2016年11月29日(火) 更新

「マネージャー」と「マネジャー」の違いと正しい表記

「マネージャー」と「マネジャー」は似ている

ビジネス用語では、「マネージャー」や「マネジャー」はよく似た言葉ですよね。どのような違いがあるのでしょうか。また、マネージャーやマネジャーの役割とは、どんなものがあるのかも気になりますよね。早速、「マネージャー」と「マネジャー」の違いと役割について見ていきましょう。

どちらの表記も間違いではない

「マネージャー」には「マネジャー」と「マネージャ」という表記があります。原則、この3種類を正表記となっています。どれが正しく、どれが間違いであるというのはありません。記述するときは、定めた表記で統一しましょう。何故かというと、同じ文書の中で「マネージャー」と「マネジャー」が混在しているとわかりにくいですし、読む人によってはそれぞれ別の意味の2種類の語だと勘違いする可能性があるからです。

「マネージャー」は芸能界・「マネジャー」はマスコミで使用される

「マネージャー」と「マネジャー」の違いと役割をみていきましょう。まずは「マネージャー」ですが、一般的には芸能界や部活動などでよく使用されます。一方「マネジャー」は、マスコミ・速記などでよく使用されています。ちなみに「マネージャ」は、情報処理などで主に使用されています。

カタカナ英語の表記が異なるだけで言葉の意味に違いはない

「マネージャー」と「マネジャー」の違いは業種によって違いがあります。他には、「発音の違い」なども挙げられるでしょう。英語の実際の発音に近いのはこの2つのうち「マネジャー」です。結局「マネージャー」と「マネジャー」の違いは和製英語のようなもので、意味は同じでカタカタ英語での表記に過ぎません。

マネージャーは業務を管理・統括する責任者

「マネージャー」と「マネジャー」の役割をみていきましょう。共に、主に組織や企業において業務を管理・統括する責任者のことを言います。そもそも「マネージャー」と「マネジャー」という役職は明確な定義がありません。まず、「マネージャー」と「マネジャー」という言葉は、主に外資系企業などで使用され、近年になって日本の企業にも一般的に広まりました。従来の日本企業の役職名としては、「課長」や「係長」などの役職に当てはまるもので、肩書きの横文字化に伴い、「○○マネージャー」や「○○マネジャー」という形で使われています。ただし、階級の範囲や、その職務内容は、現状としては各企業によって多少の違いがあります。

マネージャーの手腕により企業の売り上げや業績が左右される

一般的に良く聞く「マネージャー」と「マネジャー」としては、タレントや芸能人のスケジュール管理を行う芸能人の「マネージャー」やバレー部や野球部などの部活動において記録係や雑用係となる「マネージャー」があります。特に芸能「マネージャー」は、その「マネージャー」の手腕ひとつでタレント生命が左右されてしまうほど「マネージャー」の役割は重要だといえるでしょう。ビジネスシーンでも、同じように、そこの部署の「マネージャー」の手腕ひとつで企業の売り上げや業績が大きく左右されます。「マネージャー」とは、人に仕事をさせる人とも言えますね。

マネージャーの役割は「統括・管理」「指導・育成」「責任」「意思決定」

マネージャーの役割の種類は大きく分けると4つに分類されます。
1つ目は統括・管理です。プロダクトマネージャーとジェネラルマネージャーの役割ですね。
2つ目は指導、育成です。部下に業務のノウハウや知識を教え育成する役割となります。部下を正しい方向へ導き部下を育て、組織力を向上させなければなりません。仕事の指示をするだけなく、スキルが不足している部分や非効率な部分を洗い出し、成長できるように指導するのが役割となります。
3つ目は責任です。マネージャーには責任能力が求められるでしょう。部下の仕事の責任も、マネージャーに求められます。
4つ目は意思決定です。マネージャーのように意思決定する者がいなければ、先に進めません。

企業などで業務を管理・統括する役割がある「マネージャー」と「マネジャー」は表記の違いしかない

「マネージャー」と「マネジャー」の違いについて見ていきました。「マネージャー」と「マネジャー」は表記に違いがあるだけで、実際の意味は同じです。業種によって使い分けられている傾向がありますが、「これが正しい表記」というものはありません。一般的なマネージャーの役割は、業務の統括・管理などになります。「マネージャー」と「マネジャー」はどちらでも正しいといえますが、同じ文章中では統一すると分かりやすいでしょう。

関連コラム