2017年07月24日(月) 更新

品質管理という職種の仕事内容と求められるスキル

品質管理の仕事は顧客のニーズを満たすためにも重要

品質管理の仕事は製造品の品質が規定を満たし、顧客の望む品質であるかを確認するだけではありません。コストをかけ過ぎず、合理的に品質を維持した製品を生産するのかを検証し、反映させる役割なのです。製造業には必ず必要な職種であり、顧客のニーズを聞いて、工場で生産される製品の品質を管理し、品質の向上や品質管理のためにシステムの整備、設計への指示なども仕事としておこないます。

課題解決する能力や技術が求められる職種

品質管理の職種には、まず製造現場における作業やシステムをすべて把握しなければなりません。そのうえで、仕事では問題点を見つけ、論理的に解決する能力が必要となります。検査に必要な道具や機械が正確に使用できなければなりませんので、ある程度の技術も仕事には必要です。そして、顧客のニーズを聞きながら製造現場との連携を図るために、柔軟な対応力やコミュニケーション能力が求められる職種だといえます。

品質管理に関するQC検定を持っていると転職や昇進に有利

品質管理の仕事をするうえで、特に資格は必要ありません。しかし、もっていた方が良いと言われる資格として、QC検定とも呼ばれる品質管理検定があります。品質管理に関連した知識について問う内容になっており、その知識量に合わせて、1級から4級まで存在するのです。転職や昇進の際には、この資格を持っていると有利になることもあるでしょう。

品質向上につながった評価は仕事のやりがい

品質管理の仕事は、現場と連携しながら改善を実施し、部署間の対立の調整や、顧客からのクレーム処理も行います。働く人々の品質管理に関する意識を改善していく職種なので、品質管理の知識だけでなく、個人のリーダーシップ力やモチベーションなども仕事には必要です。顧客と密接な関係にある職種でもあり、品質が向上したときの評価も直接聞くことができるため、やりがいにつながります。

品質管理職の転職が活発におこなわれている

多くの企業で品質管理の仕事や職種に対する意識が高まり、日本のほとんどの企業で品質管理が実施されています。品質管理部や品質保証課といった部署のある会社もありますし、それ以外にも、現場や運送など、企業の中のあらゆる部署に品質管理者の仕事は必要です。顧客や部署間のコミュニケーションと管理スキルに長け、効率の良いシステム構築とリスクマネジメントができる職種として、他業界への転職を成功させる人も多い職種だといえます。

スキル以外にも商品や製造に対する責任感が必要

品質管理の職種には多くの必要なスキルがありますが、最も大きい適性は「責任感」といえるでしょう。商品の品質を高めて顧客を満足させるだけでなく、会社の利益やコストも考えなければなりません。管理体制に不備があれば、批判を受けることは拭い去れません。幅広い目を持ち、柔軟にタスクに対応し、良い製品やサービスを生み出すのが重要な職種です。

品質管理という職種の仕事には責任感が必要であり顧客のニーズと製造の現場をつなぐ役割がある

品質管理とは、商品やサービスを管理して品質を維持、向上することを目的とする職種です。現場と顧客の間に立ち、製造段階のチェックなども仕事として行います。特に資格は必要ありませんが、QC検定とも呼ばれる品質管理検定に合格すると、仕事で昇進や転職の際に有利になるのです。顧客や部署間のコミュニケーションと管理スキルを活かし、他業界への転職も可能な職種だといえます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム