2018年02月20日(火) 更新

意外に知らない介護職が輝く4つの理由

介護職の魅力的なポイント4つ

①増え続ける需要で抜群の将来性

日本は世界一高齢化社会が進んでいる国です。しかもこの現象はまだ序の口。2025年には団塊の世代と言われる世代が後期高齢者となる75歳を迎えます。全人口の4人に1人は後期高齢者という超高齢化社会が目前に迫っているのです。

このような状況に対応するため、国が介護職に従事する人を増やす施策を試みていますが、このままでは30万人の人材不足になるという見通しが立っています。
必要性はありながら人手では充足していない。介護職は今後さらなる発展が見込める仕事なのです。

②仕事・家庭のどちらでも役立つ公私両用の技術

介護の技術が活かせるのは仕事だけではありません。誰でも歳を重ね、家族に介護が必要な時が来ます。そんな時に仕事で身に付けた介護の技術を活かすことができるのです。

家庭と仕事の両立は昔から長く続く大きな問題の1つでしたが、介護職はこれらの問題を解決し、相乗効果を得ることができるのです。

③年齢・居住地不問!いつでもどこでも働ける

高齢化社会が進む現在、介護職に携わる人材・施設の需要はますます高まっています。そんな中、近年「介護移住」を選択する人が増えています。都心の介護施設には費用や人数の関係で入居が難しく、地方に移住するのです。このため他の仕事のように、都心に行かないと仕事がないということはありません。

また資格や経験を持った人は、福祉施設・訪問介護・デイサービスなど、さまざまな職場で引く手あまたです。一度職場を離れブランクが出てきても、スムーズに働くことができます。

④月収30万円以上も可能!実は稼げる介護職

介護職は仕事の割に収入が少ないというイメージが強いと思います。しかし適切な資格を持っているとなれば話は別です。実務者研修を修了すると「サービス提供責任者」や「施設長候補」として働くことが可能です。
もちろん資格取得してすぐになれるわけではありませんが、資格を持って経験を重ねれば、時給2,000円以上、月給30万円以上という求人も決して珍しくありません。

【最短1日!】3週間以内に取れる介護資格

場所や年齢を問わず、いつでも働けるというのは他の仕事にはない魅力と言えるでしょう。
また収入面に関しても資格を取得することで、不自由のない額を手にすることが可能です。

このように聞くと「でも資格を取るのが大変なんじゃ?」と思われるかもしれませんが、心配ご無用。未経験の方でも取得できる「介護職員初任者研修」は、最短3週間で取得可能です。最後に終了テストがありますが、講座を受講して勉強した方ならば、まず問題なく資格を取得できます。興味がある方はぜひ資料を見てより詳しく知ってみてください。1か月後には資格を持っているかもしれませんよ。

資料請求してみる

関連コラム