【新入社員の悩み!!】バレンタインは全員にあげた方がいいのか!?職場での義理チョコマナー

更新 / 3986 view

バレンタインは全員にあげた方がいいのか!?の問題について

では、まず職場での義理チョコのマナーで悩むところでもある、バレンタインデーは職場の人全員にチョコをあげた方がいいのかという問題で、女性のみなさんで、悩んでいる人も多いと思います。
ですので、最初にそこに関してまとめていますので、見ていきましょう。

職場での義理チョコ公平に!!を心がけよう

職場でのバレンタインデーでチョコを配る時には、公平性を心がけるようにしてしましょう。
仕事上の付き合いということで、義理チョコを配ると思いますので、社交辞令だなと男性側も思っていますが、やっぱりみんな貰える中で、一人貰えない人がいると期待はしていなくとも、良い気はしないはずです。
ですので、職場に全員とまでは言わないまでも、自分の部署全員に配るようにしましょう。
その方が、波風も立たずに無難ですので、公平に皆さんに配っていきましょう。

職場での義理チョコで注意しておきたいこと

では、次の職場で義理チョコをあげるのは、日頃の感謝であったり、今後仕事を円滑にできるように、コミュニケーションの一部としてメリットも沢山あります。
ただ、その際に気をつけておかなければいけないこともあります。
そこに関して、しっかりと把握しておきましょう。

バレンタインデーチョコは勘違いされやすいので注意

さあ、ここで職場でのバレンタインデーで注意しておきたいことに関してになるのですが、それはやはり異性にプレゼントするイベントと、基本的には恋愛のイメージも強いですので、義理チョコであげたはずだけど、男性の方が勘違いをして、自分への好意だと受け取る可能性があるということです。
それだけは、絶対に避けたいポイントです。こうなると、日頃の感謝であげたものでも、確執や自分の居心地が悪くなったりという支障が生じますので、その義理チョコの渡し方に関しては、最善の注意を払ってください。

最後に職場での義理チョコマナーを紹介します!!

では、最後に職場での義理チョコマナーを紹介しますので、見ていきましょう。
相手の状況に応じて、チョコレートの渡し方やチョコレートの内容を変えたりしたほうがいいみたいですので、そこに関してしっかりと覚えておきましょう。

全員に同じチョコをあげるようにすること!!

では、ここで職場での義理チョコマナーに関して紹介していきますが、上記でも説明をしたように、義理チョコでは、公平性を重視することが大事です。
例えば、同僚や部下には、同じチョコで、上司にはやっぱり、普段お世話にもなっているから、少し値段の高いものをあげた方がいいかな!?なんて思っている人がいたら、それは大きな間違いです。どんな立場の人でも公平に、同じ値段の義理チョコをあげることで、異性での好意ではなく、仕事上での社交辞令ということがしっかりとアピールできますし、変な勘違いを生むことがなくなります。
オススメは、箱や袋入りのもので、一つ一つ梱包されているタイプのものが無難です。

1人でなく、グループで渡すようにする

次のマナーになりますが、職場で義理チョコをあげるのであれば、一人ではなく、中のいい同僚などがいれば、数人でグループになって配って周るのが、義理チョコをあげる時には、一番最適です。
義理チョコであるにも関わらず、変に呼び出したり、二人きりのときに義理チョコを渡して、あなたはそんな気はないにしても勘違いをする男性はいますので、是非グループで義理チョコを渡すようにしましょう。

奥さんがいる人へあげる場合はメッセージカードをつけておく

ここは、トラブルになり兼ねないところなので、最善注意が必要なのですが、奥さんのいる男性へ義理チョコをあげる時のマナーになりますが、その際にはきっちり義理チョコだということを、奥さん側にもきっちりわかるようにしておくことです。
これを怠ると思わぬトラブルにもなり兼ねませんので、しっかりとメッセージカードを添えて「奥様といっしょにどうぞ」「いつもお世話になっております」などを書いておくと、義理チョコなんだなと分かりやすいと思いますので、メッセージカードを添えておくといいでしょう。

職場での義理チョコマナーに関してのまとめ

いかがでしたでしょうか!?
今回は、バレンタインは全員にあげた方がいいのか!?職場での義理チョコマナーをまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。
今回、紹介したところで大事なのは「周りにも相手にも誤解させない」という基本的なマナーがポイントになります。
義理チョコとはいえ、気持ちよく渡せるようにチェックしてみてください!!