2016年12月06日(火) 更新

慶事と弔事の違いとそれぞれの注意すべき点

慶事とは出産や結婚などの祝い事のこと

慶事とは、結婚や出産などにおけるお祝い事を意味します。慶事の代表的なイベントとして挙げられるのが、結婚式や結婚披露宴です。このようなめでたい慶事に参加する人々は、現代でも大勢います。参加が義務付けられているわけではありませんが、大切な人や身近な人の慶事に参加するのは、その人に対する礼儀でもあるのです。

慶事に参加するのは社会人としてのマナー

社会に出て色々な人との交流が増えてくると、慶事に参加する機会も多くなっていきます。また、身近な人のために慶事に参加するのは、社会人としてのマナーでもあるのです。そのため、日本においての慶事は、それだけ大切なしきたりとして位置づけられています。では、慶事と弔辞の違いとはどのようなものなのか見ていきましょう。

弔事とはお悔やみ事のこと

慶事と似たような言葉に、弔事というものがあります。慶事とは違い、弔事とはお悔やみ事を意味します。そのため、双方は全く正反対の意味を持つのです。まずはこれらの違いを理解しましょう。葬儀や通夜も弔事であり、場合によっては参列する必要があります。慶事と同様に、弔事についてもその参列が義務となっているわけではありませんが、身近な人に不幸があったような時には、弔事に参列するのが礼儀となっています。

弔事と慶事には大きな違いがある

弔辞と慶事の双方の言葉の違いがわからないという方も多くいますが、実は大きな違いがあるため注意が必要です。そのため、このふたつの違いを理解せずに混同してしまうのは問題です。例えば、友人の結婚式を弔事と捉えて参加してしまうと、その相手に対しては大いに失礼になってしまうのです。従って、これらの違いをきちんと理解しなければなりません。

慶事と弔事はどちらも重要

慶事と弔事の意味は全く違いますが、重要性が高いという点では似通っています。では、仮に双方の日が重なった場合、どちらを優先すべきなのでしょうか。優先順位は人それぞれ違いますが、社会一般の見方として、双方の優先順位は決まっています。そのため、自分の感情に左右されないようにするのも大切なのです。

ふたつが同じ日になった場合は弔事の方を優先すべき

万が一、慶事と弔事が同じ日になった場合は、弔事を優先させるのが一般的となっています。知人や友人のお祝い事も重要ですが、葬儀や通夜などの弔事は、慶事と違い人の尊い命が失われて行われるため、そちらを優先させる方がはるかに大切であるというわけです。そのため、きちんと優先順位を踏まえるのが大事です。

慶事と弔事の違いを踏まえた上で適切な行動をとるのが大事

慶事と弔辞の違いを見ていきました。慶事と弔事の意味は全く違い、重要視するのは弔事であるのが基本です。しかし、人には感情があるため、自分とそれほど関係のない人の弔事よりも、身近な友人の慶事を優先させたいと考えてしまう可能性があります。しかし、葬儀などの弔事は、お世話になった人と最後のお別れをするための場でもあります。そのため、迷わず弔事を優先させるくらいの冷静さが必要になるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム