2017年07月10日(月) 更新

転職を考えている人が"リクルートAG"を使うべき最大の理由

やっぱり大手!断トツの支持率

そもそもなんだけど、リクルートエージェントって何がいいの? リクルートエージェントは、転職活動をサポートする業界N0.1の転職エージェント。キャリアアドバイザーとの面談から、選考対策・応募・退職交渉・入社フォローまで、転職活動の全てを完全サポートしてくれる存在です。具体的に何がすごいのかといえば
・転職成功実績No.1
・頼れる専任アドバイザー
・非公開求人約10万件
・年収UP率60%以上
・超人気の面接力向上セミナー
など、圧倒的な信頼と充実感!リクルートエージェントに登録せずして転職成功を目指すのは、あまり現実的ではないんです。
転職希望者は増えているといわれていますが、本気で転職活動をしている人の割合はそれほど多くありません。「仕事嫌だな~」くらいの人も、データに含まれてしまっているからです。でも、もしも転職活動を本気で成功させたいなら変な先入観を捨てて、断トツ大手のリクルートエージェント(RA)の隠れた良さを知っておかないと大損ですよ。

複数登録のうち2社はRAが前提

「転職エージェントを利用するなら複数登録!」がトレンドですが、その選び方をミスすると意味がありません。登録しすぎは、時間だけ大量に奪われてかえって効率が悪化するので、2社~3社が好ましいです。 そのうち1社はRA(リクルートエージェント)にするというのが大前提なのですが、それってなぜか伝わっていないんですよね。そこで今回は、本当の理由を探ってみました。
転職サービスの数が充実しきってきたいまだからこそ、改めてスタンダードを知っておくべきなのです。リクルートエージェントはその点、質においてもスピードにおいても、基準値としては贅沢なくらい整っていますから安心です。

基準値を知らないと比較ができない

転職者が複数のエージェントを利用したほうがいいのは「比較することで相性が分かるから」だといわれています。でも、比較するにはいずれかが”基準になるサービス”じゃないと効果が期待できません。実は、この盲点を見落としている転職初心者がけっこう多いみたいなんです。極端な話、ダメなエージェントと極めてダメなエージェントを比較してみても、あんまりメリットってないですよね。

特定分野に縛られない見方をすべき

転職活動をするときは、どんなに意思が決まっていても選択肢を狭めないほうがいいと思います。行く気がない他業界の情報も、知っておくとなんだかんだで安心するからです。 特定業界に特化した転職サービス(サイト、エージェント)が増えていますが、そこで絞るのは諸刃の剣。スピード性にはかなり優れているかもしれませんが、こだわりが強すぎて後悔する転職者ってかなり多いんです。志望業界が明確な人は、リスク回避のために「リクルートエージェント × 特化型」で登録しておき、思い込みを減らすのがオススメですよ。

リクルートエージェントの評判

人気が出れば出るほど、ネガティブな意見もおのずと増えてきます。とはいえ、リクルートエージェントの評判は安定的にいいものが多いですが、その原因は何なのでしょうか?なにか、"秘密"があるのでしょうか?

件数よりも質を重視するようになりつつある

圧倒的知名度があるため、リクルートエージェントは登録者数がとても多いです。そのため、少し前まではサポート体制が追いついていないのでは?という厳しめの意見もちらほら届いていたそうです。そんな利用者の声を受け取ったからか、現在では一番大事な”質”を上げる雰囲気に再び戻ったように思います。 登録件数が激増しているのは他の準大手エージェントで、リクルートエージェントは過度な集客をしなくなっています。転職者の見る目もかなり厳しくなっていますから、名前も知れ渡っているリクルートエージェントはさすがに”本末転倒”を繰り返せないでしょう。

リクルート独自の「Agent Report」を見れる

就活と一緒で、企業に対する理解がないと内定は絶対にもらえません。忙しい現職者の場合、ぶっちゃけ企業研究とか難しくないですか?退職してから転職活動を進める人が多いのも、実は準備の重要性を知っているからこそ。でもRA(リクルートエージェント)にはエージェントレポートという、転職者にとって非常に助かる情報源があります。

業界のトレンドや企業情報の大事な部分を3分足らずで知れるうえ、エージェントが転職者側に立って見てくれた社風も教えてくれます。忙しいから内定を貰えない、は本当はあまり関係ないんです。

面接力向上セミナーが好評

面接練習を誰かに見てもらったことってありますか?転職者の中には、面接練習のためにRA(リクルートエージェント)に登録している人も多いそうです。転職サービスを活用していても結局面接で落ちたら意味がないので、面接では案外気を抜けないんですよね。

他エージェントと一味違うトコロ

RA(リクルートエージェント)は転職者向けのサービス概要を公開しています。そのため、質はまちまちのようですが、企業研究の代理や面接のアドバイスなど、RAに似たサービスをしている会社は他にもけっこうあるんです。 が、最大手のRAと同じくらい全部バッチリって、実際のところあまりなさそう。というのも、実はサービスの裏側にもリクルートエージェント"にしかない"魅力がたくさん隠されているんです!

10万を超える圧倒的な非公開求人数

「非公開求人を狙え!」は転職者なら知らないとヤバい常識ですが、RAが持つ非公開求人数がどれくらい多いのか分かりますか?他エージェントは1万件前後、急成長中のDODAは約8万件と、これらもかなり多いですね。ただ、RAはなんと10万件越え。知名度だけでなく、転職者が欲しがる実質的な求人数も業界No.1なんです。

年収アップできる高い"確率"

どうせ仕事を変えるなら是非年収を上げてもらいたいのですが、これが意外と難しい。月給は上がったけどボーナス額が少なかったという失敗エピソードは、周囲でも聞いたことがありませんか。

リクルートエージェントなら、転職者の62.7%が年収アップに成功している実績があります。もちろん転職後の昇進等は入っていないのですが、高い満足度から「一度年収が下がっても、早いうちに前職年収を越せる求人」も比較的多いのではないかと推測できます。よほど特別な経験を積んでいない場合は、ハイクラス向けのエージェントも相手にしてくれないみたいですよ。

人材サービスの細かいノウハウ

まだ新しい転職エージェントの場合、マンパワーに依存して求人を貰っていることが多いみたいです。求人の質にバラつきがある(高質は少ない)のも嫌ですが、営業~納品までのすべてを一人のアドバイザーが兼任している場合、連絡もつながりにくいのだとか。入れ違いの電話って、けっこうストレス溜まるんですよね。 そして、前職での業務内容や退職理由の伝え方も、中小エージェントでは満足に教えてくれません。これって、企業の担当者ごとに好みのニュアンスが微妙に違うらしいんですが、公表はされないもの。直感でエージェントを選ぶのも悪くないですが、細かい部分は冷静に判断したほうが良いと思います。

安心して利用するならRAが鉄板

リクルートエージェントは実績No.1なばっかりに名前だけ先行して良さがあんまり知られていませんが、なんだかんだ肝心な中身がきちんと伴っているんです。質が改めて重要視されているのは、ちょっと前まで「名前だけで」という意見が出ていたのも原因かもしれません。早々に体制強化されているのがあまりアピールされていないのは控えめな戦略なんでしょうか?有効求人数が伸びているいまだからこそ、浮足立てずに堅実な転職活動を進め、良い会社へ転職しましょう!

エージェントを複数登録するなら、リクルートエージェントを基準に比較

転職活動を検討しているけど、エージェントはどこがいいのか分からない…だとしても、リクルートエージェントを外すのはけっこうマイノリティー。リクルートエージェントに登録してからが、転職活動の本番。 複数登録がトレンドになっていますが、スタンダードなリクルートエージェントとの併用が原則というのは、残念ながらあまり知られていないんですね。他社に先駆けて数よりも質が厳しく見直されている今だからこそ、リクルートエージェントを使い倒して新しいキャリアを手に入れてください。

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム