2017年01月16日(月) 更新

手術を受ける親のお見舞いに包む金額の相場とマナー

親が手術する場合のお見舞い金の金額の相場は5,000円から10,000円

親が手術する場合のお見舞い金の金額は、5,000円から10,000円が相場となっています。5,000円から10,000円の間で金額を決めていけば、基本的には失礼にはならないでしょう。これは、兄弟などが手術した場合に贈るお見舞い金の金額の相場とだいたい一緒です。ですから、近しい親族の手術へのお見舞い金の金額は、これくらいだと思っておけば間違いないでしょう。

10,000円をお見舞い金として包むのが多い

親が手術する場合のお見舞い金の金額の相場は、50,00円から10,000円という相場になっていますが、その中でも多いのはやはり10,000円をお見舞い金とするということです。こういうものは気持ちですので、50,00円でもきちんとお見舞い金を贈れば喜んでもらえるでしょうが、やはり10,000円の方がキリも良いですし、縁起も良いです。ですから、親が手術する場合のお見舞い金の金額として多いのは、10,000円を包むケースが多いです。

親との親しさによって30,000円ほどになるケースもある

親が手術する場合のお見舞い金の金額の相場は、親との親しさによっても変わってきます。親とすごく親しくしている人の場合には変わってきます。親しさが高い親への手術のお見舞い金の金額の相場は、30,000円位となっています。これも、その他の方へのお見舞い金の金額も同じで、親しさの度合いによって金額もかわってくるのです。

普段からの関係性で考えよう

親が手術する際のお見舞い金の金額の相場は、親しさの度合いによって変わるとはいっても、その親しさの度合いはどうやって図れば良いでしょうか?年に数回合うか合わないかで、ろくに連絡を取り合うことが無いというのであれば、親しさは低目と言えるでしょう。逆に、実家暮らしだったり、ことあるごとに連絡をとりあったり、出かけたりしているような間柄から親しさの度合いは高いと言えます。日々の関係性を良く考慮して考えましょう。

金額が高すぎても低すぎてもマナー違反

親への手術のお見舞い金のマナーとして、なるべくこれらの相場から離れないようにするというマナーがあります。たとえ親であっても、お見舞い金の金額が1,000円くらいの金額であったら、すごくやるせない気持ちにさせてしまうことでしょう。もちろん金額の大小で気持ちは図れませんが、それがひとつの目安であることは確実です。ですから、高すぎるのも低すぎるのもNGです。

高すぎると負担になったり傷つけたりする

親の手術へのお見舞い金の金額として、低すぎるのがマナー違反になるのは理解できるけど、高すぎるのがダメな理由がわからないという方もいるでしょう。でも、親の立場で、子供から相場よりもかなり高い金額のお見舞い金を贈られたら、プライドが傷つく人もいます。さらに、お返し等もあるので、それが逆に負担になることもあります。お返しは親族なのでいらないといっても、やはりプライド的には返したいと思う方も多いでしょう。そうして負担になるのです。ですから、高すぎるのもマナー違反となります。

手術を受ける親へのお見舞い金の金額は5,000~30,000円にしよう

以上、親が手術をする際のお見舞いに包む金額の相場とマナーのご紹介でした。これらのことを参考に、マナー良くお見舞い金を贈れるようにしていきましょう。昔から親しき中にも礼儀ありと言います。ですから、たとえ親であっても、きちんと礼儀のある行動を見せていかないといけません。相場通りの金額を包み、マナー良くお見舞をしていってください。手術を受ける親のお見舞いする際は気持ちを忘れてもいけませんよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム