2017年01月16日(月) 更新

告別式に参列する際に焼香のみの場合の注意点

告別式の持つ最後の別れをするという意味を理解しておこう

そもそも告別式とはどんな意味が込められた儀式なのでしょうか。また、通夜や葬儀とどのような点が異なるのでしょうか。順番としては、通夜、葬儀、告別式の順番で行われます。通夜は、故人と親しい間柄だった人が別れを惜しみお焼香を捧げる儀式です。よって、焼香のみの参列になる際は、通夜に出向くのが一般的です。葬儀は、僧侶が御経をあげて、遺族や親しい関係だった人が故人に対して冥福を祈る儀式です。そして告別式とは故人と縁があった全ての人たちが、最後の別れをする儀式を言います。

「焼香のみでも」と思う気持ちが何よりも大切なこと

このようにそれぞれの儀式の持つ意味を考えてみると、告別式が何より大切な最後の別れの瞬間だと言う事がわかります。遺族や親族は全てに参列しますが、友人や一般弔問客は告別式に参列するのが一般的だと言われる意味が理解出来ます。よって、告別式の途中で退席するのは避けるべき事なのです。しかし、突然の訃報で駆けつける為、皆色々な事情や予定があるのは仕方のない事です。絶対に最後まで居なければならない決まりはありません。せめて焼香のみでもと思う気持ちが大切と言えます。

焼香のみで帰る際には式の前に遺族と話しておく

出棺のお見送りまでは居られないが、せめて焼香のみでも参列したいと思う気持ちは、故人にとっても遺族にとっても嬉しい事です。そこで、万一焼香のみで途中退席をしなければならない際の気をつけておきたい注意点を紹介します。告別式などでは、遺族はとても忙しく動かなければなりません。その中で、故人とのお別れをします。よって、焼香のみで途中退席をする旨を、式の途中で遺族に告げるのはタブーです。万一、式の前に遺族と話せる機会があれば、その時に焼香のみで退席する旨を告げる事には問題ありません。

末席に座りタイミングを見て抜ける

また、席に座る際にも注意が必要です。焼香のみで途中退席をする際はなるべく目立たないように抜けるのがマナーです。よって、抜けにくい前席や間に座ってしまうと抜けるタイミングに困ってしまいます。なるべく末席の 角に座り、さっと席を立てる状態でいる事が重要となってきます。告別式では、途中退席をする事自体あまり好ましくないと言う事だけは忘れてはいけません。

告別式にも参列しない際にはお悔やみを届ける

告別式での途中退席は避けるべきと言うのが一般的な常識です。焼香のみでもと言う気持ちも大切ですが、やはり常識を考えて、参列をしないと言う案もあります。焼香をあげなかったから、お悔やみや最後の別れが出来ないと言う事では無いからです。大切なのは気持ちと言う事です。小さな子供が居る人も、無理に参列するのではなく、参列しない案を選ぶ事も大切な判断です。

香典を郵送する際には手紙を添えよう

告別式に参列しないと決めた人は、香典を郵送するのも一つの案です。現金書留にて、香典同様にお金を包み、封筒に入れて郵送します。その際は、封筒は二重になっているタイプは避けましょう。また、焼香のみの参列も考えたが、参列ではなく郵送にて送る事へのお詫びと、お悔やみの言葉を書いた手紙も一緒に同封して下さい。大切なのは、形ではなくて気持ちだという事一番に考えて、心のこもった手紙を添えましょう。

告別式に焼香のみ参列する際には式の前に遺族との会話を済ませ末席に座り退出しよう

告別式で、焼香のみ参列して途中退席をする事に関してまとめました。通常は避けるべき途中退席ですが、一番大切なのは故人に対するお悔やみの心です。最低限のマナーを守れば、焼香のみで途中退席は可能です。また、常識を重んじる人は、無理に参列するのでは無く郵送と言う方法をとる事も正しい判断と言えます。気持ちのこもった手紙を添えれば故人や遺族には伝わります。形を重視するのでは無く、気持ちを重視した対応が何よりも一番大切な事です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム