2016年11月29日(火) 更新

マネタイズとは?IT業界で生まれたビジネス用語の意味と注意点

マネタイズとは無料のサービスで収益化する方法という意味

ビジネス用語の「マネタイズ」とは、どういった言葉なのでしょうか。マネタイズとは、「無料のサービスで収益化する方法」という意味になります。もとは「金属から貨幣を生み出す」という意味で使われていましたが、2007年ごろからはIT業界でこのビジネス用語が積極的に使われるようになりました。というのも、IT業界の場合は当時からビジネス上の事情があったからです。

使われるようになった背景にはIT業界の成長が関係していた

2007年ごろからIT業界で使われるようになった背景には、「当時から無料のサービスが発達していた」というのがあります。2007年当時は、まだまだ質の高いサービスは有料というのが当たり前という時代で、ビジネス的に無料で使えるサービスは限られていました。しかし、IT業界ではその頃にちょうど「ブログ」や「動画配信サービス」などといった無料で使える高クオリティなサービスを提供するビジネスの流れが発生していたのです。そして、この高クオリティを維持するために、自然とIT業界では収益化を意味する「マネタイズ」が使われるようになりました。

ビジネス上でのマネタイズを使った会話例【正しい使い方】

一般的に「マネタイズ」は、こういった使い方をします。

・うちのサイト、閲覧数も増えてきたしそろそろマネタイズもしていきたいな。
・マネタイズって、どうしたらうまくいくだろう。
・課長、弊社の4月から始めたサイト、マネタイズ面では目標に至っていません。

このように、「無料のサービスの収益化」という意味が欲しい時に「マネタイズ」は使われます。

ビジネス上でのマネタイズを使った会話例【誤った使い方】

一方で「マネタイズ」は「無料のサービスの収益化」という意味がある言葉ですので、以下の様な使い方をすると間違いになります。

・今売っている有料教材のマネタイズ、全く上手く行かないな。
・お金が回らないな。マネタイズ全く出来てないな。
・マネタイズ、うちの有料サイトは結構出来ているけれどもアクセス数が足りないな。

上記のような「マネタイズ」の使い方は、本来の意味から外れてしまいますので誤った使い方となってしまいます。

ネットメディアに見られるマネタイズは広告・アフェリエイトなどの手法

さてそんな「マネタイズ」ですが、マネタイズはどういった手法で使われているのでしょうか。ネットメディアの場合は、以下のような手法があります。

・広告、アフィリエイト
・有料メルマガ
・コミュニティー運営
・スクール・イベント・セミナー
・タイアップ

あくまでもネットメディアですが、一般の人もネットを使った商売ができるようになった今では、様々な方法が挙げられます。これらには、どういった特徴があるのでしょうか。

広告・アフェリエイトは中規模以上のメディアで活用するのが予想されている

最もネットで見られるマネタイズの手法は、一番上の「広告・アフィリエイト」です。大小様々なメディアが用いていますが、その一方で現在は数百万・数千万稼ぐことは難しくなりました。有料メルマガ・コミュニティー運営・スクールは最近増えてきており、今後は中規模以上のメディアで活用すると予想されています。また、一番最後の「タイアップ」は、ある程度の拡散力が必要ですが、その一方で商品に迎合しないように注意する必要があるでしょう。

マネタイズは自分のビジネスに合った手法を選ぶのが成功の秘訣

「マネタイズ」は、額面だけを重視するのではなく自分のビジネスに合った方法ですることが、成功の秘訣です。ですので、IT業界におけるネットメディア等の場合は、上記のマネタイズの手法を参考にして特徴の分析をし、何であれば収益化が望めるのかを練りこんでいきたいものですね。

マネタイゼーションはマネタイズと違う意味を持つ

マネタイズと似たような言葉に、マネタイゼーションがあります。マネタイゼーションとは、資産や資金を現金化することを意味します。マネタイズとは全く意味が異なるため、注意しましょう。また、マネタイジングはマネタイズと同様の意味で使われているビジネス用語です。

マネタイズというビジネス用語は無料のサービスの収益化という意味があるため正しく理解することが重要

いかがでしたか。ここでは、マネタイズというビジネス用語の意味をご紹介しました。マネタイズは、「無料のサービスの収益化」という意味でビジネスの世界で使われています。使われるようになった背景には、IT業界の成長が関係しています。マネタイズという言葉をビジネスの場で使う時には、正しい意味を理解していることが大切です。誤った使い方をしてしまうとビジネス用語の知識不足ともとられますし、意味が相手に伝わらない可能性があります。マネタイズをビジネスで使う時には、「無料のサービスの収益化」という意味をきちんと理解しましょう。

関連コラム