2017年02月15日(水) 更新

【検証してみた】転職エージェントって結局何が一番オススメ?

そもそも転職エージェント選びの軸ってご存知ですか?

Unknown model female 1273027 960 720
あなたは、これまで転職エージェントに登録してみたとき、どういう基準でそのサービスを選びましたか?一見すると似ているため、もしかしたら「どれにしたって一緒じゃない?」と思うかもしれません。 ところがこれはあまり知られていないのですが、運営元の会社ごとに得意としている分野が違って、転職成功確率にもけっこう差が出てくるんです。

選び方の軸を知らないまま登録した後悔は言葉にならない

これまでの経歴にいまいち自信がないという方は、想像以上に転職活動が行き詰まる可能性があります。そこで初めて転職エージェントを検討するときがやってくるわけですが、各社の具体的な違いを知らないとダメ。せっかく転職エージェントを使っても、アドバイザーの質が悪すぎた…なんて後悔をすることになりかねないからです。 絶対に失敗しないための、転職エージェントの軸を見ていきましょう。

大前提として大手エージェントを使うべき

Shoes 923163 960 720
まず基本ですが、転職エージェントは大手のものだけを登録すべきです。中小規模のエージェントだと、どうしてもサービスの質に限界があるからです。

小さい会社は致命的なヒアリング不足

中小のエージェントを避けるべきなのは、イメージだけの問題ではありません。中小は求人数を担保するために、営業活動、要するに募集元を集める活動は頑張っているけれども、その過程の"ヒアリング"が満足に出来ていないからです。 まあ仕事の中身さえ分かればOKなんて人も時々見かけますが、雰囲気とか業界のポジションとか、そして何より給料については正しく知っておいた方が自分のためになります。

いちおし企業は3社

大前提として『不安をなくせる』というメリットをどこも押し出しているのですが、その根拠となる強みは企業ごとにバラバラ。じゃあ結局のところ何を使えばいいの?って話ですが、キャリアパークでは以下の3社を特におすすめしています。 【代表的な大手3社】 ・リクルートエージェント ・パソナキャリア ・DODA イチオシである、こちらの大手3社について特徴を見ていきましょう。いずれの会社も、メリットがはっきりしているという強みがありますよ。1社ずつ、客観的指標を元にがっつり検証してみましょう。

リクルートは大手有名企業の求人数に強み

7dff75d45fd326b0
まずは業界最大手の「リクルートエージェント」。真っ先に注目したいのは、有名企業の求人に触れられるチャンスが1番大きい点。大前提として有名企業は求人を非公開にするのが一般的なのですが、リクルートエージェントはその非公開求人数がずっと日本一なんです。 当然ハイキャリアを目指す人向けの求人も豊富にそろっているみたいですね。ほとんどの人は、良い求人=優良企業≒有名企業の求人があるかどうかが判断基準になると思うので、その点ではリクルートエージェントはかなり強く見えます。

数と質を担保してくれる"強いパイプ"は無敵

Rec.1
数か質かで迷う転職者も多いと思いますが、業界屈指の”強いパイプ”を持ったリクルートエージェントなら数も質も平均以上が期待できます。 ”強いパイプ”というのは、要するに求人を出す会社側からも絶大な信頼を得ているということ。『有名企業ともしっかりコミュニケーションを取れているので、条件面が転職者にとって有利になりやすい』というわけですね。 経歴が豊かな人もまだまだ若年層の人も、一人一人の状況に応じて最適な求人情報が確実に見つかるのは、誰もが名前を聞いたことがあるリクルートだからこその強みだと思います。こればっかりは他社にはできないでしょう。

年収が上がる可能性が他社より10%以上高い

Fig005
またリクルートエージェントを使って転職した人は、6割以上が年収アップに成功しています。DODAやパソナをはじめ、一般的には転職で年収が上がる可能性は50%を切ると言われていますので、チャンスが10%以上大きくなっています。 そもそも論として、転職エージェントには好き嫌いがあるのでいやいや使うのはオススメできませんが、中身をよく知らないのに敬遠している人も多いと思います。リクルートの場合は、就活で役に立たなかったから…なんて人もいるかもしれませんね(笑) ただ、これだけのサービスを兼ね備えているのに、リクルートエージェントの利用者は全体の6割前後。4割も利用していない人がいるというのは非常にもったいない話だと思います。
⇣リクルートAGの公式サイトを見る!⇣

パソナキャリアはアドバイザーの質に強み

Ca6a060b7c46ca67
なんとなくイメージできると思いますが、質が備わっていない転職エージェントは登録する意味がまるでありません。実際、転職エージェントに対して批判的な見方をする人は「自分よりも業界のことを分かっていない」と考えています。 今回ご紹介する大手3社はサービスの充実度がかなり卓越していますが、「パソナキャリア」は特に”アドバイザーの質”が強いサービス。

各業界に専門特化したコンサルスタイル

Pasona.1
各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーがいることは、パソナの最大の良さ。仕組み自体は単純ですが、意外と取り入れてくれている企業ってないんです。 ある業界に注力している会社は、普通は他業界に手が回らなくなるのですが、パソナの場合はそのバランスにちゃんと気を遣っているなという印象です。
注目ポイント!
【専門のアドバイザーがいる業界】
・IT、WEB業界
・メディカル業界
・金融業界
・コンサルティング業界
・グローバル業界
・営業職
・エグゼクティブ
 …他多数


丁寧な対応に定評があるのは、小さな積み重ねの結果だと思います。要するに、中小や業界特定型とは違って広く深くを頑張っているってことですね。

はじめての転職必勝ガイドも使える

肝心なサービスの中身についですが、パソナは”コンテンツ”に力を入れているのも特徴的だと感じました。転職のノウハウを詰め込んだ『はじめての転職成功ガイド』という独自テキストは、利用者から好評を得ています。まあ、自信がない人は参考にって感じですね。 結局のところ、転職エージェント大手というよりは、人材大手(派遣)であることを活かして他社との間に強いパイプを構築しているのが最大の長所だと思います。ただ、求人の数自体は際立って多いわけではないという印象も。その分、真摯にサポートしてくれる可能性は高いはずです。
⇣パソナキャリアの公式サイトを見る!⇣

DODAはブランド力とスピード感に強み

F1382faaae31cd4b
ここ数年でぐぐぐっと急成長を続けているのが「DODA」。テレビCMや電車のつり革広告など、いたるところでその名前を見ていると思います。 そのうえ、各地域に拠点を持っているのが運営元のインテリジェンスの強みです。いざエージェントを利用しようと思った際『キャリア面談は関東限定(or関西限定)だった』なんていうのはよくある話ですが、DODAのブランドは文字通り全国区

各種データをいち早く発表するなどのサービスも

Doda.1
DODAでは、『平均年収データ』や『今の自分に必要なビジネススキル調査』など、独自のアンケートとランキングを随時公開しています。 特にPRはされていませんが、こういうデータは、実際の転職者のデータベースなんかも参考にしているはずなんです。それだけ利用者数も多く、リアルな市場感を掴んでいるということですね。

サイトとエージェントの使い分けがお手軽

DODAの最大のおすすめポイントは、求人サイトとエージェントが密接にくっついていること。エージェントを利用しながら、自分で求人情報を探すことができます。逆もしかりで、一人で頑張っている人もすぐにエージェントに頼れます。サイトとエージェントは併用した方が便利なケースが多く、おそらく利便性の高さはDODAがピカイチですね。 ただ、最近急成長中なので、カウンセラー(コンサルタント)は大忙しみたいです。一人当たりの業務量が増え続けているので、パソナやリクルートエージェントに比べるとあまり時間を割けてもらえない可能性が高いです。 とはいえ、超有名どころですから最低限のラインは楽々クリアしていると思います。とりあえず、という言葉が一番しっくりくる会社ですね。
⇣DODAの公式サイトを見る!⇣

では実際に検証してみた結果・・・

Funny 629675 960 720

今回の検証基準は3つ

検証基準として焦点を当てるのは、以下の3つです。 ①転職初心者も使え、オールマイティであること ②比較軸の柱になりえること ③コンサルタントの優秀さ 1回や2回の利用ではあんまり分からないかもしれませんが、ほとんどのエージェントにはどうしても欠点があります。でも、その1社しか知らない人にとっては、その欠点に気付く余地はないんです。 しかし、転職エージェントを使う時は、どの角度から見ても安心できるタイプである必要があります。どこを受ければいいのか、何を頑張ればいいのか、応募可能な求人はどれだけあるのか…などなど、疑問や不安はいろんなところから出てくるからです。 一つ一つを軸に据えながら、検証してみました。

①オールマイティなのは…

得意としている業界職種、サービスを展開する地域に加えて、転職初心者向けの求人をどれだけ紹介してくれるか、といった部分から検証しました。 RA    (★★★★★) DODA  (★★★★☆) パソナ  (★★★★☆) その他  (★★☆☆☆) ※つながりが強い企業、弱い企業の差がある。 リクルートエージェントは、ハイクラス層だけでなく転職初心者にもたくさんの非公開求人を用意してくれています。DODAも求人数では引けを取りませんが、転職初心者に絞るとやや少なくなるかもしれませんね。パソナは手厚いサポートが魅力ですが、求人の数ではどうしても2社より少ないのが現状です。 こちらはリクルートエージェントに軍配が上がりました。

②比較軸の柱になるのは…

転職エージェントのよしあしを判断するためには、基準となるエージェントを知るべしという大原則があるのを知っていますか?まあ考えてみると当然のこと。変な話、よくないサービスを受けてもエージェントのメリットって見出せませんからね。 転職者にとって無視することはできない『求人数』『ケアの手厚さ』という観点から見て、まずは最大手を見て"基準"として考えるのがベストです。
Oote.hikaku
RA    (★★★★★) DODA  (★★★★☆) パソナ  (★★★☆☆) その他  (★★★☆☆) ※3社に比べると、どうしても後手後手か、という印象。 パソナは、主な地域を首都圏としていることもあり、比較基準としては数がやや少ないです(業界全体でいえばかなり多い方)。DODAの数・質は超大手クラスですが、最近急成長している点を考えると、今後のサービスの手厚さにやや心配が残ります。一方、リクルートエージェントも利用者数がかなり多くなっていますが、サービスの質についてすでに見直しがされている印象が強いですので、数・質のどちらも安泰と考えられます。 DODAと僅差でリクルートエージェントが勝っています。

③コンサルタントが優秀なのは…

結論から言うと、こちらはパソナに軍配。やっぱり質の高さを全面に打ち出していますし、業界ごとに専任アドバイザーを擁しているのは魅力的ですね。 RA    (★★★★☆) DODA  (★★★★☆) パソナ  (★★★★★) その他  (?☆☆☆☆) ※優秀なコンサルタントも多数いるが、個人の能力に頼る部分が大きく、全体としての底上げには時間がかかってしまう。 コンサルタントの質は転職活動の成否、つまり行きたいと思える会社に出会えるかどうか、入れるかどうかに大きく関わりますから、一つの判断基準にしてみてください。 といっても、リクルートエージェントもDODAも信頼と実績があるので、変てこな人が出てくることはまずあり得ないと思いますよ(笑)

結論:一番おすすめなのはリクルートエージェントだと判明

Egent.ranking.2
3社を検証してみて、やっぱり大手は安心だなとつくづく思います。総合的に見てみると、質を担保しつつある程度スピーディーに進めたいなら、リクルートエージェントが一番無難かなという印象です。 やっぱり『転職市場No.1』との謳い文句にはきちんとした理由があるんですね。一長一短がある他社に比べて、リクルートエージェントはいわば"二長零短"。ケアの厚さと求人数に限らず、人気やブランド力、口コミを加味しても、現状ではリクルートエージェントに軍配が上がるといえそうです
⇣リクルートAGの公式サイトを見る!⇣

細かな好みは人によって違うが、総合判定ならリクルートが僅差でトップ

どうでしたか?今回は超厳選の大手3社だけ紹介したので、特にはずれはありません。利用前には、各エージェントの特徴を再確認してください。まあ、ここまで読めば3社の良いところは全部伝わっているはずですが……。 質かスピードかの二択なら答えは分かれますが、総合的に見るとリクルートエージェントが他に勝っている感じ。まあ微妙な差ではありますが、大事なキャリアを考えたときに、その差を大きいと取るか小さいと取るかはお任せします。

人気のコラム