2017年10月30日(月) 更新

マネージャーの役割とは?会社の役職と仕事内容

マネージャーの肩書きが付く人は会社において業務を管理・統括する

マネージャーの役割と地位ですが、マネージャーとは、主に組織や会社の業務を管理・統括する責任者のことを言います。そもそもマネージャーという役職は明確な定義がありません。では、会社ではどういった役割があるのでしょうか。まず、マネージャーという言葉は、主に外資系企業などで使用され、近年になって日本の会社でも一般的に広まりました。従来の日本企業の役職名としては、「課長」や「係長」などであり、肩書きの横文字化に伴い、「○○マネージャー」という形で使われるようになりました。ただし、マネジメントという言葉の定義が曖昧なように、マネージャーにおいても会社の中での地位や業務において、現状としては各企業によって多少の違いがあります。

リーダーは革新的なアイディアを出し自ら行動する立場

ここでは、悩みがちな「マネージャー」と「リーダー」の違いについて見ていきましょう。上記で説明したように、マネージャーは組織の業務を管理、統括する地位にあります。それに対し、リーダーの場合は組織の一員として行動するという違いがあるのです。リーダーの条件としては、革新的なアイディアを出し、組織のメンバーを引っ張って行動する立場の人といえるでしょう。

マネージャーは組織や会社によって位置付けや役職名が違う

マネージャーという役職の役割と地位ですが、マネージャーは企業によっては、部長(Departent Manager)だったり、課長(Section Man-ager・Group Manager)また、店舗やスーパーなどでは、店長や支配人クラスだったりします。さらに、工場では、工場長(Factory Manager)銀行では支店長(Area Manager)などです。マネージャーは、組織や会社によって、マネージャーの地位が違いますが、通常の会社では、「役職者」「ライン(指示系統)下に部下がいる」状態の人と把握しておきましょう。

マネージャーの地位は会社にもよって異なる

マネージャーの地位も、企業によって違いはあります。マネージャーはどれくらいの地位に値するのでしょう?あくまでも、一例ですが、通常の会社の「役職者」の順位をみてみましょう。一般的には、社長⇒専務⇒常務⇒取締役(平取)⇒部長(プロジェクトマネージャー・ゼネラルマネージャー)⇒次長⇒課長(マネージャー)⇒係長(マネージャー)⇒主任⇒一般社員順です。次に、マネージャーとしての役職内での立場について、みていきましょう。

マネージャーの役職内での役割は大きく4つに分類される

同じマネージャーでも各役職で業務内容が異なりますがマネージャーの役職内での立場は大きく分けると4つに分類されます。

① 統括・管理
② 指導・育成:部下に業務のノウハウや知識を教え育成する。部下を正しい方向へ導き部下を育てることで組織力を向上させます。仕事の指示をするだけなくスキルが不足している部分や非効率な部分を洗い出し成長できるように指導することが役割となります。
③ 責任:マネージャーには部下の仕事の責任も求められます。
④ 意思・決定:意思決定する者がいなければ先に進む事が出来ません。

以上のように「統括・管理」「指導・育成」「責任」「意思・決定」分類されます。

同じマネージャーでも各役職で業務内容が異なる

役職名がマネージャーの人は、主に組織や会社において業務を管理・統括する責任者です。要するに「役職者」なのです。役職内での地位に就く者としては、管理者として、プロジェクト、組織の統括・管理を行うのが統括・管理のマネージャーの重要な役割です。同じマネージャーでも各役職で業務内容が異なりますが、マネージャーの役職内での立場は大きく分けると4つに分類されます。

2種類のマネージャーの具体的な役割

ここでは、多くの会社でその肩書きが使用される、「プロジェクトマネージャー」と「ゼネラルマネージャー」の地位に就く人の役割をご紹介します。

・プロジェクトマネージャー:プロジェクト、業務の進捗状況を常に把握し、計画、反省、修正を行い、結果を出せるよう努めます。企業においてのプロジェクトの進行にかかる様々な企業リスクを最小化し、限られた予算・人員で利益を最大化できるように計画の実行を統括する責任者です。

・ゼネラルマネージャー:欧米においては日本でいうところの総支配人の意味をなすことが多いのですが日本においては一般的に部長を指します。また、会社によっては「統括マネージャー」とも言います。

マネージャーの役職の立場は会社によって異なるが主な役割は「統括・管理」「指導・育成」「責任」「意思・決定」

マネージャーという役職の会社での地位と役割を見てきました。マネージャーとは主に組織や会社において業務を管理・統括する責任者であり、ライン(指示系統)下に部下がいる状態と把握しておきましょう。そして、マネージャーの地位ですが、これは会社によって異なりますが、だいたい課長職前後を指します。マネージャーの肩書きを持つ人には、主に業務内の「統括・管理」「指導・育成」「責任」「意思・決定」を任されるので、会社にとっても重要な役職であるのです。

関連コラム