2016年11月29日(火) 更新

Bccで送信したのにメールが届かない原因と解決法

まずはメール機能が正常なのか他のアドレスに送って確認してみる

Bccメールが届かない場合、まずは簡単な項目のチェックからしていきましょう。メール機能が正常に機能しているか、他のアドレスへ送ってみて確認するのです。メール自体が送れない場合は自身のメール設定を見直したり、プロバイダーがメールサーバーのメンテナンスをしているかといった事を確認しましょう。Bccメールが届かない場合はこのように一から原因を特定することは大事です。

送信先のアドレスが正常なものか見直そう

自分のメール機能が正常であると確認できたら次はアドレスの確認です。送信先がきちんと正確なアドレスになっているかどうか見直しましょう。送信先が違う場合はもちろん相手には届かないでしょう。一字違いのアドレスを指定しているかもしれませんし、英字のアドレスの場合はスペルが異なる可能性もあります。Bccメールが届かない場合に簡単なミスからチェックするのはトラブルを解決するための良い方法です。

添付ファイルのサイズが適切かどうか確認する

送信メールに問題が無いかをチェックしましょう。Bccメールであってもtoメールであっても、添付ファイルのサイズが大きければエラーが発生し届かない可能性があります。添付ファイルの無いプレーンなメールをto、cc、Bccで同一の宛先に送ってみましょう。その際は自分で保有しているアドレス宛に送ると確認しやすいのでおすすめです。ここで届かない場合、問題が段々と特定されていきます。

添付ファイルが問題の場合はお互いの設定を見直そう

プレーンな状態で届くことが確認できれば届かない原因は添付ファイルにあります。また、自前のメールアドレスにメールが届くか届かないかで原因が自分にあるのか相手にあるのかを特定することができます。自前のアドレスにはBccが届き、相手のアドレスにはBccが届かないなら相手の設定に原因があるのです。こうして特定できた原因をさらに探っていきます。

プロバイダメールやフリーメールを試してみる

Bccでのメールが届かないときには、プロバイダメールやフリーメール等を試してみましょう。それでもダメならそのアドレスから送るBccメールに問題があることになります。もしBccメールの送信を急ぐなら、アドレスを変更してそこから相手にメールを送ると良いでしょう。それだけでもとりあえず問題は回避することができます。

相手のBccメール受信設定に問題がある時は協力を要請しよう

相手のBccメール受信設定に原因があり届かない場合、相手に協力を要請しましょう。Bccメールを受信しない設定になっていればそれを変更するように伝えるのです。もしその設定変更の方法が分からないなら調べてあげましょう。それでもだめなら別のアドレスを提示してもらえば問題は解決します。一から原因を探っていけばBccメールが届かないという問題は解決できるはずです。

Bccが届かない場合はメール機能が正常か確認し相手の受信設定にも注意しよう

Bccで送信したのに届かない原因について見てきました。Bccメールが届かない場合、まずはメールが送信可能な状況か確認することから始めましょう。確認できたら自前のメールアドレスへとメールを送ってみるのです。そこで正常に送ることができれば相手の環境に問題があるため、別のアドレスから送って見ましょう。それでもダメなら相手に協力を要請して設定変更や別アドレスの提示などをしてもらえば問題は解決します。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム