を受けることはありません。そこで今回紹介した「誰かから借りる」「緊急用で購入する」を実践してみてください。どうしても手に入らなければ正直に謝罪の旨を一言添え後日に渡すようにしましょう。紹介した対処法を参考に名刺入れがない場合はまずは相手に名刺を渡すことを優先にして行動しましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム