2016年12月05日(月) 更新

ペルソナ分析の作り方3STEP【マーケティング手法】

マーケティング手法「ペルソナ分析」とは?

マーケティング方法として用いられるようになった「ペルソナ分析」。商品やサービスをアピールする際に、ターゲットとして詳細なペルソナを作るというこの方法、具体的にどのようなものなのでしょうか?
ペルソナ分析は、マーケティング方法としては非常に重要なものなのです。

ペルソナは「架空のお客様」

「ペルソナーマーケティング」というのは「ペルソナ」と呼ばれる、データを基に作られた架空のユーザーに対して満足してもらえるように、商品やサービスを設計するマーケティング方法のことを指します。
この「ペルソナ」には、氏名や年齢、性別、住所、職業、年収に加えて、価値観やライフスタイル、身体的特徴にいたるまで、細かなデータが織り込まれるのが一般的です。

ユーザーモデルを生み出すマーケティング方法

氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といった定量的なデータだけではなく、その人の生い立ちから現在までの様子、身体的特徴、性格的特徴、人生のゴール、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、消費行動や情報収集行動な、定性的データを含めています。
これらの情報を、あたかも実在するかのような人物像を設定し、さらにイメージを明確にするために顔写真などを用いることもあります。

ペルソナ分析の作り方①ターゲット層(顧客セグメント)を設定

それでは、どうやってペルソナ分析を作ればいいのか見ていきましょう。
日本においては、言葉やコンセプトが先行している感があり、まだ実際に作って、活用している例は少ないです。
ペルソナ分析を作ることやペルソナの作り方を「ペルソナデザイン」と言い、その一般的なプロセスは以下で消化している通りです。早速、マーケティング方法におけるペルソナ分析の作り方を見ていきましょう。

「仮説」からペルソナのベースを組み立てる作り方

ペルソナ分析を用いたセグメンテーション方法では、まず定性調査を行い消費者インタビューや観察調査からターゲット像の「仮説」としてペルソナ分析を網羅的に作成します。
次に、作成したペルソナ分析について「本当にそんなターゲットが存在するのか?」「市場にどれ位存在するのか?」という、ターゲット像の定量的な「検証と市場規模推定」を行っていくのです。

ペルソナ分析の作り方①のまとめ「ターゲットの選定」

■ターゲット層を定める
始めに選んだターゲット層が、ペルソナ分析の人物像の基盤となります。

■ターゲット層を調査
ペルソナ分析の人物像は、アンケートやインタビューなどの調査方法を用いるのが一般的だ。ヒヤリング項目では、あなたの製品やサービスの利用前、利用中、利用後についてペルソナ人物像が感じることを引き出すことが目的です。

ペルソナ分析の作り方②ユーザーインタビューで生の声を聞く

ペルソナ分析のプロファイルは、詳細であればあるほどベストです。
ただ、ペルソナ分析を作る中でやってはいけないのは、自分の想像の中だけでペルソナを作り上げてしまうことです。あまりに偏った個人の想像からなるペルソナ分析では意味がないのです。ここはなるべく、ユーザーから直接ヒアリングをしてペルソナを作りたいところです。
こちらで説明した作り方をしっかりおさえておいてください。

インタビュー形式のペルソナ分析の作り方

1対1形式でヒアリングを行う形式を、インタビュー形式といいます。あらかじめ何を聞くか、何を喋らせたいかを考えておいてから、インタビューの内容を設計します。
1人1人深く話すことができるので、思わぬ情報を聞ける場合もあります。ただ、インタビュー形式のデメリットとしては、作るペルソナのセグメントが多ければ多いほど、インタビューに「時間を取られてしまう」ということが挙げられます。

オリエン形式のペルソナ分析の作り方

1対1のインタビュー形式に対して、大人数で行うのがオリエン形式です。インタビュー形式に比べ、時間効率は良いです。ただ、集める人達の時間調整が大変だったり、グループの中で意見を言い出しづらい人が混ざったりすると難しくなります。
いい流れを作ればどんどん意見がでてくるため、そういった流れを作るためのファシリテーターが重要な役目となります。

マーケティングでのペルソナ分析の作り方③グルーピング

マーケティング・ペルソナは、自社の潜在ユーザーと顧客の様々なゴールや行動パターンを表します彼らの潜在的なニーズや需要について考えることは、未来の顧客ベースを作成する手助けとなります。

マーケティングにおける「グルーピング」とは

インタビュー結果から、「事実」のグループ分けを行うことを言い、いわゆるKJ法と言われるやり方です。インタビュー結果から得られた事実を付箋に書き、共通項目があるものをグルーピングしていくのです。

ペルソナ分析の作り方とマーケティング方法にはリサーチが重要

マーケティング方法「ペルソナ分析」におけるペルソナの作り方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
今回は、マーケティングで重要なペルソナ分析。ペルソナ分析の作り方について、説明して参りました。マーケティングに興味のある方は、これらのペルソナ分析の作り方を参考にしてみてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム