2017年01月16日(月) 更新

目標を達成できない人の特徴と改善方法

目標を達成できない人①:極端な目標設定をしてしまう

目標達成できない人の特徴1つ目は、「極端な目標設定をしてしまう」ことです。あまりにも高い目標を立てる為、自分でも「どうせできない」とあきらめてしまい、周囲から見ても「できない」と判断されてしまいます。そして現実に、目標を達成することができないのです。逆に低い目標を設定してしまう人も、目標達成こそできるもののやる気をそがれてしまうという問題が発生します。自分のモチベーションを保ちつつ、周囲に良い印象を与えるために大切なのは「高くもなく低くもない目標を立てる」ことです。現実的に達成できるレベルの目標を立てることが大切なのです。

実現可能な「少し背伸び」した目標が最適

就活の場面においても、目標が現実離れしていないことは重要です。しかしながら、逆に低すぎてしまうとそれも印象が悪くなるでしょう。実現可能な「少し背伸び」した目標設定が最適で、丁度良い目標を立てることができると、無理せず達成できるだけでなく、達成後は少し成長していることでしょう。

目標を達成できない人②:具体性に欠ける

目標達成できない人の特徴2つ目は「具体性に欠ける目標をたててしまう」ことです。あまりにも漠然とした目標を立ててしまうため、自分でも何をすればよいかわからなくなり目標を達成することができないのです。目標達成ができない前に、動き出しが出来ない人も多くいるでしょう。

目標のゴールを具体的に設定

就活においても具体的な目標かどうか、というのは大切なポイントになってきます。例えば「社会人として成長する」という目標を立てる人は多くいます。しかし、これは何をもって目標達成となるのでしょうか?具体性に欠け、自分でも動き出しがわからないでしょう。これを解決するために、「この会社に入ってこの部署で・・・」と具体的に設定してみましょう。そして目標のゴールを決めることで、達成できないという状況も明確に見えてくるはずです。

目標を達成できない人③:達成に必要なプロセスが不明確

最後に挙げる目標達成できない人の特徴は、「目標を達成するために何をすればよいかが分からない」ことです。目標を立てただけで終わってしまい、どのように達成していくかというプロセスが明確になっていないのです。この場合、目標を達成することは当然難しいでしょう。

相手に具体的なプランを伝えよう

就活においても目標達成のために、どのように動き出しているのかというのは重要になります。具体的に動き出していないと説得力に欠け、計画性も疑われます。目標を立てた際はどのように目標達成していくのか、達成のために何をすればよいのかという達成プロセスをしっかりと考えましょう。面接においてはその努力を語ると、尚良いでしょう。少しでも相手に具体的なプランを伝えられるようにしましょう。

目標を達成できない人は適切な目標及びプロセス設定を

目標を達成できない人の特徴についてまとめましたが、あてはまるものはありましたか?必ずしもこれを改善すると目標が達成できない人から脱却できるわけではなく、最後はやはり頑張りが非常に大切になってきます。自分の思い描く将来の目標があるのなら、それを達成するための具体的なプロセスまで設定して、1歩ずつ目標に近づいていくのが現実的だと言えるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム