2017年11月14日(火) 更新

ヒューマンエラーとは?知っておきたい意味と防止するための方法【対策一覧あり】

ヒューマンエラーとは人間が要因で起こるトラブルや誤り

ヒューマンエラーとは、システムによって定義された許容限界を超える、一連の人間行動と定義されています。つまり、人間が原因で起こるトラブルや誤りを指すものです。ヒューマンエラーの意味を知り、その要因をなくす必要があります。

機械などではなくヒューマンエラーが原因の事故が多い

ヒューマンエラーとは人間ミスのことであり、人為ミスとも呼ばれます。人間が不本意な結果を生み出す行為を行ったり、不本意な結果を防ぐことに失敗した場合に生じるエラーを意味するものです。そして、コンピューターや機械の信頼性が上がった現在、ほとんどの大事故は、ヒューマンエラーによる事故になります。

ヒューマンエラーには意図的なものとそうでないものがある

ヒューマンエラーには、人間が全く意図していないのに発生するものと、人間が意図的に行動したために発生するものがあるという意味があるのです。
まず、意図していないのに発生するとは、どういった意味なのでしょうか。これは、技術が足りていないまま作業をおこなっていたり、指示がしっかり理解できていない「知識不足」です。また、知っているはずの作業であっても、疲労などのためにまちがった判断をしてしまう「誤判断」によるエラーがあげられます。

意図していないヒューマンエラー:疲労や錯覚が原因

どんなに注意深い慎重な人であっても、疲労や錯覚などでヒューマンエラーを起こす場合があります。また、ヒューマンエラーの原因の1つに「場面行動本能」があります。これは、瞬間的に注意が一点に集中すると、周りを見ずに行動してしまう本能を意味するものです。これを防ぐためには、職場のコミュニケーションを円滑にして、お互いが周りに気を配るようにする必要があります。

意図的なヒューマンエラー:近道行為や未確認が原因

一方、意図的なヒューマンエラーが意味するのは、どのようなエラーでしょうか。これには、近道行為などが含まれるのです。例えば、作業を急いでいて、決められた安全通路を通らずに近道することがあげられます。また、納期が迫っているので、本来踏むべき確認作業を行わずに、作業を進めてしまう行為なども該当するのです。

ヒューマンエラーが発生した場合は要因を分析して対策する

ヒューマンエラーが起こったら、その要因を分析して対策をするようにしましょう。意図しないミスの場合は、具体的な対策がとられなければ意味がありません。なぜミスに至ったのかを調べ、ヒューマンエラーが起きた背景を洗い出すというのが大切です。本当の原因を知る意味でも、現場や企業全体でヒューマンエラーに取り組む姿勢が大切です。

ヒューマンエラーの対策一覧

ヒューマンエラーは、自分で意識して対策することができます。毎日繰り返される仕事においてヒューマンエラーを防ぐには、油断が禁物です。具体的なヒューマンエラーの対策は、以下のとおりです。

◆ヒューマンエラーの対策

・周辺状況について指差し確認をおこなう
・間違いを防ぐために、複数の担当者で確認する
・口頭による聞き逃しや聞き間違いを防ぐために、情報を文書化する
・ToDoリストを作成して作業の漏れを防ぐ
・マニュアルがある場合は必ず手順に従う

このように、ヒューマンエラーの対策を講じていくことが大切です。

機械自体にヒューマンエラーを防ぐ機能をつけることも効果的

ヒューマンエラーの意味を知り、原因を分析して対策をとることはとても大切です。機械自体に、ヒューマンエラーを防ぐ機能をつけることも効果があります。たとえば、間違った作業をした場合に自動で止まるような機械は、ヒューマンエラーによる事故を防ぐでしょう。人間は間違えるものだという認識のもと、なるべくヒューマンエラーをなくしていくための取り組みが必要です。

ヒューマンエラーの意味は人間が要因で起こるトラブルや誤り!徹底した確認やリストの作成で対策しよう

ヒューマンエラーとは、人為ミスとも呼ばれるものです。人間が不本意な結果を生み出す行為を行ったり、不本意な結果を防ぐことに失敗したことにより生じる作業での、エラーのことを意味します。ヒューマンエラーが発生した場合は、原因を分析して企業全体でシステムや作業環境の改善を行うことが大切です。

こちらもあわせて読みたい!

関連コラム