2016年11月29日(火) 更新

門出の場面別の使い方とは?知っておきたいシーン3選

門出とは新しい生活に向けて出発することを指す

そもそも門出とは、「自分の家を出て、旅に向かうこと」や「新しい生活に向けて出発すること」という意味があるといわれています。そのため、これから歩む新しい毎日や暮らしに向けて「門出」という言葉を使う機会は多いものです。日本独自の表現である、「門出」という言葉の意味や正しい使い方を知り、正しく使いましょう。

門出を祝うは激励の意味を込めて贈る言葉

門出の代表的な表現として、「門出を祝う」という使い方があります。門出を祝うとは、これまでとは違う生活を贈る人に、激励の意味を込めて贈る言葉であり卒業や就職、結婚などのお祝いの場面に出席した際に良く使います。昔から言われている表現のため、よく耳にすることもあるのではないでしょうか。これまで使ったことがないという方も生活していくなかでこの言い方を使うことは増えるでしょう。

門出の場面別の使い方とは

「新たな門出」という使い方も良く耳にするのではないでしょうか。上記にも挙げたように門出とは、旅や新しい生活のために家を出るという表現が含まれています。春などの新生活が始まる時期のことを、「新たな門出の季節」という使い方もします。「新たな門出」と聞くと、これから始まる生活を前向きに頑張ろうという気持ちになりませんか?場面で別の「門出」の使い方を紹介していきましょう。

門出の使い方①:結婚式の場面

「お二人の門出を祝して…」や「新たな門出を迎えるお二人」などといったように、結婚式という人生最大ともいえる祝いの場面でも、門出はさまざまな場面で使われます。特にスポーチや手紙を読み上げる際には何度も耳にする表現です。2人を心から祝福していることが感じられる良い表現であるため、今後の参考に使い方を覚えておくと良いでしょう。

門出の使い方②:送別会の場面

出会いと別れの季節である春は、学校で、職場で、ありとあらゆる場面で送別会が行われます。送る相手が友人・同僚か、上司や先輩などの目上の人かといったように相手との関係性によって贈るべき言葉は変わりますが、どのような相手であっても「門出」という表現を選ぶことができます。門出の使い方を知っておくだけで、誰のための送別会であっても困ることなくスピーチが可能となります。

門出の使い方③:万歳三唱の場面

日本では誰かの門出を祝う場でよく「万歳三唱」をする光景がよく見られます。この場合、「○○さんの門出を祝して~」というフレーズから始まることが多く、特に年配の方や目上の方がいる場面ではよくあります。万歳三唱をすることで、参加者全員の一体感がうまれ、さらなる激励となると感じることから良く使われるようです。万歳三唱と門出という言葉の使い方を覚えておくと今後のためになるでしょう。

門出という言葉は結婚式・送別会・万歳など場面別で使い方を考えよう

門出の場面別の使い方と、知っておきたいシーン3選を紹介しました。門出という表現を使う様々な場面や使い方についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。やはり、日本人にうまれたからには、日本独自の表現や言い回しを使いつづけたいもの。そうすることで自然と年齢の差があっても人付き合いが可能になるとも言えます。親しい人に心からの激励・応援の意味を込めて「門出」の表現・使い方を覚えてみてはいかがでしょうか。"

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム