2017年01月16日(月) 更新

親が入院した際のお見舞い金の相場

親が入院した際のお見舞いの相場は10,000円

親が入院した場合のお見舞い金の相場は、10,000円と言えます。10,000円というと、お見舞い金の相場全体から見てもすごく高額だといえます。だいたい友人や会社関係の方では3,000円くらいとされていますから、親が入院した場合のお見舞いは、すごく高いのです。しかしそれは、それだけ親と自分というのはつながりが深いものだということをあらわしています。

特別関係が深ければもっと増える場合もある

親の場合は、ただでさえ関係が深いものですが、特別関係が深いという家族も中にはいるでしょう。そういう特別関係が深い親が入院した際のお見舞いの額は、もっと高くなります。普通の関係と言えるような関係の親であれば、入院のお見舞い金は10,000円で間違いないですが、もっと関係が深い場合は、30,000円まで上がることもあります。関係性を良く考えてチョイスすると良いでしょう。

義理の親の場合でもお見舞い金は10,000円が妥当

では、義理の親が入院した場合のお見舞い金としては、いくらくらい包むのが相場であり、いくらくらい包めば失礼なく入院のお見舞い金を渡せるでしょうか?義理の親といっても、実の親と変わらない扱いをすることが求められます。ですから、義理の親が入院した場合であっても、入院のお見舞いには10,000円包むべきと言えます。

他の親族とくらべて見劣りしないようにする

ただ、義理の親の場合はもっと気を使わないとならないこともあります。やはり義理の親は義理の親ですから、相手側の親族と比べて、こちらのお見舞い金の方が少ないとなると、少なからず良くない気持ちを抱くこともあるでしょう。ですから、義理の親への入院のお見舞い金は、周りと比べて見劣りしないようにするということも気をつけないとなりません。

10,000円プラスお見舞いの手土産が吉

実の親であっても、義理の親であっても、入院している場合には、お金を渡すというだけでなく、お見舞い金プラス手土産を持っていくというのが望ましいです。どうしても家族間でお見舞いのお金のやり取りだけで済ませてしまうというのは変な感じになってしまうこともあるので、雰囲気を和らげるという意味でも、手土産を持っていくのが吉なのです。

お見舞いの手土産はちょっとしたものでよい

ただ、入院の対してのお見舞い金を渡すことは渡すのですから、お見舞いの手土産まで高価なものにしてしまっては、相手に気を使わせるだけです。特に親はそういうのは嫌がる人が多いので、手土産はあまり高額にならないように注意していきましょう。あくまでもメインはお見舞い金であって、それを補佐するというのが手土産の役目です。

親が入院した際のお見舞い金の相場は10,000円でありちょっとした手土産を付けるとなお良い

親が入院した際のお見舞い金の相場のご紹介でした。基本的に、親が入院した時のお見舞いの相場は10,000円だと思っておけば、多くの人にとって間違いないと言えるでしょう。親だからといって、入院してもお見舞いを渡さないでいたり、あんまり多すぎる金額を渡したりするのは良くないですから、これらのことを参考に、正しくふるまってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム