2018年12月07日(金) 更新

ポテンシャルが高いという意味とその使い方

ポテンシャルの意味は潜在能力

ポテンシャルには本来二つの使い方があり、人間、または物理の分野で使われます。一般的には人間の潜在能力について表しており、ポテンシャルが高い、と表現するときには、まだその人が表面には表していない、潜在的な力がある、といった意味で使ったり、経験はないが磨けば伸びそうだ、といった期待を込めるときに使ったりします。

ポテンシャルが高いという使い方は褒め言葉

ポテンシャルが高い、の使い方は大抵褒める意味です。しかもその人の潜在能力についての褒め言葉ですので、相手に対して持って生まれた能力の高さを認める意味になり、言われた側としてはとても嬉しい言葉です。しかし、一方で表面だって成果をあげられていない時にも使われる意味もあり、状況によっては褒めてない使い方の場合もあります。

「ポテンシャルが高い」の使い方①:自己分析能力や向上心が高い人

ポテンシャルが高いという言葉の意味を説明しましたが、使い方には色んなシーンがあります。自己分析能力が高く、向上心の高い人に対して使われます。自己分析ができなければ、まっとうな向上心を持つことも難しく、何事かを成し遂げるのは圧倒的な向上心、いわゆる情熱を持っているといった意味です。そういう気持ちをもって努力できる性格こそがポテンシャルの高さと言い切っても良いほどです。

「ポテンシャルが高い」の使い方②:常に考え行動し続けられる人

ポテンシャルが高い、の言葉の使い方の第二として、常に考え行動し続けることができる人に対しても使われます。常に考えながら仕事をして行動をしてきた人は、どういう目的で仕事を進めてきたか、という軸がしっかりしており、業務が変わってもその思考回路が機能するため、目的を見失わずに的確な処理ができることから、ポテンシャルが高い、の言葉の意味がぴったりです。

「ポテンシャルが高い」の使い方③:失敗から反省し学べる人

ポテンシャルが高いという言葉の使い方の第三として、失敗したら反省し学べる人に対して使われます。誰しも最初から新しいことを完璧にできる人はいません。必ず何らかの失敗をするのが人間ですが、そこで逃げずに反省して、貴重な経験をし、成長していきます。相手のせいにせず、失敗を恐れない人こそポテンシャルが高いという意味に合っています。

「ポテンシャルが高い」の使い方④:課題と目標のバランスがよい人

ポテンシャルが高いという言葉の使い方の第四として、直近の課題と先の目標をバランスよく持っている人という意味を込めて使われます。仕事には常に直近の課題がありますが、それだけにしばられていては将来へのビジョンが持てないばかりか、行先を誤ってしまうこともあります。先の目標をしっかりと見据えて毎日を過ごすこともポテンシャルの高い人の特徴です。

「ポテンシャル」の意味は”潜在能力”!自己分析能力が高い人などへの褒め言葉

ポテンシャルが高い、の意味は、主にその人の潜在能力が高い、の意味で使われる褒め言葉です。その使い方は様々ですが、ポテンシャルの高い人には、自己分析能力が高く向上心も高い、常に考え行動し続けることができる、失敗したら反省し学べる、直近の課題と先の目標をバランスよく持っている、という4つの意味があります。ポテンシャルの意味が分かれば、おのずと使い方も理解できますね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム