2017年01月16日(月) 更新

弔電を孫から送る際のポイントと文例

祖父母の通夜や葬儀にどうしても出席できない場合は孫からの弔電を送ろう

祖父母が亡くなった場合、孫ならばなるべくなら通夜や葬儀に出席して直接お別れをしたいものです。しかし遠方だったり、用事があったりなど様々な事情で通夜や葬儀に出席が出来ない場合は孫からの弔電やお花をおくるようにしましょう。弔電やお花はいとこや兄弟で連名にしてもかまいません。孫がまだ幼いのなら親が代理で弔電を手配するようにしましょう。

孫から送る弔電は文例にとらわれすぎずオリジナリティあるものにしよう

祖父母が亡くなった場合、葬儀や通夜に出席をしたいものですが、様々事情で参列できない場合は孫からの弔電を送りましょう。弔電とはある程度メッセージのパターンが決まっていて文例も多々見つかりますが、孫からの弔電の場合は、文例そのままの決まり切ったパターンのものだと他人行儀です。少しオリジナリティのある、祖父母と孫との交流が想像できるものが好ましいです。

孫からの弔電では生前の祖父母との交流が想像できるものがよい

祖父母が亡くなって葬儀に出席できない場合、孫からの弔電を打つのがおすすめです。孫から祖父母への弔電は決まり切ったメッセージではなく、生前の祖父母と孫との交流が想像できるオリジナリティのある物の方が暖かい弔電となるでしょう。よくある弔電の文例だけだとそっけない印象の孫からの弔電になってしまいがちです。

孫から祖父母へ送る弔電の文例

孫からの弔電はあまり堅苦しくなく、生前の交流を想像できるようなあたたかみのあるものが良いでしょう。文例を一つをご紹介します。

おじいちゃんの突然の訃報に接し、信じられなきもちです。駆けつけることができずに申し訳ありません。在りし日のおじいちゃんの姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます

この文例の弔電などは親しみが感じられます。

弔電には忌み言葉を使わないように注意

孫からの弔電に限らず、弔電にはいくつか避けなければならない言葉や単語、言い回しなどがあります。孫からの弔電は形式や文例などにとらわれ過ぎずに、温かみのあるメッセージのほうが好ましいですが、子どもがまだ幼い場合は弔電を送る前に、保護者が弔電のメッセージの中に忌み言葉が入っていないか確認をするようにしましょう。

「重ねて」「続けて」「再び」「繰り返し」といった言葉はNG

孫からの祖父母への弔電を打つ場合、あまり文例や形式などに拘り過ぎる必要はありません。しかし、弔電にはふさわしくない忌み言葉は使わないようにしましょう。注意するべき、忌み言葉は「重ねて」や「続けて」、「再び」や「繰り返し」などの今後も不幸が重なるような言葉や、「死ぬ」や「倒れる」です。「ご逝去」という言葉を使いましょう。

孫からの弔電は一般的な文例にこだわりすぎず温かみのある内容にしよう

孫からの弔電を送る際のポイントと文例をご紹介しました。祖父母が亡くなった場合、なるべくなら通夜や葬式に出席した方がよいですが、それがかなわない場合は弔電を打つようにしましょう。孫からの弔電は形式や例文などにとらわれ過ぎずに、生前、祖父母との心温まる交流が想像できるような温かみのあるオリジナリティあふれるものが好ましいです。また、忌み言葉には注意を払うようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム